2021.03.08
CAR
PR

2021年式キャンプスタイルの移・服・遊は、「日産 KICKS e-POWER」が教えてくれる

暮らしも遊びも、これまでの常識が覆されるご時世だからこそ、何か新しいことに挑戦したい。ならば、日産「キックス」に試乗してみてほしい。

キックスを停めて湖畔キャンプ。この真意はのちほど!

ん? なぜ?

その答えは、キックスとコロンビアのコラボによって考案された「FITTING EARTH(フィッティングアース)」にある。

これは、新しい世界への挑戦や、新しい自分の発見をテーマに掲げる両者が共鳴して生まれた、“試着試乗”体験のことで、これまでにない移動やファッション、遊び方を提案しているのだ。

そんな新しい“移・服・遊”が待つ「FITTING EARTH」を、登山好きながら「キャンプはあまり経験がない」という人気モデル・大石 学さんが体験してみた。

「FITTING EARTH」の詳細はこちら

 

「キックスが“新しい日常”に連れて行ってくれました」

キックスに乗り込み、キャンプ場に到着。そして「FITTING EARTH」のパートナーであるコロンビアのウェアに袖を通した学さん。

アウトドアだけでなく街でも映えるスマートなフォルムもさることながら、見た目以上に広いラゲッジにまずは目を輝かせた。

「このサイズはいいですね。運転しやすいコンパクトSUVなのに、荷室は想像以上に大きい。キャンプはあまり経験がありませんが、ギアは十分に載せられそう」。

以前は週イチで登山へ出かけていた学さん。「荷物がこれだけ積めて、しかもコンパクトだから、狭い道でもスイスイ行けるのがいい」と、キックスを見ながら、コロナ禍で足が遠のいている山への想いを馳せる。

山へ向かえば、自ずと狭い道路も増えてくる。そんなときに、いくら荷物が積めるからといっても大きなSUVは、彼にとってトゥーマッチなのだ。

そもそも、学さんのウェアやギア選びの条件のひとつに「極力コンパクトに収納できること」がある。

つまり最小限で最大限の機能を発揮するウェアなりギアを求めているのだ。その点、キックスは最小限のボディサイズで最大限の荷物を載せられる。

運転席に座った感想は、「エクステリアが今どきのSUVっぽくていいなと思ったんですが、インテリアはさらに“新しい車”感がありますね」と好印象。

それ以上に彼の口元を緩ませたのが、e-POWERによる、これまでの車にはない走行感覚だった。

「見た目が新しいだけじゃなく……グッと踏み込んだときの加速がスゴい! すごくパワフルでしかも反応が早い、自分のイメージどおりにスピードが増していく感覚が楽しいですね」。

エンジンで走る車とは違い、電気モーターのみで走るキックスの加速は、コンパクトSUVとは思えないほど力強い。

「普通、急なカーブの手前って、ブレーキで減速しないといけないじゃないですか。でもこれ、アクセルだけでイメージ通りの減速ができるから、ブレーキを踏まなくても丁度いい速度でカーブに入っていけます」。

ステアリングに付いた「プロパイロット」のスイッチ。

さらに高速道路でプロパイロットをONにすると、前の車に速度を合わせて、一定間隔を空けながら走ってくれる。

カーブがきても、車線内の中央を走れるようステアリング操作も行ってくれる。そんなプロパイロットの機能にも感心しきりの学さん。

「FITTING EARTHを通じて今日は自分がやってきた趣味の登山とも近い、キャンプに挑戦しましたが、自分の思うように動けて、しかも道中のドライブも楽しくて快適なキックスだと、すごく気持ちいいですね。

自分の脚で目的地に到達する登山とはまた違った爽快感を味わっています。もしも帰路で渋滞に巻き込まれたとしても、プロパイロットがあるから安心ですし(笑)。

こうして移動自体を楽しくサポートしてくれるなら、どんどん新しいことに挑戦したくなりますね」。

日産「キックス」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

新しい自分を教えてくれるコロンビアの服

今回、学さんに体験してもらった「FITTING EARTH」では、コロンビアの新作ウェアの中から、「トレッキング」「フィッシング」「キャンピング」の3種をテーマに組んだコーディネイトをプレゼントする。

