大人の男のための、自分史上最高デニム Vol.54
2018.04.01
CAR

今フランス車に乗るならどのモデル? 気になるメーカー売り上げトップ3

今、フランス車のセールスが絶好調。2017年度の輸入車の新車販売台数でいえば、前年比の伸び率はトップを記録している。確かに、ドイツ、アメリカ、日本と並ぶ自動車大国ではある。とはいえ、好事家の車、珍車などと片付けられることも少なくなかった。なのになぜ? その疑問を解決すべく、前後編で全方位的に魅力を紐解いていく。後編では、世界的にも知られるフランス車メーカーの売り上げトップ3を見ていく。

>前編、フランス車の歴史はこちら

 

知っておきたい! 各ブランドの売り上げTOP3を聞いてみました

フランスを代表するクルマメーカーといえば、プジョー、シトロエン、ルノー、DSオートモビルズの4つ。気になるのは各社の現在の人気銘柄だろう。そこで、2017年度好調だったモデルを紹介しながら、改めてフランス車の“今”を確認しておきたい。

 

【プジョー】
輸入車がお初な人にも最適なブランド

キッチングッズのペッパーミルでも有名な、ライオンをシンボルにしたプジョー。1882年創業と歴史は古く、小型車だけでなく高級車など、多くの名車を生み出してきた。

昔からソフトな乗り味と愛らしい見た目が人気のヒミツで、今回のトップ3もそこは共通している。性能に対しコストパフォーマンスも高く、ほかのフランス車よりも親しみやすいためか、初めての輸入車、初めてのフランス車を買う人に選ばれることも多い。

1位:308

プジョー308

日本でも高い人気を誇った306シリーズの後継。全長は約4.3mで大人5人が無理なく乗れるサイズのハッチバックモデル。シートの出来の良さなどプジョーの神髄が堪能できる。279万9000円〜。

2位:208

プジョー208

現在、プジョーのラインナップで最もコンパクトなモデル。実用性ではやや308に劣るものの、軽さを活かした走りを楽しみたいならコチラを。“ネコ足”と呼ばれる独特の乗り味も魅力。199万円〜。

3位:2008

プジョー2008

208をベースに造られたクロスオーバーモデル。全長は4160mmとほぼ同じながら、208の弱点であった積載量を克服。走りは軽快かつ、ラリーの経験から生まれた技術で悪路走破性も高い。263万円〜。

NEXT PAGE /

【シトロエン】
個性を追求したい人なら迷わずこちら

現在、プジョーと同じグループとなるシトロエン。創業は1919年で、常にほかのブランドとはまったく異なるデザインやメカニズムなどを採用し、世界を驚かせてきた。

かつては油圧を使った世界唯一のハイドロシステムを採用したモデルなどを販売。昔に比べると性能面で尖ったモデルは少なくなったが、デザインはやはり個性的で、そのあたりが支持されている要因だろう。

1位:C3

シトロエンC3

2016年に発売され、好調なセールスを記録しているコンパクトハッチバックは今、最もユニークなデザインといえるだろう。ツートーンのカラーコーディネイトが選べたり、サイドのエアバンプなど、さまざまな個性を纏ったデザインが人気の理由。216万円〜。

2位:C4ピカソ/グランドC4ピカソ

シトロエンのC4ピカソ/グランドC4ピカソ

5人乗りがC4ピカソ、7人乗りがグランドC4ピカソとなる5ドアミニバン。シトロエンの手にかかればミニバンもこのとおり、センスの良さが漂う味のあるファミリーカーに。そのルックスでファンの心を掴んだ。347万円〜。

3位:C4

シトロエンC4

世界ラリー選手権に参加する車両のベースとしても使われているハッチバック。ほかのラインナップに比べると、意外!? と思われるほどにややおとなしい見た目だが、クルマとしての実力の高さを評価されてランクイン。279万円〜。

NEXT PAGE /

【ルノー】
走行性能の優秀さで高い評価を獲得

創業は1898年。日産自動車を子会社とし、ほかにもルノーサムスンなどグループ内のすべての企業を合わせると自動車企業としては、世界最大規模となる。

フランス車のなかで最もまじめ、そして王道のクルマ造りをしているルノー。個性がほかのブランドより薄いが、走行性能の高さは間違いなくフランス車No.1。世界屈指のスポーツ性能を求める人が好んで選んでいるブランドである。ルノーらしさを味わうならやはりメガーヌが鉄板か!?

1位:トゥインゴ

ルノーのトゥインゴ

RRの稀少なレイアウトを採用し、走る楽しさが満載のクルマ。扱いやすいサイズ感とキビキビとした走りで乗用車としての完成度が高く、1人か2人乗車がメインであれば、お買い得感は非常に高い。171万円〜。

2位:カングー

ルノーのカングー

さまざまな用途に使える広い荷室を備えているため、アクティブ派の頼もしい相棒として世界で活躍。走行性能も優秀で、輸入車のミニバンは選択肢が少なく、家族の足としても人気を集めている。247万円〜。

3位:メガーヌ

ルノーのメガーヌ

ルノーらしさを凝縮した実力車。職人技ともいえるサスペンションのセッティング能力の高さがルノーの武器だが、それを色濃く感じさせる高い走行性能が与えられている。スポーツ走行などを楽しむ、ツウ好みの1台だ。263万円〜。

NEXT PAGE /

【DSオートモビルズ】
上質なフランス車の筆頭!

もともとはシトロエンの中のひとつのシリーズだったが、2015年にブランドとして独立。シトロエンをより個性的にした内外装のデザインを大きな特徴としている。

シトロエンの濃い部分をより強調したシリーズとしてスタートしているため、フラン車のなかでも存在感は異質。モデル数こそ少ないものの、DS3を中心に売り上げを伸ばした要因もその異端っぷりにある。特に高級感のあるインテリアは、ほかのフランス車とは大きく異なる点だ。

1位:DS 3

DSオートモビルズDS3

ハッチバックとカブリオレをラインナップする2ドアモデル。ボディとルーフを別々の色にするなど、個性的なデザインを随所に採用し、独自路線を突き進む。高級な仕立てのインテリアも特徴的。259万円〜。

2位:DS 4

DSオートモビルズDS4

シトロエンのC4をベースとしたモデル。リアドアのウインドーが開閉できない不思議な特徴を持つが、見た目以上の広々空間で居住性が高く、内外装もラグジュアリー。ラゲッジルームも広くて使いやすく、普段使いに◎。293万円〜。

3位:DS 5

DSオートモビルズDS5

今は生産中止となっているシトロエン C5ベースのモデルで、ハッチバックというよりシューティングブレークに近い美しいデザイン。DSのフラッグシップとなるだけにパワー、質感などすべてが別格。409万円〜。

 

今回紹介したモデルは、今、フランス車の最先端を行く者たち。そのどれもが、フランス車の伝統、機能、個性を凝縮した、魅力的なクルマばかりである。ぜひとも参考にされたし!

# クルマ# プジョー# フランス車# ルノー#
更に読み込む