2020.01.24
CAR
PR

これまで約100カ国を歩いた2人のモデルは、なぜ今日も旅に出るのか?

BMW X MODELS × OCEANS
「X(クロス)talk」
価値が交差するところに見えるもの vol.2

SUVを超えたSAV(スポーティ・アクティビティ・ビークル)。そう評されるBMWの「X」シリーズは、「Choose your world」をテーマに、ドライバーのアクティビティを引き出す走りとデザインで独自の価値を切り開く。そんな「X」シリーズは、同じく独自のチャレンジを続ける男たちにどう映るのか。それを探るX(クロス)トーク。第2回は、ともにモデルとして活躍する傍ら、旅をライフワークにする大石 学さん、呉山賢治さんが登場。

>vol.1「福西崇史と巻誠一郎。元サッカー日本代表のセカンドキャリアへの歩み」はコチラ

モデルの大石 学さんと呉山賢治さんは、それぞれ忙しい仕事の合間を縫っては旅へ向かう。これまでに2人合わせて約100カ国を探訪。しかし、その好奇心は今も増すばかりだ。

見知らぬ土地で得た多くの刺激やエネルギーを、新たなモチベーションへと変換する。この循環こそ、彼らの輝きの源なのだ。

大石 学×呉山賢治

[左]大石 学(おおいしがく) 
1975年生まれ、大阪府出身。高校時代は岡山県の名門で甲子園出場を目指して野球に熱中。20歳でモデルとしての活動をスタートし、雑誌やランウェイ、TVなど幅広いフィールドで活躍する。37歳のとき、かねてからの夢だった世界一周旅行を実践。以来、旅をライフワークとし、現在も頻繁にバックパックを担ぐ。

[右]呉山賢治(くれやまけんじ)
1985年生まれ、大阪府出身。ファッション雑誌のモデルとしてだけでなく、TVや舞台の世界でも活躍する俳優としての顔も持つ。大の旅好きとして知られる一方、カラダづくりへの情熱もひとしお。食事をはじめストイックなライフスタイルを送り、週1〜2回パーソナルトレーナーの元へと通い、旅先でも筋トレは欠かさない。

 

日常から非日常へ、そしてまた日常へ。両者を軽やかに往来して、自らの視野が広がっていく感覚。さまざまな垣根を超えて、世界すらも広がっていく感覚。

走るフィールドを選ばないBMWの「X」シリーズとも通じるそんな“旅”に出る理由が、2人の会話から浮かんで見えた。

NEXT PAGE /

「自分の扉を大きく開きたいから、僕は旅に出る」呉山賢治

モデルという職業柄、海外での仕事は少なくない。実際に2人が旅にハマったきっかけは、海外へのビジネストリップだった。

とはいえ、自主的に計画を立て、まだ見ぬ外の世界に触れることは、仕事上の渡航とは質がまるで異なる。大石さんは孤高のバックパッカーとして、呉山さんは気の置けない仲間と、それぞれの旅を楽しんでいる。

大石 僕が今、特にハマっているのは、トレッキングがメインのひとり旅だけど、呉山くんは仲間といろいろ巡ってるよね。

呉山 世界のいろんな所に住んでいる仲間と旅先だけ決めて、現地集合・現地解散って感じの自由な旅が好きで、価値観が合う男同士で行くので気も使わないし、ひとりだと起きないようなハプニング的なことも面白くて。

大石 僕も現地で仲良くなった人と一緒に行動したりはするけど、そういう予期せぬ出会いって確かに楽しいよね。

呉山 行く先々に友達ができたりとか。それも旅の醍醐味だと思います。

大石 ガチガチにスケジュールを決めないで自由に動くっていう僕の旅は、以前にやった世界一周の続きのような感覚で、安いドミトリーに泊まって、現地のご飯を食べて、贅沢はしないんだけど、そういうのが僕には合ってるみたい。

呉山 でも、ドミトリーって結構大変ですよね。人の出入りが多いから、けっこうミラクルな人も泊まりに来る。いびきが大きいくらいならまだいいけど、匂いがキツい人もいたりとか……。まあでも、それはそれで面白いのか(笑)。

大石 逆にそれが楽しみでもあるよね。日本は恵まれているし、インフラも人もみんなちゃんとしてる。でも、海外では決してそれが当たり前じゃない。そういう気づきがあって、あらためて日本の環境、自分たちの日常を大事に思えるというか。

