2019.11.27
CAR
PR

楽しい走りを追求した、サーキット生まれの「メガーヌ R.S.トロフィー」

SUVにミニバン、ハッチバック。どれを選ぶにしても、ファミリーユースで“使える”ことは大前提。けれど車の魅力はそれだけじゃない。

ルノーから登場した「メガーヌ R.S. トロフィー」は、ただ“使える”だけのハッチバックではない。

ステアリングを操ると、アクセルを踏み込むと、一気にアドレナリンが湧き出すような走りの楽しさも、車を語るうえで外せないファクターだ。

ルノーから登場した「メガーヌ R.S. トロフィー」は、ただ“使える”だけのハッチバックではない。世界最速のDNAを受け継ぎ、どんな場所でも走る楽しさを我々に与えてくれる一台だ。

 

FF車最速を継ぐ、どんな道も“特別”にする走り

多くの人にとって、人生で世界最速マシンを愛車に持てるチャンスなんてそうはない。というか、ほとんどの人には無縁の話だった。今までは。

数千万円もするようなスーパーカーではなく、毎日の買い物に使えて、家族5人で旅行にも行けて、輸入車のSUVや国産ミニバンとあまり変わらぬ常識的なプライスだけど、世界最速の名を継ぐマシン。「メガーヌ R.S. トロフィー」はそんな車だ。

正確に記せば、このR.S. トロフィーをベースに、例えばリアシートを外すなどの軽量化が図られ、サーキットに特化した足回りにセットアップされたR.S. トロフィーRが世界最速を記録した(2019年4月5日、ニュルブルクリンク北コースにおいて、メガーヌ R.S. トロフィー Rが量産FF車最速となる7分40秒100をマーク)。いわば世界最速アタッカーだ。

R.S. トロフィーも、トロフィーRと同じ1.8Lターボエンジンの最高出力は300ps、最大トルクは420N・m(EDC[6速AT]車。6速MT車は400N・m)。1.8Lにも関わらず4Lエンジンなみの圧倒的なパワー&トルクを発揮するのもすごいが、ターボ技術はF1にも参戦するルノーの知見を活かし、足先のわずかな動きにもリニアに速度が反映される。

この胸のすくような加速感はクセになる。けれど世界の名だたるスポーツカーがこぞって挑むサーキット・ニュルブルクリンクの北コースは、強いハートを持っているだけで世界最速をたたき出せるほど甘くない。

メガーヌ R.S. トロフィーの詳細はこちら

NEXT PAGE /

R.S. トロフィーの最大の武器であり、ステアリングを握る者にとって魅力なのは“恐ろしく曲がる”ことだ。本来、メガーヌのようにエンジンをフロントに乗せて前輪を駆動させるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)車は、カーブを曲がる際に物理の法則にしたがい、スピードにのるほどに外へ膨らむ、いわゆるアンダーステアが発生する。

ところがこのR.S. トロフィーはアンダーステアとは無縁と言って過言ではない。というかコーナリング中にアクセルを踏み込んでも、まるで「そんな法則、ありましたっけ?」とばかりに、ただハンドルを切った方向へぐいぐいと引っ張られていくだけ。

「膨らむ!?」と思って身構えたのに、あっけなくキレイに、かつとんでもない速度で曲がれる。知らずに全身の神経や筋肉を張りつめていた自分が、間抜けに思えるほどだ。

それをかなえるのが「4コントロール」と呼ばれる、メガーヌ独自の技術。約60km/h未満(走行モードで「レース」を選ぶと約100km/h未満)では後輪が前輪とは反対、つまりハンドルを切った方向と反対の方向を向く。しかも4HCCと呼ばれるラリー由来のサスペンション技術や、トルクを精緻に配分するトルセンLSDなどが4つのタイヤを路面に吸いつかせる。だからボディの中心を軸としたコマのように、外に膨らむことなく思った通りの弧を描くのだ。

一方で高速道路など約60km/h以上(走行モードで「レース」を選ぶと約100km/h以上)になると、今度は前輪と後輪が同じ方向を向いて、まるで平行に瞬間移動したかのようにスムーズに車線を変更する。ここでもドライバーの意図した方向にグイグイと走っていく挙動は変わらない。

