2019.11.25
CAR
PR

街でもアウトドアでも…オーバースペックなジープは常に男を魅了する存在だ

都会にあっても「ジープ ラングラー アンリミテッド ルビコン」のダイナミックな機能美は存分に映える。そこには一見無駄のように思えるオーバースペックという真価があり、男の憧れがあるのだ。そして、この車に備わるスペックをフルに満喫できるのが、休日に楽しむアウトドアでのひとときである。充分すぎるスペックの一端を、まずは1分間のムービーで。

 
男なら誰だってオーバースペックに憧れる。それこそ人間が到達できないような大深度対応のダイバーズウォッチや、南極基地でも使える極寒仕様のダウンコート、さらに超高画素のデジタル一眼レフやハイパワーのギターアンプなど枚挙に暇がない。そこには過剰ともいえるレベルに達したものだけが持つ本物感が漂い、プロが求める本格性能への憧れをかき立てるのだろう。

2018年にフルモデルチェンジしたラングラーにルビコンが登場。近年、EVや自動運転など、未来志向の技術革新が主流の中でも人気は根強く、オーバースペックの迫力に目を奪われる。ジープのラングラー アンリミテッド ルビコンはまさにそんな一台だ。

NEXT PAGE /

JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON
最強オフローダーを追求し、魅力をさらに熟成

最強のオフローダーとして2003年にルビコンは誕生し、4ドアロングボディはアンリミテッドと呼ばれる。最新モデルでは「ロックトラック フルタイム4×4システム」や「電子制御式フロントスウェイバー ディスコネクトシステム」の専用機構を搭載し、悪路走破性を極限まで高めた。

「ジープ」のラングラー アンリミテッド ルビコン
ボディサイズ:全長4870×全幅1895×全高1850mm
エンジン:V型6気筒DOHC
最高出力:284PS/6400rpm
最大トルク:35.4kg・m/4100rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
総排気量:3604cc 乗車定員:5名
価格:612万円[税込]

“「ジープ」ラングラー アンリミテッド ルビコン” の詳細はこちら

スタイリングは初代ジープのアイコニックなデザインを継承しつつ、80年近くにわたって培ってきたオフロード性能を注ぎ、進化を遂げた。

モデル名は、世界一苛酷といわれるアメリカのオフロード、ルビコン トレイルに由来する。これはジープのほかのどのモデルよりも、オフロード性能が高いことを表している。

目の当たりにするとまず堂々たる巨躯に圧倒される。だがスーパーカーのスタイリングが走りを極めた結果であるように、これもオフロードで必要な究極の形なのだろう。角張ったフォルム、フロントやオーバーフェンダーの張り出しもすべてに意味があり、見せかけではない。

TU2001ジープ
2001100_MTC_1334-Edit
ブラックとレッドのメーターパネルのコックピット。見渡しのいい着座ポジションに加え、窓枠は低く、路面状態を直接確認できる。
2001100_MTC_1313-Edit
ボディサイドの「TRAIL RATED」のバッジは、ルビコン トレイルでの厳しい検証試験に合格した証し。テスト項目は、オフロード走行に必須な渡河性能、トラクション、機動性、アーティキュレーション(接地性)、地上高と多岐にわたる。
2001100_MTC_1317-Edit
ルビコンのみに装備された「トゥルロック ディファレンシャル」。前後輪のディファレンシャルをロックすることが可能。左右両輪に同等のトルクがかかり、岩場の走行やスタックしたときに力を発揮する。まさに究極のオフロード性能だ。
2001100_MTC_1349-Edit
BFグッドリッチ製のマッドテレーンタイヤを標準装着。ぬかるんだ道でも、圧倒的なグリップ力を発揮する。タフな見た目も男心に刺さる!
2001100_MTC_1325-Edit
中央のモニターには、サスペンションのストロークや車体の傾きなどリアルタイムで表示するオフロードページのほか、iPhoneとリンクするApple CarPlayを搭載。
2001100_MTC_1334-Edit
2001100_MTC_1313-Edit
2001100_MTC_1317-Edit
2001100_MTC_1349-Edit
2001100_MTC_1325-Edit

車内に乗り込めば、整然と並んだメーターや周囲を見渡せる広い視界に“操縦席”といった印象を受ける。手を伸ばした先のシフターは、グローブを着用したままでも容易に操作できるよう極太。こうしたすべてにオーバースペックが伝わってくる。

NEXT PAGE /

オーバースペックが威力を発揮する非日常

都会にあってはオーバースペックでも、アウトドアではその威力をフルに発揮する。たとえばそれは、休日にキャンプに出かけるときなどである。

キャンプを楽しむ人にとってはギアのパッキングも醍醐味のひとつ。これだけ広さがあれば、荷物の詰め込み甲斐もあるだろう。

約900Lの荷物を積める広々としたラゲッジスペースは、テントやアウトドアチェア、シェルフコンテナなど、かさばるギアも余裕で収まる。できるだけ荷物はミニマムに……なんて言わず、お気に入りのギアを思う存分、搭載可能なのだ。

