2018.08.10
CAR
PR

大人を本気にさせるレジャーを求めて。〜ブッシュクラフト〜


バーベキューにキャンプ、グランピングとさまざまなアクティビティがあるなかで、外遊び好きの大人たちから注目を集めているのが「ブッシュクラフト」だ。ナイフと最低限の装備だけを携え、自然を遊ぶこのアクティビティは、都市生活では味わうことのできない、特別な時間を過ごすことができるという。

今回、そんなワクワクする世界へ我々を導いてくれるのは、ブッシュクラフトのプロフェッショナルたち。本来、ブッシュクラフトは1人で行うことが多いレジャーだが、特別に4人のスペシャルチームを結成。彼らと一緒に、大人が本気で遊ぶことの楽しさを体験してみよう。

こちらが今回のチームリーダー、川口拓さん

チームリーダーはブッシュクラフトスクール「WILD AND NATIVE」(ワイルドアンドネイティブ)代表の川口拓さん。そして同行するのは、「取材慣れはしてないけど腕は超一流」と笑いながら川口さんが紹介してくれたブッシュクラフトのプロである3人の仲間たちだ。

フォルクスワーゲンのゴルフ オールトラックへ積み込みを開始。大袈裟な荷物は必要のないブッシュクラフトとはいえ、大人4人分のギアとなるとそこそこの積載量が必要だ。しかし、メンバーが「あと2人分くらい入りそう」と言うほどに、ラゲージルームはまだまだ余裕。窮屈な思いをすることのない、快適なドライブからレジャーの旅が始まった。

車内が盛り上がるなか、4人を乗せたゴルフ オールトラックは、今回の目的地「JBSブッシュクラフトフィールド」へと近づいていく。

フィールドに着いたところで、まずは拠点を決めるために森の中へと入り込む4人のブッシュクラフターたち。だが、そもそも“ブッシュクラフト”とは、どのようなものなのだろうか。

「定義は諸説あるのですが、簡単に言うとサバイバル術を取り入れたキャンプです。マッチを使わずに火を起こしたり、最低限のギアを使ってシェルターを作って寝床にしたり。本来軍隊などで取り入れられるサバイバルの技術って、おもしろい要素がすごくたくさんある。サバイバル術の楽しい要素を抽出して、趣味として楽しむ。それが俺たちが考えるスタイルです」。

そう語る川口さんの表情はじつに生き生きとしている。「もちろんさまざまな危険もあります。確かな知識と技術がなければ、ときには命にかかわることも。そうしたリスクを避ける術を学び、駆使する。限られた道具なので作業効率は悪く時間もかかるのですが、自分たちだけの空間を作り上げていくのがまた楽しいんですよ。苦労を楽しむってやつです」とも。まさに大人が自然を遊びつくすレジャーなのだ。

NEXT PAGE /

たった1本のナイフから生み出されていく“道具”たち

自然を汚さず傷つけず、落ちている枝や枯れ木だけを集め、テキパキと拠点を作っていく。ただ工作を楽しんでいるような彼らだが、「乾燥している立ち木は薪になるんですよ」「虫よけ効果のあるヨモギはベッドに敷くといい」「アカツメクサって美味いんですよ、炒めても米に混ぜて炊いても絶品」と、自然の中で遊ぶための知恵を駆使している。知っているからこそ、より楽しい。ストイックな作業が続くが、常に笑顔が絶えない。

ほどなくして拠点が完成し、のんびりリラックスした時間が流れ始める。ひと息ついたところで、川口さんからブッシュクラフトの魅力について話をうかがった。

「ブッシュクラフトを始めたキッカケは、恥ずかしながら映画の『ランボー』に憧れてまして(笑)。最初はサバイバル術に特化した教室のようなところへ学びに行っていたんです。ですが、自分がそうした技術を会得して人に教える立場になったときに、もっとみんなが楽しみながら学べるようになればと思い、ブッシュクラフターとしての活動を始めました」。

ブッシュクラフトとサバイバルには共通点が多くあり、必要な要素は、シェルターと水と火と食の4要素。それぞれの道具を自然の中に持ち込むのではなく、自然の中にあるもので道具からつくり出すのが醍醐味だ。なかでも大切な存在として「火」についてこう語る。

「焚き火のないブッシュクラフトはありえない。ただ、自然のなかにあるもので火を起こすのって、意外と大変なんです。だから、時間と手間をかけてやっと点いた火を目にすると、大人でもきっと感動するはずですよ。そうして起こした焚き火で調理をしたり、暖を取ったりする時間というのは、はたから見たら何でもない風景だけど、自分にとってはとても有意義になる。まさに大人だから楽しめる、贅沢な時間にもつながると思います」。

地面に穴を堀って作った自然の焚き火台を前に、おもむろに川口さんが火を起こし始めた。そこで使うのは木の枝と、植物の蔓のみ。「シャッ、シャッ」というリズミカルな音を立てながら“弓”を動かすと、徐々にくすぶった火の匂いがし始める。

