「満たせ! 俺たちの休日3大欲求」特集 Vol.51
2021.05.23
CAR

EVとハイブリッドのいいとこ取り。スポーティかつ都会的。三菱「エクリプス クロス」を徹底分析

スポーティかつ都会的なデザインと、高い走行性能が特長の三菱自動車「エクリプス クロス」。

高剛性ボディの採用、低重心で最適な前後重量配分、サスペンションの最適化といった数々のこだわりが詰め込まれているこの一台を、識者たちはどう分析するのか。

MITSUBISHI MOTORS ECLIPSE CROSS 三菱自動車 エクリプス クロス
昨年末に発売された新型SUV。先進のPHEVモデルが追加され、同じ三菱SUVであるアウトランダーより少しコンパクトなサイズ感で取り回しもしやすい。満充電で約57kmのEV走行が可能。全長4545×全幅1805×全高1685mm 384万8900円〜。

都会顔した「移動するバッテリー」

今、愛用しているのは、三菱車におけるPHEVの先駆、アウトランダーのPHEVです。選びの決め手は、「移動するバッテリー」というところ。駐車時にアイドリングなしで冷暖房をつけられるのが魅力的で、車中泊などではとても便利です。

というのも、愛犬のオカラと「ふたり旅」に出ることも多く、車内環境は重要なんです。現在は、ルーフにテントが付いた特別仕様車「E:POP」の存在を知って、そちらに乗り継いでいます。

PHEVは、走りについて懸念されがちですが、この点は、さすが三菱自動車。EVを先駆けている一日の長もあるのでしょう。僕らは、ラリードライバーの篠塚建次郎さんが三菱の車に乗って世界ラリー選手権やパリダカで活躍していたのを知っている世代。タフな印象もありますしね。PHEVで加速するときのキュイーンというサウンドが、妙に未来感があって心地いいんですよ。

エクリプス クロスはクーペスタイルでアウトランダーよりも都会的な印象です。僕ならボディカラーはブロンズメタリックを選んで、京都のショップ巡りなんかを楽しみたいな。いざとなったらアウトドアな遊びも楽しめるフットワークの良さもいい。

サーフィンやスノーボードで自然と触れ合っていると環境問題は無視できません。最近は、服の選びも変わってきましたが、自動車の選びにも、そうしたサステイナブルな目線は不可欠になっていくでしょう。

フリープランナー
種市 暁
連載「種カジのタネあかし」でお馴染み種さんの愛車歴は、ジムニー、ミニ クーパー、ボルボ2台、そして、アウトランダー2台。思い立ったらすぐ行動できる身軽さが自動車の魅力で、日常に不可欠な存在だそう。

 

災害時にも心強い備えになる

このほど大掛かりなマイナーチェンジを受けたエクリプス クロス。やや延びた全長は課題だった積載能力の向上に割り振られ、見た目の印象もより先鋭的に変化しました。

が、最も大きな変化といえばPHEVモデルが追加されたことです。PHEVの先駆けとして実績のあるアウトランダーのそれをベースに駆動制御などに独自のチューニングを加えて、環境性能とともに運動性能のレベルを大きく高めています。

メカ的には2.4Lガソリンエンジンと前後軸に配されたモーターとを組み合わせた4WDで、エンジン側は通常時はこの2つのモーターに電気を送る発電用、そして高負荷時には駆動用としても働きます。

そのうえで13.8kWhのリチウムイオンバッテリーも搭載しており、満充電から最長57.3kmのEV走行も可能です。夜間電力で自宅充電しておけば、大半の人は日常的な通勤や買い物の行動範囲ならEV状態で賄えるでしょう。

前後のモーターを緻密にコントロールして“ランエボ”まがいの切れ味鋭いコーナリングを見せるという一面もありますが、ともあれガソリンさえ入れておけば航続距離に心配がないうえ、自分で電気を作れてACアウトレットから電力供給もできてしまうという点は何物にも代えがたい長所です。

アウトドアのレジャーに電源ごと連れて行ってくれる便利な車……ということは、万一の災害時にも心強い備えになるということですから。

自動車ライター
渡辺敏史
出版社で自動車/バイク雑誌の編集に携わったあと、独立。自動車誌での執筆量が非常に多いジャーナリストのひとり。車の評価基準は、市井の人の暮らしにとって、いいものかどうか。

 

NEXT PAGE /

都会的なデザインが格好いい

昔からモノゴトにこだわりがないほうなのですが、車だけは別。若い頃はホンダ インテグラに始まり、調子に乗ってフォルクスワーゲン ゴルフに乗っていた時期もありましたが、しっくりきませんでした。そうなんです、車はやっぱり三菱なんです。

昔、父が三菱のデボネアに長年乗っていたこともあり、心のどこかに車といえば三菱という思いがあったのかもしれません。人生初の三菱は30歳の頃に購入したRVR。30代のほとんどをともにし、気付けば15万㎞以上走破していました。その後、現在までの相棒はパジェロ イオです。

エクリプス クロスは、まだ運転したことはありませんが実物を見たことがあります。第一印象は、素直に格好いい! シャープで先進的な表情にやられました。表参道や銀座など、都会で走ったら絵になるんだろうな。広々としたラゲッジスペースには薪がたくさん積めそうなので、焚き火やキャンプに良さそう。

そしてアイドリングなしでAC電源が使えるのもすごくありがたいですね。キャンプ場では携帯の充電用に、また秋冬にはアウトドアで暖房器具を使用することもあるので助かります(笑)。

個人的に惹かれたのはオプションで付けられる電動パノラマサンルーフ。これからの季節、晴天の日などはサンルーフを開けて山道を走れば、自然と一体になっている感じがして心地いいんでしょうね。

