2020.06.30
FAMILY

最近のジュニアアスリートが精神的に大人びている理由と懸念

子供のスポーツ

「子供のスポーツ新常識」とは……

最近のジュニアアスリートは、その実力もさることながら、精神的な成熟度も高い傾向にあります。例えば、インタビューや取材での受け答えなどを見ると、ひと昔前に比べて「しっかりしてるなあ」と感心する子が多いですよね。答えにくい質問をされても、理路整然かつ誠実に答えてしまいます。まさに大人顔負けです。

今回はこのような精神・メンタル面に関して、今と昔で何が違うのかを考えてみたいと思います。

 

スポーツ環境そのものがガラリと変化している

今から30年以上前、オーシャンズ世代の皆さんが少年時代の頃と現在では、当然スポーツを行う環境、特に競技としてのスポーツ環境に、大別して3つの変化がもたらされています。

まず、インターネット環境の拡大により、スポーツに関する情報をいつでもどこでも入手できるようになりました。全国各地で開催され大会や試合の結果はもとより、ジュニア選手と言えどその経歴や強豪校の練習方法なんかも、容易に検索できるのです。もちろん、自身のパフォーマンス向上に欠かせない、科学的・医学的知識なども学習することができるのは言うまでもありません。

これだけさまざまな情報が身近に感じられるようになれば、課題の発見や目標設定がしやすいし、それがより具体的にイメージできます。そうなると「なりたい選手像」を目指す意欲も高まりますし、「上には上がいる」と謙虚な姿勢を持ち続けることで、精神的な成長につながっていると考えられます。

次に、根拠のない威圧的指導や体罰が減少したことも要因でしょう。これは言い換えれば、「指導者の質」が大きく変わってきたことを意味します。日本に限らずですが、現在は世界的に見ても、コーチ・指導者の養成を重視する流れのなかで、ジュニアスポーツの現場でも指導者にライセンス所有を義務化している競技団体がほとんどです。

これにより、最新のスポーツ科学や心理学などの明確な裏付けをベースにした指導が広がります。すると子供たちは「なぜ自分は今この練習をするのか」をしっかりと理解できるようになり、より集中してトレーニングに取り組めるわけです。ただ漠然と「一生懸命やりなさい」では通用しなくなっているので、指導者の理不尽な指示に従う場面も激減しています。

最後に、ひと昔前に比べ、小学生の年代から国際大会や全国大会へ参加できる機会が増えてきたことが挙げられます。例えば、全国の実力ある子供たちで選抜チームが形成されたとしましょう。そこで練習はもちろん、合宿などを通して多くの時間をともに過ごすわけですが、これが現在では、単に競技のパフォーマンスを上げるだけのものではなくなっています。練習以外にも、勉強会や講習会で競技に対する理解を深めたり、集団の中でリーダーシップを発揮する訓練の場でもあるのです。また実際に、メディアトレーニングとして、インタビューや取材での受け答えなどの教育も実施されており、いちスポーツ選手としてSNS等の利用法を受講できる場合もあります。

NEXT PAGE /

誰もが通ってきた道をスルーしてしまう懸念

子供のスポーツ

ジュニア期の段階から、こういった精神面の成長が見られることは非常に喜ばしことです。しかし、実は問題点も挙げることができます。

精神的な成熟度が高いジュニアアスリートというのは、心理学的に見るとキャリア形成の観点から「挫折」を経験せずに成長してしまう可能性が否定できません。「失敗」や「やり直し」を経験することも、れっきとした“キャリア”であり、ひとりの人間として“通るべき道”なのです。

将来、不都合な場面に遭遇した際に感情をコントロールできなかったり、敗者の感情を想像したり理解することができず、他者への思いやりに欠ける人間になってしまうことも考えられるでしょう。

また、個性が失われてしまうことも懸念されます。例えば、憧れの選手を模倣しすぎてしまう。そればかりか、憧れが強すぎるあまりに非現実的な目標を設定しまい、現時点での必要な練習に身が入らない。あるいは、目の前の勝敗に固執することなく、はるか先の目標へと目移りしてしまう。そんな子が実際にいるのです。こういったことは、特にチームスポーツにおいて、マイナスに作用してしまうことが懸念されています。

日本のスポーツ界は、ここ十数年でスポーツ科学・心理学等を急速に取り入れてきました。そのため、かつては“長所”と言われた「根性」や「武士道精神」などの考え方が失われてしまった時期がありました。

その一方で、「武士道精神」や「武道の心得」などから興味・ヒントを得た諸外国が、「飄々とクールにやっているだけでは、強いパフォーマンスを引き出せない」というマインドを取り入れ、実力を向上させている現状があります。ヨーロッパ諸国の柔道やオランダのスピードスケートなどがその例です。最近は日本でも、そういった要素の必要性が改めて見直されてきています。

これからの日本のアスリートはスポーツ科学と日本特有のマインドの両輪を高めていくことで、独自のスポーツ文化を育んでいくべき、と私は考えます。

確かに今は、大人の想像をはるかに超える才能を持った、若いアスリートがたくさんいます。しかし、それは時代の流れとともに変化した環境も大きく影響していますから、ごく自然なことでもあるのです。ですから「自分のアドバイスなんて今の子には響かないだろう」と臆する必要はありません。我々が子供の頃に培ってきた「根性」や「思いやりの精神」だって、捨てたものではないのです。スポーツ選手である前に、ひとりの人間としてどうあるべきか。それを子供に見せようとする大人の姿勢こそが、より成熟したジュニアアスリートの育成につながるということを、忘れてはいけないと思います。

「子供のスポーツ新常識」
子供の体力低下が嘆かれる一方で、若き天才アスリートも多く誕生している昨今。子供とスポーツの関係性は気になるトピックだ。そこで、ジュニア世代の指導者を育成する活動を行っている、桐蔭横浜大学教授の桜井智野風先生に、子供の才能や夢を賢くサポートしていくための “新常識”を紹介してもらう。上に戻る

連載「子供のスポーツ新常識」一覧へ

桜井智野風=文
桐蔭横浜大学 教授。同大大学院スポーツ科学研究科長。運動生理学 博士。骨格筋をターゲットとしたスポーツ科学・生理学的な研究を専門とする。公益財団法人 日本陸上競技連盟 指導者育成委員会コミッティーディレクター。スポーツの強化策としては、「ジュニア世代と接する理解ある指導者や親を育てることが一番重要である」という考えのもと、ジュニア対象の指導者育成のために全国を飛び回っている。

# メンタル# 子供のスポーツ新常識# 武士道精神
更に読み込む