隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.14
2019.07.20
FAMILY

実はパートナーの思うツボ? 男女200人に聞いた「結婚するために〇〇しました」

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

自然な流れで至ったと思っていた結婚。しかし、実はパートナーに上手く誘導されたものだったとしたら……?

今回は、既婚の36歳~44歳の男女各100人に、現在のパートナーと結婚するためにとったアクションについて聞いてみた。すると、男女それぞれの回答に興味深い結果が表れた。

 

3人に1人は、パートナーと結婚するためにアクションを起こした

結婚

●現在のパートナーと結婚するため、何らかの努力を行いましたか?
・した 72人
・していない 128人

200人に上記の質問をぶつけたところ、全体の36.5%の人が、結婚のために何らかの努力をしたと回答。ちなみに「ある」と答えた72人のうち、男性は31人、女性は42人という結果だ。女性のほうがわずかに、結婚に向けて積極的な動きを見せたということになる。

では、一体どんな行動を取ったのだろう? 「ある」と答えた72人に聞いてみた。男女別にその回答を見てみよう。まずは男性から。

 

男性は、パートナーに「尽くす」人が多し

プレゼント

●パートナーと結婚するために起こした、具体的な行動を教えてください【男性編】

<経済面を整えた>
「定職に就いた」(44歳)
「養うために仕事量を増やした」(38歳)
「金銭的に余裕がなかったため、貯蓄を数年間頑張った」(42歳)
「お金のかかる趣味をやめた」(41歳)

<お金を使った>
「プレゼント攻撃で、それなりに金持ちであることをアピールしていた。実は相当なケチであるが」(43歳)
「お金をケチらなかった。デート時には全額負担」(40歳)
「至極当たり前のことだと思いますが、デートでの料金は全部払いました」(43歳)

<マメな面を見せた>
「マメに連絡した」(42歳)
「毎週のように会うようにしていた」(42歳)
「彼女が働いているバイト先に、用事がなくてもちょこちょこ顔を出しに行っていた」(44歳)

<相手家族と仲良くなった>
「相手の家族に信頼されることが大事だったと思う」(44歳)
「相手の両親にいろいろプレゼントしたり、それとなく調べて会話が弾むように勉強したりした」(41歳)

男性側からのアクションは、大きく分けると上記の通りだが、どの回答にも共通してるのは、パートナーに尽くすこと。特に経済面に関しては、健気な回答が多く得られ、男性陣の結婚への決心がうかがえる。

その甲斐あってか、見事パートナーとゴールイン。行動に起こせば、本気度はきちんと伝わるというわけだ。

では続いて、男性陣が気になる女性の回答を見てみよう。

NEXT PAGE /

女性は結婚に「追い込む」スタイル

妊娠

●パートナーと結婚するために起こした、具体的な行動を教えてください【女性編】

<周囲の人を利用した>
「同じ職場だったので、彼の上司にも私の良いところアピール」(37歳)
「結婚しないことを親が怒っていると、親のせいにした」(40歳)
「それとなく友人たちに結婚を唆してもらった。願望はそもそもあるのか、という感じで」(38歳)
「結婚している友達の家を一緒に訪れた」(44歳)

<同棲 or 近くに引っ越した>
「家庭を持つことが想像できるように、プチ同棲をした」(42歳)
「遠距離恋愛中、仕事をやめて、引っ越して、一緒に暮らした」(37歳)
「同じ居住地で仕事先を見つけ、引っ越しもした」(44歳)

<結婚の意志を素直に伝えた>
「若いうちに子供が欲しかったから、そのことは積極的に相手に伝えた」(39歳)
「結婚前提で付き合ってほしいとお願いした」(39歳)
「先にプロポーズをした」(40歳)
「結婚する場合の期限を区切って、相手にどうするか返答を迫った」(40歳)

<結婚の返答を急かした>
「『結婚するのに時間がかかるのなら、ひとり暮らしをする』と言った」(43歳)
「なかなか結婚という言葉が出てこなかったので、 しびれを切らして『新しい職場に入るからもう今みたいに会えない』と伝えたところ、やっと『結婚しようかと思っている』と言ってくれた」(44歳)

<妊娠を狙った>
「妊娠するタイミングを狙って授かり婚に持っていった」(44歳)
「妊娠を狙ってた」(36歳)

<相手に合わせた振る舞いをした>
「自分の意見は言うが、我慢するところは我慢した」(39歳)
「どんな要求もあまり断らなかった」(41歳)
「嫌われないように振る舞った(自分の考えとは別でも)」(41歳)

<家族を説得した>
「両親を説得するため頑張った」(40歳)
「特に父がなかなか夫に会いたがらなかったが、なんとか説得して、挨拶の機会を設けた」(41歳)
「相手の親と自分の親の関係が悪くならないように、うまく仲立ちをしたこと」(37歳)

 

女性の回答は、なかなかバラエティ豊か。男性と同じく「尽くす」タイプの回答も得られたが、特に目立ったのは「追い込む」タイプ。

「周囲の人を利用」「同棲」「結婚の返答を急かす」「結婚の意志を伝える」「結婚を意識させる」「授かり婚」といった、結婚を考えざるを得ない状況へと持っていく女性が多かったのだ。目的を達成するためのこの大胆さと抜け目のなさは、女性ならではだろう。

 

今になってよくよく考えると、自分たちの結婚も相手の思うツボだったのかもしれない。隣にいる女性もこんな一面を持ち合わせている可能性があるということを、諸兄は改めて胸に刻んでおこう。

 

アンケート協力=アイリサーチ

# アンケート# 結婚# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む