詳細はのちほど紹介するが、そんな幸運を抽選で18名が享受できる。

今回学さんが着たのはもちろん「キャンピング」セット。シャツ1万2100円、カットソー6050円、パンツ1万9800円[すべて税込]/すべてコロンビア(コロンビアジャパン www.columbiasports.co.jp/style/cat/nissankicks/

1938年にアメリカ・オレゴン州で創業したコロンビア。1960年代にはマルチポケットのフィッシングベストを開発し、多くのファンを獲得。

その後’80年代にはカジュアルウェアとしての地位も確立し、アウトドア発のトータルブランドのひとつに成長する。

湖畔キャンプへ向かう数時間前、学さんはコロンビア昭島アウトドアヴィレッジ店にいた。

そして今や世界中で愛されるブランドとなったコロンビアで今回、学さんが着たウェアは3点。

まずは、さまざまな年代のロゴをグラフィカルに配置したコットンシャツ。フェード感のある質感が、こなれた雰囲気を演出できる。キャンプビギナーの学さんも「ツウっぽい⁉︎」とご満悦。

手に持ったシャツ1万2100円[税込]/コロンビア(コロンビアジャパン www.columbiasports.co.jp/style/cat/nissankicks/) 

インナーに合わせるロンTはヘビーウェイトのもので、キャンプフィールドでの耐久性を確保。

手に持ったカットソー6050円[税込]/コロンビア(コロンビアジャパン www.columbiasports.co.jp/style/cat/nissankicks/) 

そして最後はパンツ。

「キャンプってペグとかナイフとか、常にギアを持ち歩くじゃないですか。大容量のポケットがたくさん付いたコレはすごく便利そう」と、デニムブルーのユーティリティパンツをピックアップした。

手に持ったパンツ1万9800円[税込]/コロンビア(コロンビアジャパン www.columbiasports.co.jp/style/cat/nissankicks/) 

登山においては、季節や登る山に応じてアイテムを買い揃えるという学さん。

だからクローゼットにはたくさんのウェアやギアが並ぶわけだが、そうなればなるほど、同じ色や柄ばかりだとつまらない。ウェアもまた、新しい自分を引き出してくれるデザインなり色や柄が必要ってことなのだ。

ところで学さんの求めるウェアの機能とはどんなものなのか。

「例えばTシャツなら速乾性とか、パンツならストレッチ性とか。そうなるとハイテク素材のものが多くなる」。

それと同様にキックスにはe-POWERやプロパイロットというハイテク機能が備えられている。コンパクトSUVのキックスには、学さんの気分をアゲる要素がたっぷりとあるようだ。

日産「キックス」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

これからのアウトドアシーズンこそ活用したい「FITTING EARTH」

コロンビアの新作ウェアをまとい、思いおもいの場所に出かけてアクティビティを楽しめる「FITTING EARTH」キャンペーン。

そのキャッチコピーは「地球ゼンブが、試着室だ。」。

「FITTING EARTH」の特設ページから申し込めば、抽選で18名に、「トレッキング」「フィッシング」「キャンピング」という3タイプのアクティビティにちなんだアイテムがプレゼントされる。

こちらは男性向けの3つのコーディネイト。左から「キャンピング」「フィッシング」「トレッキング」。女性向けも用意されている。

抽選に当たれば、写真のようなコロンビアの新作アイテムを受け取れるので、思いっきりアウトドアを楽しめるようになったら、それを身に着け、学さんのように思いおもいのアクティビティに挑戦してみてほしい。

通常、ウェアの試着室は当然店内(=インドア)だが、実際に着るのはアウトドア。そこでどれほど映えるか、使えるのかを、「FITTING EARTH」ではフィールドで吟味できる。

そのときの相棒はもちろん、日産の「キックス」がオススメだ。

キャンペーン期間は3月31日(水)の 17:00まで。アウトドアの本格シーズン到来とともに訪れた、新しい時代の“移・服・遊”を体験できる機会、逃す手はないのでは?

「FITTING EARTH」の詳細はこちら

 

 

山本 大=写真 松平浩市=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 籠島康弘=文

 

※コロンビア訪問時のモデル着用アイテム
シャツ2万4000円/ウル(エンケル 03-6812-9897)、Tシャツ8000円/マイル(にしのや 03-6434-0983)、パンツ3万1000円/マンド(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、サングラス3万円/カーニー(フィート 03-3719-1550)

# SUV# キックス# 日産自動車
更に読み込む