2020.01.17
CAR
PR

福西崇史と巻誠一郎。元サッカー日本代表のセカンドキャリアへの歩み

BMW X MODELS × OCEANS
「X(クロス)talk」

価値が交差するところに見えるもの vol.1
SUVを超えたSAV(スポーティ・アクティビティ・ビークル)。そう評されるBMWの「X」シリーズは、「Choose your world」をテーマに、ドライバーのアクティビティを引き出す走りとデザインで独自の価値を切り開く。そんな「X」シリーズは、同じく独自のチャレンジを続ける男たちにどう映るのか。それを探るX(クロス)トーク。第1回は、元サッカー日本代表の福西崇史さんと巻誠一郎さん。

プロサッカー選手のキャリアは、一般のビジネスパーソンと比べてあまりに短い。一部の例外を除き、ほとんどが40歳を前にスパイクを脱ぐ。

幼少期から慣れ親しんだピッチを離れることは、セカンドキャリアとの直面を意味し、それは当然、現役時代に日本代表として活躍したようなトッププレーヤーも同様だ。

福西崇史×巻誠一郎

[左]福西崇史(ふくにしたかし)
1976年生まれ、愛媛県出身。ボランチとして恵まれた体格と高いサッカーIQ、激しいプレーを持ち味に、多くのスターを擁する当時のジュビロ磐田にあってデビューイヤーから活躍。日本代表としても日韓とドイツワールドカップのメンバーに連続選出され、引退後はTVや雑誌でサッカー解説者として活動しながら、2018年にはアマチュアサッカークラブ「南葛SC」で現役復帰。同クラブの監督も務めた。

[右]巻誠一郎(まきせいいちろう)
1980年生まれ、熊本県出身。駒沢大学を卒業後にジェフユナイテッド市原に加入。同年に監督に就任したイビチャ・オシム氏から薫陶を受けた“走るストライカー”は、2006年のドイツワールドカップでも日本代表に選出された。以降、海外リーグでもプレーし、’14年からは地元のロアッソ熊本へ移籍。’18年をもって現役引退を発表した。現在は社会貢献とサッカー界への還元を軸に、さまざまな事業に取り組んでいる。

 

ドイツワールドカップ日本代表でともに戦った2人、福西さんと巻さんはそれぞれ32歳、38歳で現役を退いている。そして今、自分だけの新しい生き方を描いている。お互いに、サッカーへの消えない情熱を胸に秘めながら。

NEXT PAGE /

「アスリートの価値をもう1回自分で見直しました」巻誠一郎

ドイツワールドカップ出場を通して親交を深めた、世代も所属クラブもポジションも違う2人。当時はお互いをどんな目で見ていたのだろう。現役時代の思い出やプレースタイルからは、今も変わらない彼らの生き方が見えてきた。

福西 巻はずっと走っていた。それが相手に回すとすごくイヤで、逆にチームメイトだと助かった。とにかく諦めない、気持ちの強い選手だったね。

巻 福さんは、いつも余裕があって飄々としていて。「疲れた〜」とかすぐ言うんですけど、実は全然そんなことないんだろうなって思ってましたよ。

福西 早めに疲れたって言ってたから(笑)。

巻 プレーもそうですけど、器用ですよね。あとはやっぱり、福さんは兄貴肌。当時の代表チームって、テクニックがある選手しか認めないみたいな空気があったんです。でも、僕は選手としてできないことが多い、どちらかといえば特化したプレーヤー。そこを受け入れてくれる雰囲気が、福さんにはありました。

福西 それは、俺も巻と同じだったから。足元でのテクニックがないって相当言われたし。だからこそ自分だけの持ち味を活かして、足元は下手でも身体と頭を使って戦う。ほかに上手いやつはたくさんいたし、俺らにはそれしかなかったからね。

