https://oceans.tokyo.jp/event/2018-0704-6/

まさかの激闘、そして感動のラストへ。「ボルダリング体験」イベントレポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨であることが嘘かのように晴れ渡った6月最後の日曜日、スイスのアルパイン・クライミングブランド「マムート」とオーシャンズがタッグを組み、マムートボルダリングジム横浜で「ボルダリング体験イベント」を開催した。

東京オリンピックの正式種目にも決定し、ますます人気が高まっているこの競技。興味は寄せつつも、はじめの一歩を踏み出せずにいる人も少なくない。実際、今回の参加者12人も、全員が未経験者である。

全員が未経験者なら失敗だって恥ずかしくないし、周囲を気にせず何度でもトライできる。さぁ、落下も覚悟でチャレンジだ!


超豪華ゲスト登場! 世界のトップクライマー・青木達哉が講師に!

午後1時半、受付開始。それぞれ更衣室でマムートが今回のために用意してくれたTシャツに着替え、準備を整える。

マムートスタッフの“ウッキー”こと宇津木正太さんからは、「怪我しないこと」「声を出して応援すること」「楽しむこと」の3箇条が説明される。ボルダリングはピースなスポーツなのだ。

この日の講師はマムートがサポートするトップクライマー・青木達哉さん、通称“ティミー”。世界の大会でさまざまな賞を獲る猛者で、シャイだが笑顔が素敵なイケメンだ。

壁に登る前に、まずはティミーと一緒にストレッチ。特に手脚はダイレクトに負荷がかかるため、入念に。ストレッチが済んだらレンタルシューズを履いて、ボルダリングスタート!


なぜ!? 初体験のはずなのに全員が上手すぎてマムートスタッフも唖然!

まずは6人ずつ、2チームに分かれて練習。初心者でも登りやすい4コースを体験する。

カラフルなホールドがついたクライミングウォールは見ているだけで楽しげだが、実際に登ろうと近づいてみると、これがなかなかの圧力……見るのとやるのでは大違いなようだ。

とは言え、大人なので超初心者コースはあっさりクリア。次はそう簡単にいかないだろう。と思いきや……

難易度は着実に上がっていっているにも関わらず、次々とゴールに到達してゆく参加者たち。

「ホールドを掴んでいるだけで腕が疲れるな」「登り始める前にコースを考えないといけないですね」などと意見を交わしながらも、「意外に登れちゃうものだな」と余裕の笑顔をみせる。

結果はこの通り。表に貼られたマムートシールが完登の証だが、ほとんどがパーフェクトスコアである。

「これは想定外で、ジムを運営していても、これだけ登れる人はあまりいません」とウッキー。ティミーでさえ「こんなに登れるとは思いませんでした」とびっくりした様子。さすがオーシャンズの読者、アクティブな参加者ばかりだ。


第1回「オーシャンズ・カップ」開催! 優勝は誰の手に!?

そして後半は、マムートスタッフのはからいで「第1回 オーシャンズカップ」を開催!

3人ずつ4チームに分かれ、マムートがこの日のために特設した初級・中級・上級の3コースにチャレンジ。成功回数の多かったチームが優勝だ。

マムートのシールがこの日の特設コースの目印だ。これは初級コース。

誰がどのコースを担当するかは各チームで相談して決定。いざ初級コースから本番スタート!

初級コースは全チームとも余裕でクリア! 参加者らの実力的には当然の結果とは言え、練習時よりも緊張感がただよう。

ちなみに、自分のチャレンジが終わるまでは、ライバルのボルダリングの様子は見られない。イメージトレーニングできる時間分、後発のほうが有利になってしまうからだ。

1番手の選手がチャレンジしている間、コースに背を向けて出番を待つ他チームの参加者たち。

そして舞台は中級コースへ。ティミーはチャレンジャーたちに「傾斜が強いので、手順を間違えると体力を消耗します。自分であらかじめ決めたコースを辿ることが大事」とアドバイスを送ったが、ここで波乱が……

スタートから傾斜がキツく、脱落者が続出! ゴール目前まで迫ったものの、最後の最後というところでコース外のホールドを掴んでしまい、失格となった人も。結局、完登者はまさかのゼロ人で中級コースは終了!

ここまで全チーム一歩も譲らず、成績は横一線。決着は上級コースへともつれ込んだ。

ラストは最終決戦にふさわしい、高難度の傾斜コース。「傾斜がキツいので、脚を広げて登るといいでしょう」とティミー。まずは助っ人としてマムートの鈴木優美さんが参戦! さぁ、格の違いを見せてくれ!

壁に張りついてぷるぷる震える鈴木さん

あれ? どうしたんだろう……

ポテッ

まさかの緊急事態が発生! なんと鈴木さん、スタートから一歩も身動きがとれずにチャレンジ失敗! 「何が起きたんだ!?」「上級者コースってどれだけ厳しいんだ!?」と他の参加者も戦々恐々。しかし、本当の恐怖はこれからだ。

そう。鈴木さんだけでなく、ほかのチャレンジャーもスタートから微動だにできず、マットに沈んでいったのである。

中級コースから続く厳しい展開に「全滅」の二文字が頭によぎるが、そんな中で初めて歩を進めた男がいた。

参加者が固唾をのんで見守るなか、ついに完登者が現る!

ジム内も歓喜の声に包まれた!

この難関をクリアしたの男の名はタクヤさん。学生時代は陸上の短距離選手としてならしただけあって、見るからに体幹が強そうだ。

タクヤさんは「ほぼ全体重が腕にかかるので、スタートがキツかったですね。でも、1手めを掴んだあとは大丈夫でした」と報告。お見事! 優勝は文句なしでタクヤさん率いる「チーム・マッキー」に決定!

その後は延長戦で2〜4位まで決め、表彰式。マムートから順位に応じた商品が手渡される。

商品を受け取るユータさん

終了後、参加者の皆さんにこの日1日の感想を聞いた。

ユータさんは「ボルダリングはずっとやってみたかったけど勇気がなくて。今日初めてやってみて楽しかったので、またやりたいと思います」と口にした。

2位の「チーム 大ちゃんズ」

この日のムードメーカーだった「チーム 大ちゃんズ」のワオンさん(写真中央)は「興味はあったけど、始めるキッカケがなかった。今日はアットホームな雰囲気で楽しかったし、このメンバーと一緒にできてよかった。ボルダリングやっている人は身体も格好いいし、これからも続けたい」と語った。

最後は参加者とマムートスタッフのみんなで記念撮影! 今日1日、お疲れ様でした!


次回のオーシャンズ主催のイベントは、7月20日(金)に開催する「パーフェクト ポンドステーキ教室」。人気モデルで、オーシャンズの料理番長でもある三浦理志さんとともに、1人前約450gものアメリカン・ビーフをジューッと焼き上げ、ガッツリ食らうぞ!


[イベント共催]
マムートジャパン
03-5366-0587

このエントリーをはてなブックマークに追加
親子ボルダラーの気分をアゲるには、イカしたギアが必要だ。
2018.05.20 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
ときに優しく、ときに厳しく。親子ボルダリング・デビューの心得
2018.05.13 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
壁は親子で乗り越える! ボルダリングで深まった“父と娘”の絆
2018.05.06 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
男らしさは腕っぷしから。いざ、ボルダリングで逆三角形のカラダに
2018.01.31
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21