おかげで自分の腕が上がったような錯覚に陥る。何しろアクセルペダルを踏む足の微妙な力加減や、ステアリングを握る左右の腕のわずかな力の入れ具合の差に車が気持ち良く反応してくれるのだ。高速走行時でも嫌な汗ひとつかかずに走れるのだから、これまで単調に思えていた高速道路での長距離移動も、楽しむべき時間に変わるはずだ。

こうした前後輪の向きを操る四輪操舵を採用する車はほかにもあるが、後輪が向く角度やタイミングは、各車それぞれにノウハウがある。R.S. トロフィーの場合は、F1でも活躍するルノーが培ってきたモータースポーツ技術が活かされていることは言うまでもない。

メガーヌ R.S. トロフィーの詳細はこちら

NEXT PAGE /

徹頭徹尾、モータースポーツ生まれのデザイン

けれどもR.S. トロフィーは、そんな世界最速のための技術がギュッと詰まっているとはおくびにも出さないルックスをしている。ド派手なエアロパーツは皆無で、体脂肪率を5%以下までそぎ落としたアスリートのように、スタイリッシュ、でも頼りがいのある力強さを感じさせてくれるデザインだ。

しかし目を凝らせば、やはり世界最速とはこうした細部の積み重ねが欠かせないというべきか、モータースポーツ由来のさまざまなパーツが組み込まれていることに気づくはず。

例えばフロントグリルの下に伸びるエアインテークブレードや、リアディフューザーは空気抵抗に世界一うるさいF1マシン由来のデザインだ。また300ps/420N・mのパワーを余すことなく路面に伝える幅広のタイヤ(前後とも245/35R19)を収めるため、フェンダーのフロントは60mm、リアは45mm拡張されている。

19インチホイールのデザインはルノーのスポーツブランドの頂点を示すコンセプトカー「ルノー・スポール R.S. 01」からインスパイアされている。そこから覗く赤いブレーキキャリパーは車のパワーを受け止めるためのブレンボ社製。特に荷重のかかるフロントは、軽量で冷却性能も高いスリット入りの専用品が備わる。

ドアを開ければ、軽量かつドライバーの姿勢をしっかりと保持するレカロ社製フロントバケットシートがまず目に入る。

ステアリングホイールは、握る部分に手が吸い付くようなグリップ感のナパレザーが使用され、センターにレッドラインが入っているのでどれだけステアリングを回したかが瞬時にわかる。

けれど、すべてが過剰ではない。本当に優れた機能とは、デザインも美しいのだ。だから見た目はエレガントで、同乗するパートナーからは「オシャレなフランス製ハッチバック」にしか見えないだろう。

メガーヌ R.S. トロフィーの詳細はこちら

NEXT PAGE /

走行中も、5つの走行モードから「コンフォート」を選んでおけば、路面からの衝撃をいなしてくれる優しい走りに。パートナーが座り込むシートだって「新幹線の運転席にも採用されているほどのレカロ社のシートだから、腰痛予防にもいいかもね」などと説明すれば、その気遣いに納得してくれるはず。

家族で乗る際に唯一注意すべきは、コントロールパネルにある「R.S.DRIVE」のボタンを押させないこと。このボタンを押すだけで走行モードが「スポーツ」や「レース」に変わり、4HCCによって乗り心地が引き締まるだけでなく、エキゾーストからレーシングカーのような咆哮が轟いてしまう。

「メガーヌ R.S. トロフィー」

「メガーヌ R.S. トロフィー」車両本体価格:6速EDC(6速AT)499万円、6速MT489万円
サイズ:全長4410mm×全幅1875mm×全高1435mm、ホイールベース:2670mm、最小回転半径:5.2m、エンジン:直列4気筒ターボ、総排気量:1798cc、最高出力:221kW(300ps)/6000rpm、最大トルク:6速EDC(6速AT)_420N・m(42.8kg-m)/3200rpm、6速MT_400N・m(40.8kg-m)/3200rpm、タイヤ:前後とも245/35R19

高速道路でも街中でも、ひとりでも家族でも、いつでも走りを楽しめる「メガーヌ R.S. トロフィー」。この世界最速を継ぐマシンのハンドルを一度握れば、“ただのハッチバック”にはもう満足できなくなるのも、もうひとつの注意点かもしれない。

メガーヌ R.S. トロフィーの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
ルノー・コール
0120-676-365
9:00〜18:00(年中無休)
www.renault.jp/car_lineup/megane_rs/trophy/

 

岡部東京=写真 籠島康弘=文

# メガーヌ R.S. トロフィー# ルノー
更に読み込む