焚き火マイスター
猪野正哉
世界で唯一の焚き火マイスター。普段はアウトドアスペース「たき火 ヴィレッジ〈いの〉(千葉県)」を運営・管理しつつ、執筆業などに従事。著書『焚き火の本』(山と渓谷社)が発売中。

 

“いいとこ取り”のSUV

接近しすぎると物事の本質が見えなくなることの例えとして、「ゾウに近づきすぎた人の話」というのがあります。あれ、ゾウじゃなくてキリンだったかも?ま、いいや、ゾウで進めましょう。

ゾウに近づきすぎたある人は、「こんなに鼻の長い生き物がいるなんて」と、驚いた様子。またある人は、「いやいや、耳の大きい動物ですよ」と口を尖らせます。「何言ってんの、足が太い獣よ」という声もあれば、「つぶらな瞳がかわいいアイドルです」と言い張る人も現れる始末。

この車に当てはめると、こんな感じです。ある人は、「パリダカで前人未到の7連覇を達成したパジェロの流れを汲む、タフなSUVだ!」と万歳三唱するでしょう。

またある人は、「いえいえ、WRC(世界ラリー選手権)で大暴れした、ランエボ譲りのコーナーでくるくる曲がるための4駆制御技術がこの車のキモです」と言って譲りません。

さらには、「わかってねぇな、日産リーフと世界初の量産EVの座を競ったi-MiEVで培った、電池とモーターの技術力がポイントなの」と言う声も聞こえてきます。

間違ったことを言ってる人はひとりもいません。まとめると、悪路に強いヘビーデューティな性能と、SUVらしからぬ切れ味鋭いハンドリングを併せ持ち、モーターならではの電光石火のレスポンスで楽しませてくれる、EVとハイブリッドのいいとこ取りをしたクロスオーバーSUVが、この車なのです。

モータージャーナリスト
サトータケシ
フリーランスのライター/エディター。2月末に、ほぼ1年ぶりに飛行機に乗って、「離陸する瞬間にちょっとウルッた」とか。次は、海外に行ける日を心待ちにしているらしい。

 

NEXT PAGE /

次世代キャンプカーとして推奨

アウトドア系雑誌の仕事が多いので、「とにかく荷物の載る車を」とハイエースが欲しかったんですが、人とカブらないという目線で、1997年式のデリカバンに4年ほど乗っています。飾り気のない骨太なデザインもなかなかのお気に入り。

でも、いつ止まるかもわからなくて。仕事に出る朝、なかなかエンジンがかからなくて焦ることもしばしば(笑)。なので、乗り潰したあとは、最新の車を選びそうです。

次の車として、PHEVは十分視野に入ります。が、あくまで仕事使いという視点で考えると、エクリプス クロスは選択肢に入ってこないですね。

ただ、スタイリストという目線では、次世代のキャンプカーに向いていると思います。アイドリング不要で電源が取れるのは、オートキャンプや車中泊などでとても便利。荷積みについても、コンパクトさが求められる今のトレンドのキャンプ用品ならば十分入ります。そして、何よりエコロジカル。

2020年のグッドデザイン賞を獲得したスタイリングも未来的ですよね。運転自体も好きで、用もないのにランサーエボリューションの中古車の出物をチェックしている身としては、三菱らしさにも惹かれます。

自分が、もしスタイリストでなければ、デリカバンと“ランエボ”の間に位置するような、このエクリプス クロスを選んでいるかもしれませんね。

スタイリスト
佐々木智之
ファッションだけでなく、アウトドア関連のスタイリングも得意。自身も登山やキャンプなど、アウトドアライフを楽しむアクティブ派。最近ハマっているサーフィンにも愛車のデリカバンで赴く。

 

運転好きでも満足できる走り

ようやく世間が追いついてきたというか、三菱はいつだってちょいと気が早いというか。とにかく外部充電可能なプラグインハイブリッドシステム搭載のアウトランダーPHEVを2013年にはマーケットへ投入していた(ちなみに世界初リチウムイオンバッテリー搭載のBEVなんて2008年だ)。それは今なお上出来だと評価可能な、逆にいうと当時は衝撃的なシステムだった。

菱紋伝家の宝刀を今度はエクリプス クロスに積んだ。どうして今頃?という疑問もあったが、ディーゼルエンジン搭載車との入れ替えと聞けば何とか腑に落ちる。それはともかく。ガソリンエンジンと電動ユニットが持ち前の4WD技術を媒介にして制御するという高度なシステムは“格好いいSUV”系のエクリプス クロス(スタイリングも大幅変更)にこそ必要とされていた。

何しろ前後重量配分に優れ、重心高も低く、コンパクトクラスのSUVとは思えぬ走りを見せてくれるのだから。特に新たに追加されたターマック(舗装路)モードは三菱の面目躍如で、コーナーの形状を選ばずぐいぐいと曲がっていく。後輪の存在をより大きく感じるドライブフィールもまた運転好きを虜にしてやまない。

しかも車体の安定感が凄まじい、となれば、背の高いSUVをドライブしていることさえ忘れてしまいそうになる。もちろん普段は満充電で最大約57kmという電動航続距離を活かしたガソリン要らず生活を満喫できますしね。

モータージャーナリスト
西川 淳
フリーランスの自動車“趣味”ライター。得意分野は、スーパースポーツ、クラシック&ヴィンテージといった趣味車。愛車もフィアット500(古くて可愛いやつ)やロータス エランなど趣味三昧。

 

高村将司=文

# エクリプス クロス# 三菱自動車#
更に読み込む