服、靴、バッグ、腕時計、インテリアにクルマ。夢あるオッサンの欲しいモノカタログ Vol.66
2018.03.08
FASHION

誰もが思いを馳せる憧れの街、NYを感じるアイテムたち

一度は訪れたい、そして何度訪れても新鮮で面白い街、ニューヨーク。その感覚、どうやら我々だけではないようで。

世界を股にかけ活躍するデザイナーたちが手掛けたアイテムたちを見れば、それも容易に想像がつくんじゃないかな。

 

「コーチ」のブルゾン

11万円/コーチ 0120-556-936

コーチのスチュアート・ヴィヴァースは、NYを拠点としたキース・ヘリングのアートワークを背面に、NYのパンクスたちが愛したMA-1をリリース。

 

「ハンティング・ワールド」のトートバッグ

H29.5×W32×D25cm 3万5000円/ハンティング・ワールド 帝国ホテル店 03-3501-7080

ハンティング・ワールドのディレクターも務める相澤陽介は、ブランド創業の地であるNYにスポットを当て、NYモチーフのワッペンを配したキャンバストートで原点回帰を企図。

 

「ニール バレット」のTシャツ

2万6000円/ニール バレット ギンザシックス 03-3572-5216

ニール・バレットは、映画『タクシードライバー』の主人公トラヴィスをモチーフにした両面プリントTでNYを滲ませている。

 

これらのアイテムを見て、共感する大人はきっと多いだろう。自由で刺激的で個性的。ニューヨークに対するそんな感覚はきっと世界共通なんだろうな〜。

# NY# コーチ# ニール バレット# ハンティング・ワールド
更に読み込む
一覧を見る