2019.02.04
CAR
PR

海の休日を遊び尽くす。フランス生まれのルノー メガーヌ GTで早春の房総半島へ

海や空の色にも似たブルー アイロン M カラーのフランス車「ルノー メガーヌ GT」

仕事上手は休み上手。週末、例えば土曜日はゆっくり過ごして体力をチャージ。でも日曜日はちょっとだけ早起きしてデイトリップに出かけてみないか。

行き先は、春到来も間近な房総半島。灰色のビル街を飛び出して、東京湾アクアラインを抜ければ、その先には心も体も開放してくれる一面の青い海原と大きな空が広がる。相棒は、そんな海や空の色にも似たブルー アイロン M カラーのフランス車「ルノー メガーヌ GT」。今日は釣り道具も持ってきたし、さあ、もうちょっと先の港まで走らせてみようか。

走りをエンタテインメントに変える
ラリー仕込みのパフォーマンス

ラリー仕込みのパフォーマンス「ルノー メガーヌ GT」
海沿いのワインディングを、思ったとおりのライン取りで駆け抜ける感覚は爽快そのもの。「コンフォート」「ニュートラル」「スポーツ」「パーソナル」の4種類の走行モードの中から、迷わず「スポーツ」を選択。さらにマニュアルモードを選び、パドルシフトでよりダイレクトなエンジンフィールを堪能する。

クルマを単なる移動手段と考える人もいるが、まあ、そんな人はそもそも「ルノー メガーヌ GT」を選ばないだろう。なぜか? それは乗ってみればすぐにわかるが、運転していてドキドキするほど楽しいし、存在自体が感性を刺激してくれるからだ。つまり、乗ること自体がスポーツであり、エンタテインメントであり、クリエイティビティの表明であるというのが、仕事と同じように遊びも大切にするオーシャンズ世代にルノー乗りが少なくないことの理由だろう。

シーズンオフで空いている道を心地よく走り抜けていく「ルノー メガーヌ GT」
南房総の岬で小休止。強い南風に白波が立つが、春の到来を予感させるうららかな陽射しもあり、気持ちが晴れる。

車好きの読者には釈迦に説法となってしまうが、ルノーというブランド自体、1898年のフランスでの創業以来、レースでその走りを磨いてきた背景がある。開発者のルイ・ルノーと、その兄で共同経営者だったマルセル・ルノー自らが、公道レースで数々の栄光を掴んできたのだ。

そんなことを思い出しながら、積極的にエンジンを回し、まだシーズンオフで空いている道を心地良く走り抜けていく。

「ルノー メガーヌ GT」のトランクから荷物を出して朝のコーヒーブレイクと洒落込む
見晴らしのいい岬の突端で、トランクから荷物を出して朝のコーヒーブレイクと洒落込む。潮風の香りの中で飲む温かなコーヒーは、何よりの贅沢だ。

「遊びの道具箱」としての
実用性も備えた、理想の相棒

「遊びの道具箱」としての 実用性も備えた、理想の相棒「ルノー メガーヌ GT」
房総フラワーラインを東へ走らせる。道沿いには春を呼ぶ菜の花が満開に咲いていて、心を和ませてくれる。

コーヒーブレイクのあと、まだ午前中のうちにやってきたのは南房総のとある小さな港。予定にはない場所だったが、時合もいいし、ちょっと竿を出してみようか。明るい陽射しに水面がキラキラと反射して、とても美しい。

renault
g_renault7
南房総の漁港で、様子見がてらタックルを準備する。ハッチバックながら、後席を倒せば長いロッドもかさばるギアもぽんぽん放り込めるから、日常の足としては無論、遊び車としても実用性十分。
g_renault8
g_renault9
g_renault10
g_renault7
g_renault8
g_renault9
g_renault10

都内から同じ100km圏内だと、ちょうど伊豆の湯河原から熱海辺りという選択肢もあるが、ゴールデンウィークくらいまでの房総半島はとにかく空いていていい。道中は、胸のすくような快適なクルージングのための高速道路があり、のどかな景色が目を楽しませてくれる田舎道があり、ワインディングが胸を高まらせてくれる山道があり、思わず窓を開けて走りたくなる爽快な海沿いの道がある。