呉山 確かに、日本は良い意味でも悪い意味でもすべて整い過ぎている。とてもありがたいことだけど、でも同時にそれが自分の視野を狭めているような感覚もあって。自分の扉を大きく開きたいから、僕は旅に出ちゃうんだと思います。

これまで赴いた先は、大石さんが53カ国、呉山さんが約40カ国。文化や風習の垣根を超えて、ボーダレスに旅を楽しむ。

その縦横無尽なスタイルは、悪路をものともせず、都会の混み入った道でも小回りの利くSAV、ニューBMW「X1」さながらだ。だからこそ多くの予期せぬ出会いや驚きに直面し、非日常の尊さを噛みしめられる。

大石 僕が行ったなかでは、インドがショッキングだった。駅でも街中でも、そこらへんで人がたくさん寝ていて。シンプルに凄いなって。今この瞬間も、インドではたくさんの人が路上で寝ている。僕は日本の恵まれた環境にいるけど、そういう人と同じ時間を過ごしているんだって実感できたのは大きかった。

呉山 僕は南アフリカでの出来事が印象に残っています。物乞いの子供たちが路上で音楽に合わせて踊っていたんですが、きっと生活は辛いはずなのに、踊っているときの表情が本当に楽しそうで。でもチップを渡すと、どこからか親が走ってきてそのお金をすぐ取って行ってしまう。そういうリアルって、体感しないとわからなかったと思います。

大石 話で聞くのと、実際に見るのとではきっと全然違うよね。

呉山 今って、インターネットやSNSでいくらでも情報が拾える。でも、それって実際には嘘か本当かわからない。自分の目で見て、指で触れたものとの差って、とてつもなく大きいと思うんです。

大石 だから現地の人と触れ合うことで相手のことを知って、僕のことも話す。そうやって、普段は繋がりのない人と繋がっていけるのが、旅の良さかもしれない。

呉山 そうですね。初めて会った生まれも育ちも違う人たちと、同じ話題で笑い合えたり。結果、日本でも人との出会いを大切にするようになりました。自分がオープンになれば、周りも結構応じてくれる。それも旅が教えてくれたことのひとつです。

大石 あと、僕は物を大切にするようになったね。向こうだと、例えば壊れた100円ライターでも直して使うし。旅するうちに意識が変わりました。

NEXT PAGE /

「旅に出るから写真を撮るし、写真を撮りたいから旅に行く」大石 学

旅。美しくも険しくもあるそれを心ゆくまで満喫するには、やはり道具が欠かせない。頼れる道具を持つことで心と身体に余裕が生まれ、さらなる楽しみが広がっていく。

しかし、当然ながら頭に浮かぶすべてを持って歩けるはずはなく、厳選した相棒だけをバッグに詰め込む。それぞれの旅先での出来事を想像しながら。

呉山 学さんは、いつもカメラを持ち歩いているんですか?

大石 そうね、絶対持っていく。旅に出るから写真を撮るし、写真を撮りたいから旅に行くみたいなところもあるかな。今はニコンのF3が欠かせないね。

呉山 僕の場合は学さんと違って山にも登らないシンプルな旅が多いから、最低限のものしか持って行きませんね。必需品と言えるのは、パスポートや貴重品を入れる小さなポーチくらい。これを服の中に忍ばせておけば酔っ払ってもなくさない。あとは、筋トレグッズとプロテインですかね(笑)。

大石 さすが(笑)。向こうでも筋トレするの?

呉山 絶対しますね。 最近買ったのが(上の写真)、コロコロ転がる球の上に手を置いて、すごく不安定な状態で、体幹を鍛えつつ腕立てとかができるトレーニンググッズ。現地のジムでトレーニングもしますよ。

大石 お役立ちグッズとしては、実はドライヤーが優秀なんだよね。洋服や靴はすぐに乾かせるし、寒いときは温風で暖も取れる。髪を乾かしたりじゃなくて、全然違うことに使っていました。

呉山 うわ、それ真似したい!

