乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.276
2021.08.28
CAR

これも電動自転車! ハーレー謹製アメリカン&最高80km/hのオフローダー

もとは日本のママチャリから始まったと言われる電動アシスト自転車。それが今では世界中でさまざまなスタイルのeバイクへと派生し、人気となっている。

なかには各地のカルチャーの影響を受け、本家のママチャリからは思いも付かないようなスタイルのeバイクも。

今回紹介するのは、スタイルで、スペックで、2輪好きが「こんなの待ってました!」という2台。

 

■ハーレーのチョッパーeバイク

ハーレーダビットソン モッシュ/チョッパー
ワンオフモデルの「モッシュ/チョッパー」

ハーレーダビットソン モッシュ/チョッパー

思わずスマ○マのマ○坊が頭をよぎってしまったが、これは本家アメリカで生まれたチョッパーモデル。しかも天下のハーレーダビッドソン製だ。

同社は2020年10月にeバイクブランド「シリアル1サイクルカンパニー」を立ち上げ、現在「ラッシュ/シティ」と「モッシュ/シティ」の2車種を販売している。

いずれも1903年に誕生したハーレーの記念すべき第一号車「シリアルナンバー1」をモチーフに開発されたモデルだが、今回ワンオフ、つまり一台切りのスペシャルモデル「モッシュ/チョッパー」を製作した。

ベースの「モッシュ/シティ」の実走行距離は35(約48km)~105マイル(約169km)。
バッテリーは取り外して充電できる。
ライトは前後ともLED。

実はこのモッシュ/チョッパー、今年8月6日に開催されたオークションに出品するために作られたeバイク。

ハーレーによると「モーターサイクルを所有するうえで、カスタマイズは非常に重要な要素。ワンオフシリーズは、このような個性的でパーソナライズされた精神をeバイクにも適用したく」開発したのだとか。

モッシュ/シティをベースに、著名なチョッパービルダーに製作を依頼。長いバナナシートや、ゆったりとしたライディングポジション、’60年代スタイルのペイントなど細部にもこだわったアメリカンeバイクに仕上げられた。

ベースとなった「モッシュ/シティ」。ベーシックモデルの最高速度は25mph(約32km/h)だが、28mph(約45km/h)のモデルもある。

既にオークションは終了していて、落札価格は1万4200ドル(約156万円)。それを残念に思う方に朗報をひとつ。同社では年に数回、こうしたワンオフモデルをオークションに出品する予定だそう。

世界で1台のハーレー謹製eバイクを手に入れたいなら、公式HPをこまめにチェックしてみよう。

NEXT PAGE /

■最高速は80km/h。街中でも最速!?のオフローダー

デルファスト トップ3.0
デルファスト(DELFAST)の「トップ3.0」。サスペンションはモトクロス用とシティ用が選べる。

デルファスト トップ3.0

岩場や泥濘地をものともしないオフローダーeバイクが、ウクライナ生まれの「トップ3.0」だ。

オフロード用タイヤにしなやかに動きそうなフロントサスペンションを備え、これはよほどのモトクロス好きが作ったのかと思いきや、実は宅配サービスが開発のきっかけだったという。

リアタイヤの上にあるカバーはオプション。シート形状もバリエーションがある。

トップ3.0を作っているデルファストの創業者は、注文から1時間以内で荷物を届ける宅配サービスを2014年に開始。

さっそく配達員に市販のeバイクを支給したところ、ウクライナの首都キエフの道路環境が厳しかったのか、あっという間に壊れてしまったという。

だったら自ら作っちゃえ!と生まれたのが初代「トップ」。もちろんキエフの道にも対応できるよう、オフロード仕様で。

「トップ3.0」とはその名の通り、3代目に当たる最新モデルだ。

状況に応じて3つのスピードモードで走れる。

当初「トップ」は自社の宅配サービス用に使うつもりで、売る気はなかったらしいが、街中を疾走するトップを見てキエフ市民から「売ってくれ!」の連呼を受ける。そこでようやく市販化が決定したというわけだ。

ちなみに宅配サービス用に開発したこともあり持久力があり、2017年にはギネス世界記録となる航続可能距離367.037kmを達成した。しかもこれ、ペダルを外して。

つまりバッテリーのみで、国産電気自動車の「ホンダe」より遠くまで走れるってことなのだ。さらに「早く届ける」ため、仕様上の最高速度はなんと80km/hというから驚きだ。

公式HPでは、標準仕様で6599ドル(約72万円)から販売されている。

カーボン製のベルトのためメンテナンスも楽というから心強い。

悪路も平気で持久力があり、恐ろしく速いこのトップ3.0にメキシコの警察が目を付け、パトロール用に導入。さらにアメリカの20以上の地域の警察でも導入が検討されているとか。

日本に正式上陸する日を、楽しみに待ちたい。

 

籠島康弘=文

# eバイク# アメリカン# デルファスト# ハーレーダビッドソン
更に読み込む