OCEANS

SHARE

2022.10.07

ファッション

リーバイス®「505™」「510™」「569™」愛用者をスナップ! 名品番を大人はこうはきこなす



「リーバイスのデニムで、好きなモデルは?」

もちろんその答えは人によって違う。惚れ込むデニムには、人それぞれのワケがある。

今回は、ストレート、スキニー、ルーズストレートの代表格「505™」「510™」「569™」にフォーカスして、各々のデニムラバーをパパラッチ。

彼らのはき方と、そのモデルを選ぶ理由を紐解いていこう。

「505™」愛用者
荒木大輔さん(46歳)をパパラッチ!

必ず何年か一度、はきたくなる周期がくる

荒木大輔(あらき・だいすけ)●スタイリスト歴21年。現在は、人生初となる“月9ドラマ”の現場で奮闘中。多忙につきサーフィンに行けないのが悩み。

荒木大輔(あらき・だいすけ)●スタイリスト歴21年。現在は、人生初となるドラマの現場で奮闘中。多忙につきサーフィンに行けないのが悩み。


スタイリストの荒木大輔さんが「505™」をはき始めたのは10代から。その頃からストレートばかりをはいてきたけれど、505™は特別だったという。

「王道の501®も好きですが、膝下がシャープな印象の505™は、当時から自分がいちばんしっくりくるストレートの代名詞でした」。

これまでずっとはき続けてきたワケではないが、何年かの周期で必ず505™に戻ってくるという。

デニム1万2100円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

デニム1万2100円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)


「やっぱりはきやすいし、時代によって微妙なシルエットの変化はありますが、すっきり見えるストレートいう本線はブレない。その安心感があって、必ずはきたくなるんです」。

最近の仕事中の格好は、全身黒が定番。ゆえに、505™も仕事中にはくなら黒を選ぶ。

足元に軽くクッションができるくらいが、荒木さんの好きなレングス。

足元に軽くクッションができるくらいが、荒木さんの好きなレングス。


「仕事のときは自分のコーディネイトを決めるのにエネルギーは使わないように黒を選ぶことが多いのですが、505™だとすっきりとしたシルエットでコーディネイトが簡単にキマる。合わせる服を選ばないのもいいですね」。

仕事ではない日には、インディゴをチョイスすることもある。

ドロップショルダーのシャツとインディゴデニムでブルーグラデのコーディネイト。デニム1万3200円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

ドロップショルダーのシャツとインディゴデニムでブルーグラデのコーディネイト。デニム1万3200円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)


「黒ではない場合、全身青のグラデーションでまとめることが多いです。それだけで洒落っ気が増すので、気が付くとプライベートはブルー寄りになることが多いかもです」。

ブルーグラデを意識する場合、インディゴのデニムに映える真っ白なTシャツをチョイスするのもセオリーだ。

ロールアップする場合は軽くひと折り。くるぶし丈程度に。

ロールアップする場合は軽くひと折り。くるぶし丈程度に。


アーキュエットステッチのみイエローを使ったディテールもポイントに。

アーキュエットステッチのみイエローを使ったディテールもポイントに。


「インディゴだと、ステッチの色がくっきり見えるので印象が変わりますし、やっぱり白Tが似合う。しかも505™のすっきりシルエットは、爽やかに見えるのも利点です」。

ブラックとインディゴを上手に使い分けながら、オンオフの両面で505™を取り入れている荒木さん。

膝下がすっきりしたストレートは、美脚品番として名高い。

膝下がすっきりしたストレートは、美脚品番として名高い。


「505™は、過度にゆったりもほっそりもしていないのが、最大の魅力だと思います。だからどんなスタイルにも対応する。これからも、フル活用することは間違いないですね」。

ちなみに「501®も、同じようにはきたくなる周期がくる」そうだが、いずれにせよ王道ストレートは自身のライフスタイルでなくてはならない相棒のようだ。
2/3