出来上がった小さな種火を、枯れ草のなかにやさしく落とす。息を吹きかけて酸素を送り徐々に火を大きくしたところで、はじめて薪に火を移すことができる。手間ひまかけて起こした火は、市販の薪と着火剤で行う焚き火とは異なり、大きなありがたみを感じさせてくれる。

NEXT PAGE /

「失敗もまた楽しみ」な夕食

みんなの顔を明るく照らす焚き火を使い、食事の準備を開始。そこには調理道具やカトラリー類は一切なく、あるのは米を炊く飯ごうとナイフ1本のみ。枝で作った串に肉を刺し、笹で作った網に乗せて遠火でじっくりと炙る。もう一方の肉は焼いた石に乗せて焼き、食べ比べる。

「これはたまらない味だね」「石焼きの方が美味しい」など思わずついた言葉とともに、自然と頰がほころぶ。通常のキャンプよりひと手間もふた手間もかかった料理は、失敗もまた楽しみとなる。口に入れるまで味の予想のつかないワクワク感は、通常のキャンプ料理では味わうことのできない、新しい体験だ。


翌朝、深緑の中にある拠点を覗くと、焚き火でコーヒーを淹れながら楽しげに話す彼らの声が聞こえてきた。「あのハンモック、快適で熟睡できたよ」「マットなしでシートだけだったけど、結構快適だった」。それぞれの作品の出来栄えを確かめるように、拠点の居心地を評価しあっていたようだ。

一夜を過ごしたフィールドを去るため、後片付けを始めた4人。その行為もまたブッシュクラフトならでは。地面を掘って作った焚き火台を元通りにし、消火した炭は砕いて肥料として自然へと還す。これもまた、大人がすべき自然を相手にしたレジャーの姿だろう。

NEXT PAGE /

TABLE TALK:after BUSHCRAFT
「大人が本気になるということ。」

自然の中のレジャーを楽しんだメンバーは、フォルクスワーゲンが今回のために用意した“おもてなしの宴”でテーブルトーク。川口さんに、今回のブッシュクラフトの感想を聞いた。

―今回の企画でブッシュクラフトをプロ仲間とやってみてどうでしたか?

「みんな少し前までは自分の生徒だったんです。そこから数年かけてブッシュクラフトのインストラクターになったわけですが、今では個々の色も出てきたと思う。だからこうして4人でまとまると、どんなかたちの活動になるんだろうと楽しみにしていました。実際やってみると、みんな頼もしかったですね、僕がなにか作ろうとしても誰かが作ってくれるし、俺の仕事なくなっちゃったなって(笑)。」

―「道具」にこだわるブッシュクラフトのプロとして、「ゴルフ オールトラック」に乗ってみてどうでしたか?

「とにかく運転していて楽しいクルマでした。走りがとても安定しているので、安心してドライブすることもできましたし、ロングドライブでも疲れにくい。おかげで車内の会話を楽しむ余裕もできました。それに、アウトドアフィールドにも強いとは聞いていたのですが、悪路でもほかの路面と変わらないほどの安定した走りには、驚きました。」

―最後に、大人が“遊ぶ”ということの意味について、川口さんなりの考えを教えてください。

「ブッシュクラフトのように、大人が何かに本気になったり、熱中したりする時間って、あまりない機会なんですよね。でも実際にやってみれば火の暖かさ、灯り、食といった、当たり前のことのありがたみを再確認するはずです。そこには同時に責任や技術、知識が求められる。だから、遊びには学びが欠かせない。大人が外で、自然の中で思い切り遊ぶ時間は、そうした気付きの機会なんじゃないかな。」

「俺、今、いいこと言ったでしょ(笑)」。川口さんのはにかんだ笑顔とともに、大人たちの楽しい宴は続いていく。


取材・文=中澤範龍(EditReal)


Volkswagen Golf Alltrack TSI 4MOTION|フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック
ボディサイズ|全長 4,585 × 全幅 1,800 × 全高 1,510 mm
ホイールベース|2,635 mm
トレッド前/後|1,545 / 1,515 mm
最低地上高|165 mm
車両重量|1,540 kg
エンジン|1,798cc 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バブル)
最高出力|132 kW(180 ps)/4,500-6,200 rpm
最大トルク|280 Nm(28.6 kgm)/1,350-4,500 rpm
トランスミッション|6段DSG
駆動方式|4WD
サスペンション前|マクファーソンストラット(スタビライザー付)
サスペンション後|4リンク(スタビライザー付)
ブレーキ|ベンチレーテッドディスク
JC08モード燃費|13.5 km/L
定員|5人
最小回転半径|5.2メートル
価格(税込)|365.9万円~ フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラックの詳細

[問合せ先]
フォルクスワーゲン カスタマーセンター
電話番号:0120-993-199
www.volkswagen.co.jp/ja/models/golfalltrack.html

# オーシャンズとレジャー# ゴルフ オールトラック# フォルクスワーゲン# ブッシュクラフト
更に読み込む