大石 あとは針金ハンガー。これも服を吊るすんじゃなく、応急処置的な道具として。インドでバイクに乗っているときに振動のあまりマフラーが取れちゃって。それを針金ハンガーで無理やりくくりつけて走ったりしました。

呉山 すごい、ホンモノの旅人だ(笑)。僕はなにか困ったことが起きたら、現地の人に頼っちゃうスタイル。そういう出会いも大切にしたいんですよ。

 

2人の旅への想いは尽きず、次に訪れたい場所も目星をつけている。大石さんはエベレストやインド北部の凍った川でのトレッキングを目指し、呉山さんはバハマの美しい海に憧れを抱く。

同時に、2人は “車での旅”にも意欲的だ。アウトドアフィールドの探検でも、街での散策にも、「X」シリーズなら最適な相棒となってくれるだろう。その予行演習としてニューBMW「X1」に試乗してもらった。

呉山 学さん、運転うまいですね。

大石 同乗者の命を預かってるんで、安全運転で。旅はやっぱり、安全第一(笑)。

呉山 乗り心地抜群です。車内は快適だし、荷室も大きいから旅の道具もいっぱい積める。

大石 見た目はコンパクトなのにね。しかも車の後ろにセンサがーついていて、足をかざすと自動で開く。あれはありがたいね。

呉山 両手がふさがっていてもトランクが開けられるって、荷物が多いと、出発のときも旅先でもうれしいですよね。

大石 山旅でも、登山道の入口まで未舗装の険しい道路を行かないとたどり着けない山もあるからね。「X1」なら山道も強いし、今まで諦めてた山にも登りに行けそう。電車が動いてないような朝日が昇る時間に合わせて出かけたりとか、自分でスケジュールが組めるのも車での旅の良さだよね。

呉山 エクステリアも格好いいし、ブルーがキレイ。これで海沿いのロードトリップとかサイコーじゃないですか! 車だからこそ気持ち走れる道って、やっぱりありますから。

大石 そうだよな〜。普段はひとり旅だけど、これなら奥さんとも出かけられるかも。

呉山 新たな旅の楽しみ方が見つかるんじゃないですか? 僕も早くそんな旅がしてみたい!

NEXT PAGE /

BMWが問いかける「Choose your world」
SAVの新しい選択、ニューBMW「X1」

ラグジュアリーなルックスと力強い走りの同居。「Choose your world」をテーマに、いわゆるSUV以上に乗る人の選択肢を広げるため、オフロード性能を重視したSAVならではの強みは、シリーズ中で最も小型のニューBMW「X1」にも踏襲されている。
コンパクトサイズとはいえ、天井が高く広々としたコクピットや十分なスペースが取られた荷室は、長時間の運転も膨らむ旅の荷物も苦にしない。一方で、道幅の狭い場所での取り回しの良さも持ち合わせ、都会の道でも山道でも、快適なドライビングが楽しめるのだ。衝突回避・被害軽減ブレーキなど先端のドライビングアシストも、いざというときの味方になってくれる。

【THE X MODELS × 東京マラソン2020】キャンペーン実施中
BMW Xモデルは、挑戦し続けるすべての人たちを応援したい。その想いで東京マラソン(2020年3月1日開催)のオフィシャルパートナーとなって10年目を迎える。今年も大会の開催に合わせて、新たな挑戦をし続ける人に贈るさまざまなプレゼントキャンペーンを実施中だ。
詳しくはコチラ

[問い合わせ]
BMWカスタマー・インタラクション・センター
0120-269-437
www.bmw.co.jp

山本 大=撮影(スチール) 佐々木基之=撮影(ムービー) 伊藤良輔=スタイリング 小林雄美=ヘアメイク 増山直樹=文 PICAさがみ湖=撮影協力

■大石さん着用アイテム
ジャケット5万8000円/フィルソン、ニット5万3000円/ナイジェル・ケーボン(ともにアウター リミッツ 03-5413-6957)、パンツ1万8500円/キャル オー ライン(ユナイト ナイン 03-5464-9976)、ブーツ2万5000円/ダナー 03-3476-5661

■呉山さん着用アイテム
ジャケット6万9000円/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス 03-6369-8885)、ジャケット1万2800円/ワイルド シングス、パンツ8800円/グラミチ(ともにインス 0120-900-736)、Tシャツ2万2000円/アイスブレーカー(ゴールドウィン カスタマーサービスセンター 0120-307-560)、靴1万9000円/イノヴェイト(デサント トウキョウ 03-6804-6332)

# BMW# SAV# X1# クロストーク# 呉山賢治# 大石学#
更に読み込む