https://oceans.tokyo.jp/car/2017-1023-1/

アルファロメオの本懐と挑戦をこの2台に見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ新生「アルファ ロメオ」が本格始動する。こちらの2台はその象徴ともいえるだろう。同社の本懐がヒシヒシと感じられるラグジュアリーサルーン=“GIULIA”、そして、新たな挑戦のアイコンとして期待を集めるSUV=“STELVIO”に注目である。


「アルファ ロメオ」の“ジュリア”

好事家たちに愛された往年の名車が40年ぶりに復活した。その名もイタリアの令嬢、“ジュリア”である。

4ドアセダンの新型は「BMW 3シリーズ」や「メルセデス Cクラス」といった最多販売車をライバルに、446万〜1132万円という戦略的な価格設定。心臓部は2ℓ4気筒と、2.9ℓ V6。いずれも過給機と8速ATとの組み合わせだ。色気のあるルックスと盾型グリル、吹け上がりのいい官能的エンジンの復活。これこそがアルファの本懐と呼べるのだ。


「アルファ ロメオ」の“ステルヴィオ”

40年振りに復活した注目作をよそに、早くも同社から次なる挑戦が発表された。それがブランド初のSUV“ステルヴィオ”である。こちらは、来年にも発売を予定しているという。


「アルファ ロメオ」の本気がうかがえる2台。“ステルヴィオ”はただただそのリリースを待つしかないのだが、本懐と挑戦、どちらもあっぱれだ。しかし、僕ら世代としてはやはりSUVが気になるかな〜…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
SMLで用意。SUVのサイジング問題に名解答は出せるのか?
2017.10.04
アンダー300万円!お小遣いで買う、オープンカーという名の究極玩具4選
2017.01.23
リクエスト別にご提案!アツい“心臓”を持つクルマ10選
2017.06.13
伝統のスポーツカーからSUVまで! タイプ別ポルシェのススメ
2017.02.08
2017年11月号特集
ワントーンコーデを格上げする秘訣は”リブ”にあった!
2018.01.17
ワイドパンツに苦手あり? なら試したい、こんなシルエット!
2018.01.17
大人のダークトーンは優しいニュアンス。フレンチブランドをサラリ
2018.01.17
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
茶のスエードブルゾンを、バランスよくまとめたお手本コーデ
2018.01.16
カジュアルに見えがちなアイテムこそ、清潔感に気を遣う
2018.01.16
シンプルなブルゾンも、ボトムスのシルエットで個性的な仕上がりに
2018.01.16
いつものブルゾンを”ボトムス遊び”で旬なイメージに。
2018.01.16
MA-1×オーバーサイズデニムが醸し出す、裏原のニュアンス
2018.01.16
機能性に溢れたモッズコートはオンもオフもキマる。
2018.01.12
クールなスポーツミックスが目を引く、親子スタイル
2018.01.12