そんなバリエーション豊かな路面を常にしっかりと捉え、イメージどおりのコーナリングを叶えてくれるのが、ルノーの「4コントロール」テクノロジーだ。これは、普通はステアリングを切ると前輪だけが動くところを、走行速度に合わせて後輪も含めた4輪を操舵するシステムにより、低速走行時にはより小回りの効く取り回しを、また高速走行時にはより安定したスポーツドライビングを可能にしてくれるという画期的なものだ。

イメージどおりのコーナリングを叶えてくれる「ルノー メガーヌ GT」の「4コントロール」テクノロジー

だが、その乗り心地を単に「ラク」と言ってしまっては大いに語弊がある。ルノーの本国フランスでは、「ラク=つまらない」という発想があり、いまだに「あえて」マニュアル車を好むドライバーも少なくない。

そうした文化的背景もあり、公道レースであるラリーからのフィードバックを存分に取り入れた「ルノー メガーヌ GT」でも、4輪操舵システムは無論、高性能エンジンとトランスミッションによるパワフルな動力性能を受け止める堅牢なシャシーも、あらゆる要素が走りを積極的に楽しむために考えられているのだと思えば、ドライブが楽しくないはずがない。しかも人が5人乗れて、荷物もちゃんと積めるというのが、フレンチ・ハッチバックの伝統。走りと実用性、さらに見た目にも乗り心地的にも洗練された美意識を感じさせてくれる車は、実はそうそうない。

青い空と青い海を鮮やかに映し出す、「ルノー メガーヌ GT」のブルー アイロン Mカラー
青い空と青い海を鮮やかに映し出す、「ルノー メガーヌ GT」のブルー アイロン Mカラー。ルアーを結んだら、いざ突端のポイントへ。
「ルノー メガーヌ GT」の7速DCTを介して回す1.6L直噴ターボエンジンは吹け上がりもスムーズ
魚のアタリがなかったので、車に乗り込み本命のポイントへ。今度は東房総へ向かって峠道を駆る。7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を介して回す1.6L直噴ターボエンジン(205ps)は吹け上がりもスムーズで、ついつい次のカーブを楽しみに待ち構えてしまう。

まっすぐな高速道路でただアクセルを踏むだけと違い、房総半島の海あり山ありの道を積極的にパドルシフトも駆使して走らせるドライブはそれ自体がスポーツであり、ちょっとした冒険気分も味わせてくれる。複雑に入り組んだリアス式海岸沿いの道を進み、岩山をくり抜いただけの野趣溢れるトンネルへ。目指す場所はもうすぐだ。

renault2
g_renault14
車1台がようやく通れるくらいの細いトンネルを、そろりそろりと奥へと進む。鼻腔をくすぐるのは潮の香り。目指す場所はもう目前だ。
g_renault15
久しぶりにやってきたお気に入りの漁港。さて、シーズンにはまだ早いが青物の回遊はあるだろうか?
2g_renault13
ベイト(餌となる小魚)の気配はなかったにもかかわらず、美しいイナダがヒット。この1匹を拝めただけでも、来た甲斐があったというもの。記念撮影のあと、すぐにリリースする。
g_renault14
g_renault15
2g_renault13

狙いどおりの魚が釣れたら、急におなかがすいてきた。海沿いのカフェで遅めのランチを食べたら、道路が混み出す前に帰ろうか。そして、また来よう――走りも実用性も美意識も、すべてにこだわりたい僕らのワガママを叶えてくれる、この車に乗って。

走りも実用性も美意識も、すべてにこだわりたい僕らのワガママを叶えてくれる「ルノー メガーヌ GT」
「ルノー メガーヌ GT-Line」 269万円~/ルノー(ルノー・コール 0120-676-365)

【問い合わせ】
ルノー・コール
0120-676-365
www.renault.jp/car_lineup/megane/index.html

三浦孝明=写真 大野重和(lefthands)=文

# クルマ# メガーヌ# ルノー
更に読み込む