巻 そうやって言い続けてもらったおかげで、プレーがしやすくなりました。何事にも失敗を恐れなくなりましたね。

福西 代表って特に、失敗したらどうしようというプレッシャーが強いよね。ミスしたくないから、チャレンジしなくなる。その悪循環にはまらないようアドバイスはしたかな。

BMWというブランドにあぐらをかかず、新たな価値を開拓する「X」シリーズ。その精神とも重なるように、ミスを恐れず、チャレンジを続けた2人。引退を決意したのは、互いに30代。身体よりも頭で判断した結果、次なる未来が広がっていた。

福西さんは解説者としてサッカーの魅力を伝え、巻さんは医療や福祉、教育など幅広いフィールドで活躍している。

福西 引退当時も身体は比較的動いたし、さんざん悩んだけど、サッカー界も世代交代しなきゃいけないという波もきっかけにはなったのかな。

巻 僕も身体は動いたし、あと10年くらいできるつもりでいました。でも、プレーヤーとしての自分とそうじゃない自分を天秤にかけたとき、今現役を辞めたほうが社会にいろいろな貢献ができると思って決断しました。

福西 若い頃の巻は、それこそ倒れるまでサッカーを続けそうだったから、引退には驚いたよ。まさにサッカー小僧だったじゃん。年齢とともに考え方が変わった?

巻 ジェフを退団してロシアと中国に移籍しましたが、そこでの経験は大きかったですね。エージェントもつけずに単身で渡ったから、ひとりも知り合いがいないし、周りは誰も助けてくれない。

福西 その辛さって、本当に経験した当人にしかわからないと思う。

巻 いろんな経験を踏まえて、アスリートの価値ってなんだろうってもう一回自分で見直したんです。あとはやっぱり、熊本に帰って震災を経験してから意識が大きく変わりましたね。アスリートってピッチの中だけじゃなく外でも貢献ができる、役に立てるなって感じたんです。

福西 サッカーだけをしていたら、そこには気付けないかもしれないね。俺は現役時代には社会にそれほど触れていなかったから、辞めてからはひとまずピッチの外に出たくて。外の世界に触れながら、監督やコーチではなく、解説者としてサッカーに携わろうと。サッカー以外の多くの人と関わりながら、プレーじゃなく、喋ってサッカーを伝えようと思ったんだよね。

巻 福さんは、“喋る”イメージがなかった。それこそ意外でしたよ(笑)。

NEXT PAGE /

「辞めても、離れても、結局はサッカーにつながっていく」福西崇史

アスリートとしての、サッカー選手としての価値とはなにか。社会に出て、どんなスキルで貢献できるのか。セカンドキャリアを充実させるうえで、たくさんの人とつながりながら、2人は今の自分、将来の自分にできることを探っている。

巻 サッカーって、準備してきたことがうまくいかないケースのほうが多い。だからこそ、問題提起能力、問題解決能力が養われるスポーツだと思うんです。

福西 常に状況が変わるし、その都度考えなきゃいけない。その意味ではアドリブ力も求められるよね。

巻 それらは、実は今の社会やビジネスでもいちばん必要とされている力でもあるはずで、でもしっかり実践できている人ってあまりいない。

福西 確かにね。社会にはたくさんの人がいて、それぞれが支え合って回っている。サッカーは団体競技だし、もともと支え合う意識はあったけど、外に出たらなおさら感じるよね。それにしても、サッカー以外にも福祉とか医療とか、本当に巻はいろいろチャレンジしてるな〜。

巻 そう見えるかもしれませんけど、どうなんでしょう(笑)。自分として考えているのは、社会性があること、サッカーに通じること。この2つから外れることはしないようにしています。結局自分はサッカーに育ててもらったっていう思いはあるし、外の世界で経験を積むことで、もう一度違った形でサッカーに貢献できるんじゃないかっていう思いもあります。

福西 結局は、辞めても、離れてもサッカーにつながっていくんだよね。巻みたいに活動してくれる人がいれば、サッカーと社会のつながりも強くなっていくし、アスリートへの見方も変わっていくと思う。そう考えると、スポーツ界全体にとっても巻は大きい存在かもしれないね。自分から海外にひとりで乗り込んで相当辛い経験をしたのも、今ではアドバンテージになっている。サッカーを辞めるっていう大きな不安を上回る、チャレンジの気持ちや強い覚悟があるからこそできることだとも思う。

巻 その分析力! さすが解説者です!

