乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.235
2021.05.08
CAR

ハイエースとキャラバンをカスタム! メーカー純正もここまできたかって2台

日本を代表する商用バンと言えば、トヨタ「ハイエース」と日産「NV350キャラバン」。

働く人々はもちろん、キャンパーやアクィブスポーツ好きからも人気を得るこの2台に、メーカー自らカスタムした“遊び用”カスタムモデルがあるのをご存知だろうか?

どちらもしっかり手を入れたカスタムカーなのに、正規ディーラーで注文できるためアフターサービスもバッチリ。

気になるその中身を紹介しよう。

 

■憧れのVAN LIFEへの第一歩

ハイエースをベースに、関連会社のモデリスタがカスタムしたのが「ハイエース マルチロールトランスポーター」だ。

写真のハイエースのスーパーGLとDX GLパッケージがベース車両となる。スーパーGLは標準ボディとワイドボディがあり、2WD/4WD、2Lガソリンと2.8Lディーゼルも選べる。

ハイエース マルチロールトランスポーター

ハイエースなのに潔く乗車定員は2名に絞り、広大な荷室を遊びのためにカスタマイズしよう、というのがコンセプト。

キャンプ仕様にカスタマイズした一例。ベッドキットは写真の2人用のほかシングルベッドも選べる。

そのため荷室には水や汚れに強い専用フロアが敷かれている。そこに多彩なオプションを任意に選び、自分仕様のハイエースに仕上げることができるのだ。

車中泊に便利なベッドキットや補助バッテリー、アクセサリーコンセントのほか、積載物を固定しやすいアンカーナットやユーティリティフレーム、カーゴレールなど実にさまざまな装備が用意されている。

モデリスタが用意した専用ユーティリティフレームを使って、釣り竿を収納できるようにした例。もうホームセンター等のグッズを使って自作ラックを組まなくて良いのだ。

これならサーフィンにキャンプ、ウィンタースポーツにマウンテンバイクなど、どんな遊びも心配なし。気ままにワーケーション生活、なんて夢のVAN LIFEもチャレンジできてしまうのだ。

NEXT PAGE /

■これが本当のON・OFF兼用車

ハイエースのライバル、NV350キャラバンのカスタムカーは、今どきの世情を反映した一台だ。

ベースグレードはプレミアムGX。2Lガソリンと2.5Lディーゼルターボ車があり、ディーゼル車は4WDも選べる。

NV350キャラバン

こちらは2列目シートを残した5人乗り仕様で、昨今の車中泊人気を受けたベッドキットが備わるだけでなく、コロナ禍で増えたテレワークにも使えるよう工夫されている。

手掛けたのは日産関連会社のオーテックジャパン。ベッドの中央を外してテーブルにした例。ベッド下は収納として活用できる。

最大の特徴はこのキャラバンに備わる「マルチベッド」なる装備。

ラゲッジ一面をベッドにできるだけでなく、跳ね上げ式なので左右片側だけベッドにしたり、全部跳ね上げてラゲッジを広く使える。あるいはベッドの真ん中部分だけ外して、代わりにテーブルを備えることも可能だ。

つまりこれ1台で、家族とのキャンプも車中泊も楽しめて、テレワークの基地にもなるってこと。

だから平日は動くワークスポット、休日は家族でキャンプを楽しみ、連休には車旅、なんて使い方ができる。

マルチベッドを跳ね上げた状態。フロアパネルは落ち着いた木目調だ。

これさえあれば、PC作業したいからってカフェを探す必要もないし、人との接触を極力減らしたプライベート旅もできる。1台で何役もこなす、家族にとって優秀な相棒になってくれるはずだ

 

籠島康弘=文

# NV350キャラバン# トヨタ# ハイエース# パン# 日産
更に読み込む
一覧を見る