https://oceans.tokyo.jp/event/2018-1024-4/

ごはんのお供人気ベスト3を発表! 大盛況の「メシ友フェス」イベントレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

うまい白メシを、うまいごはんのお供と一緒にたらふく食べよう!

……というシンプルな欲求を満たすため、オーシャンズが食欲の秋にぴったりなグルメイベント「メシ友フェス」を10月13日(土)、東京・渋谷のジャーナル スタンダード スクエアで開催。

会場にはとれたての新米と、全国各地から厳選して集めたごはんのお供(鯖の味噌煮、梅干し、たくあん、佃煮などなど)を盛大に用意。参加者らによる人気投票を行い、白メシに合うおかずランキングを決定した。

新米はどれほど美味かったのか、そしてNo.1ごはんのお供は何だったのか。大盛況に終わったメシ友フェスのイベントレポートをお届け!

オーシャンズのアツイ想い。日本の食文化 ‟白メシ” の美味しさを再確認!

新米が並ぶこの時季。「穫れたてのお米を思う存分、味わいたい!」という純粋な欲求ももちろんあった。

しかし、今回のイベント開催にあたっては、米飯の消費量が減少している昨今、日本の食文化の象徴として改めて白メシの魅力を見直してほしいというアツイ想いもあった。

同時に、ごはんのお供にピッタリな全国の名産品も紹介し、個性溢れる各地の食文化を紹介したいとも考えたのである。

賛同して協力してくれたごはんのお供の生産者の皆さんもイベントに駆けつけ、その想いを語ってくれた。

日本の定番を提案する、ジャーナル スタンダード スクエアが会場に

この日は特別に人気のやちむんコーナーを拡大して設置。そのほかにも、普段からショップで取り扱っているジャパンメイドの「いいモノ」が並んだ。

会場となったジャーナル スタンダード スクエアは、「日本の日用品と暮らしの贈り物」をコンセプトに掲げた「いいもの (GOODS)」だけを取り扱うギフトショップで、今回はメシ友フェスの想いに賛同し、ショップ内のレイアウトを大きく変えて会場を提供してくれた。

白メシがとにかくうまい! おかわりが止まらない!

炊きたてのごはんを盛ったマイ茶碗に、ごはんのお供をのせてもらう。

白メシは、新潟産の「こしひかりHIBARI」を用意。同じ新潟県のなかでも収穫するエリアによって少しずつ味が違うらしく、今回は2エリアの米を食べ比べできるようにした。

まずは炊きたての「こしひかりHIBARI」を受け取り、ごはんのお供ブースを周って好きなおかずを食べてもらう……

という流れのはずが、味見した白メシに感動し、そのままおかずに手を伸ばさずに茶碗を空にしてしまう人も出現するほど炊きたての「こしひかりHIBARI」が美味すぎた。

生産者の話を聞けば美味さ倍増! 箸が止まらない!

会場には、日本百貨店がセレクトした全国各地の厳選ごはんのお供10種が並んだだけでなく、同社の呼びかけでわざわざ和歌山県や熊本県から駆けつけてくれた生産者らの姿もあった。

ブースに並んだごはんのお供がどうやって作られたのか、どうやって食べるのがおすすめなのか……そんな話を生産者から直接教わりながら頬張ると、さらに美味しく感じ、ますます箸も進むってもの。女性や子供でも茶碗5杯は当たり前。10杯近くおかわりする人も少なくなかった。

お茶も ‟白メシ” の大切なパートナー。異なる2種を飲み比べ

この日のイベントでは、2種類のお茶も用意。ひとつは、俳優・本木雅弘さん出演のCMでお馴染みのサントリー緑茶「伊右衛門 特茶」。体脂肪を減らすのを助けるトクホのお茶は、お腹まわりの厚みが気になるオッサンたちにはうれしい限り。

もうひとつは「価値ある時間を大切に」というコンセプトを背景に作られたVAISAのお茶。食べ比べだけでなく、飲み比べも楽しんでもらったのであった。

ごはんのお供人気ベスト3はこれだ!

帰り際には、ほとんどの参加者がお気に入りのごはんのお供を両手いっぱいに購入していた。満腹になるまで食べたというのに、まだまだ食べたいと思わせる美味しさだったのである。で、実際のところ、どのごはんのお供が一番美味しかったの? ということで、人気投票を開催した!

「メシ友フェス」参加者の投票による、栄えある人気ベスト3がこれだ!

1位:とろさばみそ煮 (千葉産直サービス/千葉県)400円

2位:納豆ふりかけ (通宝/熊本県) 300円

3位:うまくて生姜ねぇ (吾妻食品/福島県) 600円

人気ベスト3に入ったごはんのお供は、会場となったジャーナル スタンダード スクエアで11月4日(日)まで販売されるので、ぜひ足を運んでほしい。(日本百貨店しょくひんかんには常時、全国の美味しいものが揃っているので、こちらもあわせてチェック!)
※日本百貨店しょくひんかんでも今回出店の商品は購入可能です。(とろさばみそ煮は2018年10月24日現在、欠品中)

共催:ジャーナル スタンダード スクエア
協賛:日本百貨店/新潟産こしひかりHIBARI/サントリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャーナル スタンダード ファニチャーが日本橋高島屋S.C.に「和」の要素を持つ店舗を初オープン
2018.09.26
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05