2020.08.13

オンラインで開催!マーシー先生の「ステーキ肉で作るBIGバーガー教室」募集開始

「簡単! ウマい! 楽しい!」と好評を博している、三浦理志さんとアメリカンビーフによるクッキングイベント。 

マーシー先生の「ステーキ肉で作るBIGバーガー教室」
昨年は「大人のシーズニングステーキ」を作った。今年は……。

これまで3回にわたってアメリカンビーフの旨みを存分に堪能するステーキのレシピを紹介してきたが、今回のメニューはハンバーガー。しかも、ただのハンバーガーではない。パティをステーキ肉から作るBIGバーガーだ。

人気連載「ミウラメシ」でもお馴染みのオーシャンズの料理番長・マーシーは、どんなレシピを用意してくれるのか?

マーシー先生の「ステーキ肉で作るBIGバーガー教室」
マーシー先生から直々にレシピを伝授してもらう昨年のイベントの様子。詳細はコチラにて。

激ウマBIGバーガーにはアメリカンビーフ100%のパティが絶対だ!

ところで、ハンバーガーの“中身”は「ハンバーグ」ではなく「パティ」ということをご存知だろうか。違いはというと、「ハンバーグ=玉ねぎや卵、パン粉などのつなぎを加えた日本の料理」であるのに対し、「パティ=ハンバーガーに挟むつなぎなしのビーフ100%」であること。

つまり、本格的かつ超絶的にウマいハンバーガーを作るならビーフ100%のパティが絶対条件。そして、このパティ作りが、今回のマーシー直伝レシピのキモとなる。というのも、前述したように、使うのはアメリカンビーフのステーキ肉。塊の肉をハンドでミンチにすることで、食べごたえ満点な肉感を持つハンバーガーを作ろう!というワケだ。

マーシー先生の「ステーキ肉で作るBIGバーガー教室」

一般的な挽き肉は機械で細かく挽いているので、仕上がりも均一で柔らか。一方、自家製挽き肉は、好みの挽き具合にできるし、細挽きと粗挽きを組み合わせたりもできる。ビーフ100%ならではの肉の旨味、そして食感も楽しめるパティに仕上げよう、というのがマーシーの狙いだ。

しかも使うのは、赤身が多くジューシーなアメリカンビーフ。広大なアメリカの牧場でのびのびと過ごし、牧草に加えてトウモロコシなどの穀物飼料を食べて育った旨味たっぷりな肉は、とにかくスペシャルなパティになること間違いなしなのだ。

自宅に届くアメリカンビーフを使ってオンライン・レッスン

今回のイベントはオンラインでの開催なので、マーシーの生放送の料理番組を視聴するような気軽さで、マーシーと一緒のクッキングタイムを楽しんでもらいたい。メイン材料のアメリカンビーフのステーキ肉は事前に自宅にお届けするので、みんなで“同じモノ”が作れるはずだ!

そして「簡単! ウマい! 楽しい!」と三拍子揃ったマーシー直伝のレシピを覚えたら、「ステーキ肉で作るBIGバーガー」を身近な人に振る舞おう。

……さあ、肉食系料理男子たちよ、奮って参加されたし!

※応募締切日:2020年8月30日(日)23:59

【イベント概要】
「マーシー流 ステーキ肉で作るBIGバーガー教室」
日 時:2020年9月27日(日)10:00~12:00予定(9:40受付開始)
場 所:オンライン(Zoom)
定 員:15名
参加費:無料
参加条件:米国食肉輸出連合会主催の「男子ステーキ部」への登録、およびアメリカンミートインスタグラムアカウントのフォローが必要となります。既に入部済みの方もご応募いただけます。
⇒アメリカンミートインスタグラム:https://www.instagram.com/americanmeatjapan/
【米国食肉輸出連合会主催/男子ステーキ部とは】
米国食肉輸出連合会主催のイベントや料理教室に参加できるなどの特典が多数ある、ステーキ好き男子のための“大人の部活”である! ⇒https://www.americanmeat.jp/csm/topics/steak-club/
協賛:米国食肉輸出連合会
# アメリカンビーフ# イベント# ミウラメシ
更に読み込む