冬遊びをアツくする「アウトドア服と車」。どう選ぶ? Vol.4
2019.12.08
CAR

キャンパーな男は「ジープ」のSUVでキャンプ場へ!

もうじき寒い冬がやってくる。こたつに入ってみかん! にも惹かれるけれど、アクティブな男は最新のアウトドアウェアに身を包んで冬ならではの外遊びを楽しむ。相棒はもちろんSUVだ!

CAMP STYLE × JEEP CHEROKEE

「ジープ チェロキー」日本でも馴染み深い存在のジープ チェロキー。サイズ的にも使いやすく、キャンプだけでなくさまざまなシチュエーションで活躍する。
「ジープ チェロキー」日本でも馴染み深い存在のジープ チェロキー。サイズ的にも使いやすく、キャンプだけでなくさまざまなシチュエーションで活躍する。ベースモデルのロンジチュード、高い悪路走破性を誇る写真のトレイルホークなど、3グレードをラインナップする。437万円〜。 ジャケット2万9000円/アウトドアリサーチ(エイアンドエフ 03-3209-7575)、フリース2万2000円/スノーピーク 0120-010-660、パンツ1万800円/グラミチ(インス 0120-90-0736)、ブーツ3万5000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、ダッフルバッグ2万8000円、バックパック5万8000円/ともにミステリーランチ、バックパックに挟んだ折りたたみチェア1万6800円/ヘリノックス、バックパックに挟んだクーラーボックス6000円/シアトルスポーツ、バックパックに挟んだブランケット4万5000円/ペンドルトン(すべてエイアンドエフ 03-3209-7575)

学生時代からキャンプに勤しんでいた写真の彼。大学3年のときに、初めて手に入れた車は、48万円で買った1988年式の2代目ジープ チェロキー(XJ)。古かったが、色褪せた赤の塗装は“いい味”と言えないこともなかったし、エンジンはタフにできていたから、大きなトラブルもなく一緒に日本中を旅してきた。

しかし、走行距離が30万kmを超えた今年の夏、ついに故障。直して乗ることも考えたけど、修理費の見積もりは3ケタ……。ショックを受けたが、ふらりと立ち寄ったジープのディーラーで運命の出会いを果たす。深紅のボディを纏ったKL型の5代目のジープ チェロキー。完全に舞い上がり、その場でハンコを押した。

新しい愛車は、乗り心地も柔らかくマイルドで、昔ながらの大らかなアメリカンSUVの魅力を備えている。昔は最小限の装備でサバイバルキャンプを楽しんだりもしたけど、今は最高の装備と食材で家と変わらない気分で過ごせるキャンプがいい。そんな大人の野遊びの相棒として、今の車は満点だ。

愛車とキャンプに行くときは、当然お洒落にも気を使う。昔はヒッピーみたいな原色に原色を重ねるようなファッションを楽しんだこともあったけど、今は悪目立ちしない自然と一体になれるような装いがいい。今秋のお買い物で最も気に入っているのが、アメリカ・シアトル発のアウトドアリサーチのシェルアウター。インナーはスノーピークのフリースで、足元は大人気のホカ オネオネのブーツ。コヨーテカラーで揃えるのが今の気分なのだ。

NEXT PAGE /

キャンパーなキミへこんなギアと車でキャンプ場へGO!

「サバティカル」のテント
3万9800円/エイアンドエフ 03-3209-7575

「サバティカル」のテント
“地球の道具”をコンセプトにしたブランド、サバティカルのシェルター「モーニンググローリー TC」。3本のポールによる大型のフロントパネルは、出入りがしやすく、開放感が抜群! これがあれば、野外がリビングに変身するのだ。

 

「ナンガ」のシェラフ
5万8000円/ナンガ 0749-55-1016

「ナンガ」のシェラフ
フラッグシップモデルである「UDD バッグ 810DX」は、表地ではなく羽毛自体に超撥水加工を施した770フィルパワーの高機能ダウンを採用し、ダウンの弱点である水濡れを克服。水に強い化繊の寝袋と比べても、圧倒的に軽くて暖かい。

 

「スノーピーク」のミトン
3800円/スノーピーク 0120-010-660

「スノーピーク」のミトン
料理にも焚火にも使えるキャンパーズミトンは、料理好きの男には欠かせないアイテム。開口部が斜めになっているので、着け外しもスムーズ。人指し指が独立しているので、ものを掴みやすい。

 

「ヘリノックス」のサイドストレージ
7500円/エイアンドエフ 03-3209-7575

「ヘリノックス」のサイドストレージ
ヘリノックスのテーブルサイドストレージは、同ブランドのテーブルやチェア、コットに装着して使用する。見た目的にもカッコいいし、食器やフォークなどを収納できる便利なアイテムなのだ。

 

「サンゾクマウンテン」の焚き火台
4万5833円[税込]/ナイスタイム マウンテン ギャラリー 03-6809-0109

「サンゾクマウンテン」の焚き火台
心地いいキャンプと焚き火を楽しむためのギアを提案しているガレージブランド、サンゾクマウンテン。耐久性に優れた黒皮鉄の焚き火台は、焚き火がアートに変わる逸品。車で持ち込めば、重さも気にならない。

NEXT PAGE /
「ジープ」のラングラー
555万円〜

「ジープ」のラングラー
都会でもキャンプサイトでも大人気のジープ ラングラー。3ピースのモジュラーハードトップを脱着すれば、オープンカー以上の開放感が味わえる。2.0L 4気筒ターボエンジンを搭載したモデルは、燃費も大幅に向上している。

 

「トヨタ」のランドクルーザー
482万6800円~

「トヨタ」のランドクルーザー
60年以上もの間、世界中で支持され続けているトヨタ ランドクルーザー。その威風堂々とした雰囲気と圧倒的な悪路走破性の高さは、大人のキャンパーにこそ相応しい。歴代モデルの中古も人気だが、新車を買って長く乗るのも賢い選択だ。

 

山本雄生、遠藤優貴=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物・取材) 志賀シュンスケ=写真(取材) 平 健一、葛西信博=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)、小林雄美=ヘアメイク 増田海治郎、荻山 尚、増山直樹、iconic=文

# キャンプ# ジープ チェロキー#
更に読み込む