37.5歳からのデニムの着こなし、選び方、靴や小物との組み合わせ Vol.13
2017.03.29
FASHION

【お手本4選!】リーバイス501で他人とかぶらないコツは丈感と靴選びにアリ

みんな大好き501。
それでもスタイルが金太郎飴に見えないワケは、やはり足元にある。
丈と靴に気を配れば、あなたの501がもっと輝く! かもしれない。

さっそく、街角のお手本4タイプを参考に見ていこう。

※2017年4月号掲載

金子恵治さん(43歳)
話題のセレクトショップ「レショップ」の金子さんは、カットした甲部分をレースアップ仕様にしたオーランドスコーンを。それをナチュラルなワンクッションさせたレングスで。うん、新鮮!

※2017年4月号掲載

柿本陽平さん(35歳)
「ベルベット生地のエレガントな靴で格上げを図った」と話すのは「ブルーム&ブランチ」の柿本さん。ヴィンテージの九分丈の501に合わせ、トリッカーズのルームシューズの刺繍をアピール。

※2017年4月号掲載

木戸脇美輝成さん(42歳)
新作の501スキニーをはいたリーバイスの木戸脇さんは、「ローファーを履くときは裾を1.5㎝折る」という細かなマイルールを持つ。その隙間に覗くのは赤いソックス! これは真似できそうだ。

※2017年4月号掲載

田村貴之さん(44歳)
イギリスの名門靴ブランド、チャーチを合わせたファッションディレクターの田村さん。ワイドな501もこれだけでしっかり大人顔。裾からチラリと覗く靴下も白でシンプルに。全身からどこか大人の余裕を感じます。

 

デニムと靴の組み合わせは無限大。自分だけのルールを見つけて、今後の501ライフを楽しもうじゃないか!

# ジーンズ# デニム#
更に読み込む