2018.04.26
CAR

決め手が難しいワゴン選び。フォルクスワーゲンがそこに差した一筋の光明は

巷ではSUVが空前の人気だけれど、ワゴンだって負けず劣らずの高支持を獲得中。難解なのはどれを選ぶかだ。

運転性能か、デザインか、大人数を受け止める懐の深さか。選びに迷う要因は多々ある。その最適解が、フォルクスワーゲンの新型にあった!


「フォルクスワーゲン」の“パサート ヴァリアント”

単なるグレード追加と侮るなかれ。「フォルクスワーゲン」の旗艦ワゴン“パサート ヴァリアント(442万9000円〜)”に、2Lクリーンディーゼルが登場。

人気の高いワゴンボディに、満を持しての解禁となったTDI(フォルクスワーゲンのターボディーゼルエンジンの総称)。「ヴァリアント×TDI」推しの理由をストレートに伝えよう。

①トルクフルな加速でストレスなし。
②滑らかな走りと高い静粛性で長距離もラクラク。
③クリーンディーゼルだから環境的にも◎。
④最大1780Lの大容量ラゲージルーム。
⑤押し出しの強すぎないアノニマスな見た目。

以上、まさに過不足なしの、我々にとって等身大の1台ではないだろうか。


旨味たっぷりのフォルクスワーゲンのワゴン。なかは広々で足回りもスムーズ。しかも環境にだって優しいこちらのモデルは、絶大な人気を誇るSUVの対抗馬になりえるかもしれない。


中村利和(BOIL)=写真 松本有記ースタイリング

# クルマ# フォルクスワーゲン# ワゴン
更に読み込む