現役を退き、改めて考えるようになったものの中で「プライベートの時間」も大きいという2人。

例えば、家族とともに、もしくはひとりでのんびりと、ドライブを楽しむ。今回は実際にニューBMW「X1」のステアリングを握ってもらい、感想を聞いた。

福西 巻って運転するの?

巻 今は拠点が熊本で、九州内の移動は基本的に車ですし、東京で仕事があるときは家族を乗せて自分で運転してくることもあります。そこで家族とコミュニケーションが取れるのが、すごく貴重なんです。

福西 それはすごい重要だね! この車なら、車内も広いしラクなんじゃない?

巻 車高が高いから、自分たちみたいな大きい人でも運転がラクなのがいいですね。

福西 家族とのドライブも楽しいけど、俺は自分の時間という意味でもやっぱり車が重要かな。今までいろんなタイプに乗ってきたけど、「X1」はかなりスポーティな走りで好み。アクセルを踏んだらグッと加速して、グッと曲がるというか。

巻 熊本は自然に囲まれてるので、遊びに行くって言ったら、山や川が多いんですよ。その点でも、オフロードにも強い車は頼りがいがありますよね。

福西 俺も今度、愛媛の実家に車で帰ってみようかな。いや、でもすぐ途中で寄り道したくなっちゃうから、やっぱ長距離はやめとこうかな(笑)。

巻 いやいや全然大丈夫じゃないですか。でもその感じ、めっちゃ福さんっぽいですね(笑)。

NEXT PAGE /

BMWが問いかける「Choose your world」
SAVの新しい選択、ニューBMW「X1」

「Choose your world」をテーマに掲げ、都会と自然を鮮やかに往き来し、乗る人の選択肢を限りなく広げるBMW「X」シリーズ。そのなかにあって最もコンパクトなサイズのニューBMW「X1」は、今年10月に内外装が一新された。LEDヘッドライトや大型のキドニーグリル、L字型のテールランプなどで一層アクティブな顔つきに。
BMW独自のツインパワー・ターボ・エンジンと常時4輪駆動システムのXドライブがもたらす走りはダイナミクスと俊敏性を併せ持ち、車線逸脱警告システムや前車接近警告機能といった先進の運転支援機能も充実する。車両本体価格438万円〜

【THE X MODELS × 東京マラソン2020】キャンペーン実施中
BMW Xモデルは、挑戦し続けるすべての人たちを応援したい。その想いで東京マラソン(2020年3月1日開催)のオフィシャルパートナーとなって10年目を迎える。今年も大会の開催に合わせて、新たな挑戦をし続ける人に贈るさまざまなプレゼントキャンペーンを実施中だ。
詳しくはコチラ

[問い合わせ]
BMWカスタマー・インタラクション・センター
0120-269-437
www.bmw.co.jp

 

山本 大=撮影(スチール) 佐々木基之=撮影(ムービー) 松本ユウスケ(anahoc)=スタイリング 上田 忍=ヘアメイク 増山直樹=文 FUTSALDAIBA=撮影協力

■福西さん着用アイテム
シャツ2万9000円、パンツ2万9000円/ともにミノトール(ミノトール インスト 東京 03-6455-1466)

■巻さん着用アイテム
Tシャツ1万4000円、ジャケット5万9000円、パンツ3万8000円/すべてミノトール(ミノトール インスト 東京 03-6455-1466)

# BMW# SAV# X1# クロストーク# 巻誠一郎# 福西崇史
更に読み込む