乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.116
2020.07.05
CAR

世紀を越えられなかったBMW「E31」。不遇のスーパーカーの正体

「中古以上・旧車未満な車図鑑」とは……

vol.7:「E31」
BMW、1990年〜1999年

かつてスーパーカーといえばライトがボンネットから立ち上がるリトラクタブル・ヘッドライト、という時代があった。

ランボルギーニ「カウンタック」やフェラーリ「512BB」も採用し、スーパーカーブームに乗ってリトラクタブル・ヘッドライトを備えた自転車まで販売されたほどだ。

E31型(8シリーズ)の「850CSi」。新車時車両本体価格は1680万円。「840Ci」は1170万円。現在、中古車はほとんど流通していないが、あれば400万円程度から。

そんなリトラクタブル・ヘッドライト、略してリトラと言うけど、スーパーカーブームの1970年代以降も採用車は絶えなかった。’80年代後半からバブル時代に入ってもホンダ「NSX」や三菱「GTO」、マツダ「ユーノスロードスター」……と採用されていたのだが、2000年代に入ると突然、次々と姿を消し、2005年を最後にとうとうリトラは消滅する。

まあ、スポーツカーなのに空気の流れを遮る形って……とか、普通のヘッドライトよりコストが……などさまざまな課題があったのも事実。

それでも「スラッとしたノーズをつくれる」という理由もあって採用されていたが、技術の進化によりどんな形状のヘッドライトでも作れるようになると、デザイン的な有利性もなくなってしまったようだ。

とはいえ、今見ても初代「NSX」はリトラ仕様は格好いいし、コルベット「C2」の抑揚あるボンネットのラインは美しいと思う。つまり、やっぱりリトラはひとつの正義なのだ。

BMW初のスーパーカーといえる「M1」にもリトラが採用されていた。ミッドシップレイアウトで、デザインはジウジアーロがいたイタルデザイン。
NEXT PAGE /

“世界一”を継いだ不遇のスーパーカー

そんな美しいリトラ・スーパーカーのひとつに、初代BMW「E31(8シリーズ)」があると思う。同社初のスーパーカーである「M1」に似たフロントデザインを備え、「世界一美しいクーペ」と称された6シリーズの後継ラグジュアリークーペとして、1990年にデビューした。

「E31」は同社のモデルの中で1、2を争うほどキドニーグリルが小さい。

ロングノーズにショートデッキという、FRクーペの黄金律に則ったボディに、スーパーカー世代の心をくすぐる5LのV12エンジンを搭載。

当初は4ATが組み合わされたが(850i)、BMWのモータースポーツ部門を担うM社が開発した4.4LのV12に切り替わった際(850CSi)、6速MTが組み合わされ、同時に4L V8×5速ATモデル(840Ci)も加わるなどラインナップを増やしていった。

しかし、登場したわずか1年後の1991年に日本ではバブルが弾けはじめ、湾岸戦争も勃発。こうした厳しい市況の中で思うように販売が伸びず、結局21世紀を迎えることなく、1999年に生産を終了した。

初めて「E31」の8シリーズを設け、セダンの7シリーズと並ぶ2トップ体制を目論み、巨額の開発費を投入したものの、タイミングが悪すぎたのだ。

’99年の生産終了後8シリーズが約20年近くも封印されたのは、そのときのトラウマなのかもしれない(2018年に現行の8シリーズとして再デビューしている)。

ラグジュアリークーペ、とはいえそこは「駆け抜ける歓び」のBMW。スポーティな走りは当然大きな魅力だ。「850CSi」の最高出力は381ps、最大トルクは56.1kg-m。

当初は「M3」や「M5」のように、BMWの中でもハイパフォーマンスモデルである“M”を冠する「M8」構想もあったらしいが、8シリーズの販売不振などにより消滅したと言われる。

しかしM社は「850CSi」のエンジンだけでなく、足回りやエアロパーツにも手を加えている。だから「850CSi」は、実質「M8」といっても差し支えないのかもしれない。

V12エンジンを搭載し、リトラクタブル・ヘッドライトを備えた「E31」。不遇の時代に生まれ、BMWの20世紀最後を飾った、幻のスーパーカーなのだ。

「中古以上・旧車未満な車図鑑」とは……
“今”を手軽に楽しむのが中古。“昔”を慈しむのが旧車だとしたら、これらの車はちょうどその間。好景気に沸き、グローバル化もまだ先の1980〜’90年代、自動車メーカーは今よりもそれぞれの信念に邁進していた。その頃に作られた車は、今でも立派に使えて、しかも慈しみを覚える名車が数多くあるのだ。上に戻る

籠島康弘=文

※中古車平均価格は編集部調べ。

# 8シリーズ# BMW# スーパーカー
更に読み込む