服、靴、バッグ、腕時計、インテリアにクルマ。夢あるオッサンの欲しいモノカタログ Vol.35
2018.02.26
FASHION

同じものは2つとない。こだわりの「1点もの」探し

ショップスタッフがセールストークに使う、「1点ものだから、これ逃すと手に入らないよ」という殺し文句。そのたびに、無条件にヤラれてしまうのはなぜだろう。

真面目に考えれば、大量生産によるモノの画一化、無個性化の向こうに、「作り手の台所事情」が見え隠れしており、そこにユーザーが気付き始めているからか。

だから、「2つとない」には物作りへの強い思いが透けて見える。物ひとつにも個性があって、それを見つける愉悦が「1点もの」探しにはあるような気がするんだな。

 

「アトリエ & リペアーズ」のストール

2万2000円/オー! ショールーム 03-5774-1408

余剰在庫に新たな価値を与え、再び市場へと送り出す。そんなアップサイクルを生むブランド。色柄の異なるヴィンテージスカーフを1枚のストールに昇華させた。

 

「アンティーク ナバホ バングル」のバングル

各48万円/チャオパニック カントリー モール 03-3406-1104

鏨(たがね)を用いてシルバーを裏から叩き出し、表面に立体的な紋様を構築。右は1920年代、左は’10年代の貴重なもの。

 

「レターズ」のサーフボードケース

1万7000円/レターズ 03-6427-0280

解体された何本もの古着のパンツが生む、何とも言えないグラデーション、質感。グッドルッキングかつエコロジカルなボードケースだ。

 

「クランク マルチェロ」のランプ

5万8000円/クランク マルチェロ 092-724-3250

海外から仕入れた古いパーツを組み合わせて作られた、ショップオリジナルのフロアランプ。真鍮ソケット、コード、スイッチなどは新しいものに交換済みなのでご安心を。

 

「アルモ」のバッグ

H23×W23×D4cm 1万4000円/アルモ 03-3464-1770

ヴィンテージのトラックジャケットをサコッシュにリメイク。洒脱さはもちろん、その手間を惜しまない姿勢に脱帽。

 

ヴィンテージのボタンセット

6000円/ビームス F 03-3470-3946

1980年代の職人の手による、デッドストックのメタルボタン。アイビールックの隠し味に絶妙なエイジングをぜひ。

 

「アーム」のリング

各3万4000円/ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014

蝦夷鹿の角を削って作る、1点1点表情の異なるリング。雄大な自然をバックボーンとするブランドらしさが光る。

 

「フリーレイジ」のスニーカー

各1万1800円/フリーレイジ 075-323-7683

白のキャンバスアッパーにフリーハンドでメッセージや星条旗、日の丸を描いたスリッポン。受注生産のみという特別感も物欲を刺激。

 

「ポスタルコ」のキーホルダー

[右、左]各1万3000円、[中]1万4000円/すべてポスタルコ 京橋 03-6262-6338

職人が一つひとつ削り出した天然石とブラスを組み合わせた、ネジ式キーホルダー。ブルーアベンチュリンやラピスラズリなど全12種類の石が揃う。

 

「サニー サイド アップ」のストール

1万2000円/ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668

独特の光沢感、先の尖ったフォルム、そしてレジメンタルストライプ……。そう、こちらはタイをつなぎ合わせたストール。クレイジーパターンを装いのアクセントに。

 

「コーヘン」のニット

3万9000円/パスザバトン 表参道店 03-6447-0707

イタリアのデッドストックのウール糸を用い、創業60年を誇る山形のニットメーカーが丁寧にボディを作成。そのうえで、ポケットやエルボーパッチをショップが別注……。特別すぎる1点物ニットは、昔、彼女からもらった手編みニット以上にレアな存在かもしれない!?

 

「デトアー ライフ」のクッション

各4800円/ツノカワファーム 03-5809-4265

デトアーとは、寄り道の意味。「人生は寄り道してこそ意味がある」をモットーとするブランドのリメイククッションだ。プロダクトを蘇らせる職人技の伝承にも力を注ぐ。

 

「パスザバトン」のチーフ

1800円/パスザバトン 表参道店 03-6447-0707

製造過程で生まれたデザインの異なる端材を2枚つなぎ合わせて、新たな表情のチーフをリビルド。ステッチワークから漂う、ハンドメイド感も楽しい。

# WHOLE OSSANS CATALOG
更に読み込む
一覧を見る