ダウンジャケット6万9000円/グッド オル×マーモット(ベースヤード トーキョー 原宿店 03-3486-5118)、パンツ2万1000円/ブリーフィング ALG(ブリーフィング 表参道ヒルズ店 03-6459-2448)、ブーツ2万2000円/ティンバーランド(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

数人の仲間とキャンプする際にも不足ない荷物をパッキングしても、ご覧のようにまだゆとりがある。改めてその懐の広さに惚れ惚れする。

車内には躯体となるバーが走っていて、そこにウェビングテープを張ればちょっとした荷物掛けになる。

ラゲッジスペースにはただギアを積むだけでなく、両端からウェビングテープを張ってもいい。ここに、カラビナを使ってランタンやコッヘルなどの調理器具、マイカップといったギアを吊るしていく。すると、見た目も楽しいばかりか、キャンプ場に到着後はすぐさま取り出せて便利なのだ。実用性とちょっとした遊び心をプラスできるのも、スペースに充分な広さがあるからこそ。

さらにリアシートを倒すことで、容量は最大で約2000Lにもなるというから驚きだ。

4ドアの実用性に加え、ルーフが3つに分解できる「フリーダムトップ 3ピース モジュラーハードトップ」も採用。

アウトドアシーンで役立つスペックとしては、最新モデルから採用となった「フリーダムトップ 3ピース モジュラーハードトップ」が挙げられる。後部座席のルーフを大胆に取り外せ、まるでオープンカーのような開放感を味わえるのだ。キャンプ場に向かうオフロード走行時には、爽快な気分とダイナミックな景色を楽しめるだろう。

“「ジープ」ラングラー アンリミテッド ルビコン” の詳細はこちら

NEXT PAGE /

男が共感する、オーバースペックが持つ魅力

確かに誰もがオフロード走行を日常的に楽しむわけではないし、このスペックをフルに引き出す機会は限られる。しかし、それでも魅了されるのはなぜか。それは、現代社会では常に効率と合理性が求められ、価値規準では、無駄は徹底的に省かれてしまうからだ。確かに効率を求めれば、多くのことが便利になり、快適にもなる。しかしそこには置き忘れられたものもあるに違いない。そして無駄にこそ文化が育まれ、従来とは異なる進化が生まれる。まさにその無駄のように思えるものがオーバースペックなのだ。

街を疾走するラングラー アンリミテッド ルビコンからは、そんな時代に抗う孤高の精神が漂う。そしていざというときには、どんな状況でも駆けつける勇気と優しさを併せ持つ。男はそんな存在でありたいと願う。だからこそ、この車を選ぶのである。

街でも使いたくなるオーバースペックなエトセトラ

1_「ヴェイランス」のブルゾン 2_「ブライトリング」の腕時計 3_「ブリーフィング アクティブライフスタイル ギア」のバッグ 4_「ソレル」×「オレンジ」のブーツ 5_「ロアーク リバイバル」のサングラス

オーバースペックなアイテムは、いずれもハードさを前面に強調するわけでなく、むしろ洗練されたスタイルは違和感なく身近で使えるものばかり。能ある鷹はツメを隠しながら、その凄みは内側から滲み出るのだ。そんな街でも使いたくなるオーバースペックなエトセトラを厳選ピック。

1_「ヴェイランス」のブルゾン
アウトドアブランド、アークテリクスのハイエンドライン。最先端の機能はそのままに、都会的なデザインに仕上げた。防風、防水、透湿性を備えるゴアテックスプロのスリーレイヤーと、中綿には水に強い独自素材、コアロフトを採用する。15万円/アークテリクス 03–6631–0833

2_「ブライトリング」の腕時計
1952年に誕生したナビタイマーは、航空計算機付きクロノグラフ。プロフェッショナルのツールを標榜するブランドの代表モデルであり、自社キャリバー01を搭載し、熟成を続ける。104万円/ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011

3_「ブリーフィング アクティブ ライフスタイル ギア」のバッグ
あのブリーフィングから、アクティブなライフシーンに向けて最適なギアを開発するニューライン「ALG(アクティブ ライフスタイル ギア)」が誕生。機能的なスタイルに撥水性と強度に優れたエックスパック生地を使用する。4万4000円/ブリーフィング 表参道ヒルズ店 03-6459-2448

4_「ソレル」×「オレンジ」のブーツ
ブーツの名門「ソレル」に関西のアウトドアセレクトショップの雄「オレンジ」が別注。氷点下32度まで耐えられる超寒冷地仕様だ。1万6000円/アウトドア ショップ オレンジ 0736-20-1329

5_「ロアーク リバイバル」のサングラス
アドベンチャーライフスタイルブランド「ロアーク リバイバル」とゴーグルで有名な「エレクトリック」のコラボレーションモデル。サイドからの光や埃を防ぐカバーを備え、レンズは100%UVカット&98%ブルーライトをカットする。5万円/ファイブ トウキョウ 03-6451-0456

 

[問い合わせ]
ジープフリーコール
0120-712-812
www.jeep-japan.com

 

西崎博哉(MOUSTACHE)、齋藤ジン=写真 佐々木基之=動画 平 健一=スタイリング AMANO=ヘアメイク 柴田 充=文

# JEEP# オーバースペック# ジープ# ラングラー アンリミテッド ルビコン
更に読み込む