OCEANS

SHARE

2022.09.10

あそぶ

移住先の空き家DIYで3つの大失敗。2拠点生活を始めた写真家の「最初は地獄だった」体験談


失敗から学ぶ移住術●憧れの移住、膨らむ夢。いい妄想ばかりが浮かべども、現実は甘くない。想定外は必ず起こる。移住を考えるときに知りたいのは、むしろコッチだ。“移住の先輩”たちが経験した想定外の失敗談から学ぶ、失敗しない移住術。
▶︎すべての画像を見る

日本最北の島、礼文島。海抜0メートルの高さに200種類以上の高山植物が咲き乱れるため「花の浮島」という別名を持つ。

2021年11月、この島に移住を決意した男がいる。ナショナルジオグラフィックをはじめ、数々の国際的な写真賞を受賞しているネイチャーフォトグラファーの柏倉陽介さんだ。

現時点では神奈川と北海道の2拠点生活だが、将来は礼文島への完全移住を目指している。

柏倉陽介●ネイチャーフォトグラファー。1978年生まれ。自然風景から環境保護まで多岐にわたる被写体を撮影。ナショナルジオグラフィック国際フォトコンテストなど数々の賞を受賞。2021年11月から神奈川と北海道礼文島の2拠点生活を開始。

柏倉陽介●ネイチャーフォトグラファー。1978年生まれ。自然風景から環境保護まで多岐にわたる被写体を撮影。ナショナルジオグラフィック国際フォトコンテストなど数々の賞を受賞。2021年11月から神奈川と北海道・礼文島の2拠点生活を開始。


惚れ込んだ土地で新生活を始めた柏倉さんだが、「もっとああすれば上手くできたな」と振り返ることは多々あるようで……。

なぜに礼文島? 移住を決意した理由

柏倉さんが住むのは礼文島の中でも最北端にあるスコトン岬。集落の人たちはみんな漁師だという

柏倉さんが住むのは礼文島の中でも最北端にあるスコトン岬。集落の人たちはみんなが漁師だという。


探検部だった学生時代に西表島を訪れた頃から島に魅力を感じていたという柏倉さん。

20代後半に雑誌の編集者からカメラマンに転身し、それからは仕事で世界中の景色を撮影してきたが、なかでもお気に入りの屋久島には通い詰めていたという。

そんな柏倉さんが礼文島と出会ったのは、礼文島を舞台にした小説『北のカナリアたち』(幻冬舎)の著者・湊かなえさんとの仕事がきっかけ。ただ、当時は利尻島のみの滞在だった。

「礼文島は花が美しい島ですよ、って湊さんに教えてもらったんです。いつか行こうと決めてましたが、たまたま2021年の夏に、礼文島の風景写真を撮る仕事が舞い込んできて……」。

最果て感も相まってスコットランドにも似た景色の礼文島。

最果て感も相まってスコットランドにも似た景色の礼文島。


高い木がなく、なだらかな地形に芝生のような植物が沿って生えている独特の風景。

「車を停めて眺めた風景を見て、『これだ!』って衝撃が走ったんです。ゴロタ岬展望台から、スコトン岬と人々が暮らす集落が見えて、日本とは思えない風景でしたね。神奈川に戻ってすぐ礼文島の物件を探し始めました」。



空き家バンクで見つけた礼文島の空き家は、古い煙突のある3LDKの平屋だった。さっそく応募した柏倉さんは幸運にも家のオーナーから新しい家主に選んでもらった。ゼロ円でお気に入りの一軒家を手にしたのだが……。


2/3

RANKING