OCEANS

SHARE

2022.11.24

からだ

白髪は“黒いシャンプー”で治せるってホント? 毛髪診断士に聞く、最新の「白髪ケア事情」

©️OlafSpeier/iStock

©️OlafSpeier/iStock


ふと鏡を見ると、きらりと輝く一筋の髪の毛。加齢とともに存在感を増してくるのが白髪だ。

白髪の有無で若々しさは変わってくる。抜くのか、染めるのか、そもそも予防することはできないのか。白髪のメカニズムや最新事情を毛髪診断士の伊熊奈美さんに聞いた。

話を聞いたのはこの人!伊熊奈美●毛髪診断士認定指導講師。美容エディター、ライターとして『朝日新聞 土曜版』や『美的GRAND web』などで連載。主な著書に『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)、『脱白髪染めのはじめかた〜でもいきなりグレイヘアは無理!』(グラフィック社)など。

伊熊奈美●毛髪診断士®️認定指導講師。美容エディター、ライターとして『朝日新聞 土曜版』や『LEE web』『美的GRAND web』などで連載。主な著書に『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)、『脱白髪染めのはじめかた〜でもいきなりグレイヘアは無理!』(グラフィック社)など。

「ストレスが多いと白髪になる」はホント

©️makotomo/iStock

©️makotomo/iStock


――年々、白髪が増えてきていると感じます。何歳ぐらいから白髪は出るものですか?

平均的に35歳で2人に1人が白髪が出ると言われています。

――なぜ歳をとるとともに白髪が増えるのでしょう?

まず髪の毛は、もともとは白いものなんです。メラニンという言葉を聞いたことがあると思います。メラノサイトという工場で作られる色素で、日焼けして肌が黒くなるのも、このメラニンが理由です。

同じように髪が黒いのは、このメラニンのおかげ。メラノサイトで作られたメラニンが新しく生まれた毛髪内へと送り込まれ、白い髪の毛を染めている。

ところがメラノサイトの働きが低下したり、メラノサイトの元となる色素幹細胞が枯渇すると、メラニンが供給されなくなるので、白いままの毛が生えてしまう。これが白髪です。

毛母細胞でメラニンによって髪が黒く染められている。出典:『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)

毛髪を生み出す毛母にはメラノサイト(色素細胞)が存在し、メラニンを供給するため、髪を黒く染めている。出典:『脱白髪染めのはじめかた〜でもいきなりグレイヘアは無理!』(グラフィック社)


――原因はわかっているのでしょうか?

すべては解明されていませんが、加齢、食生活の乱れによる栄養不足、紫外線、血流の悪さ、遺伝などの要因があります。またストレスも要注意です。

――ストレスとは、仕事の忙しさや人間関係がうまくいっていないことが関係しますか?

もちろんそういった精神的なストレスもありますが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることも見逃せません。バランスが崩れる要因はいくつかありますが、PCやスマホもそのひとつ。ベッドの中でスマホを見ていて、いつまでも眠れないとか、そういうこともストレスになり、白髪につながります。

ストレスが多いと白髪になるという科学的な裏付けも昨年あたりから立て続けに発表されていて、先ほど35歳の2人に1人が白髪が出ると言いましたが、最近のリサーチやデータを見ると、少し早まってきているという報告もあります。


2/3

RANKING