OCEANS

SHARE

2022.07.30

ファッション

ファッションの定番品に好アレンジを利かせた「今しか買えないロングセラー」6アイテム

▶︎すべての画像を見る

あのブランドの、あのモデル。いわゆる定番と評されるアイテムには絶対的な安定感がある。

その強い足腰をキープしながら、好アレンジを利かせた「今しか買えないロングセラー」。

ポロシャツからレザーシューズまで、6つのモデルに焦点を当ててみた。

最初から洗い込んだような色落ちに

 

2万3100円/ポロ ラルフローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)


ゆとりある着心地も胸のポニーも、好きで好きでたまらない。そんな大定番ポロシャツ「オリジナル フィット メッシュポロ」にこの夏、ウォッシュ加工が施された。

いつもどおりの鹿の子編みの生地は少しソフトに、より馴染んだ色合いに。新品が“この感じ”になるように心を砕いてきた我々だから、なんだかうれしいような、くやしいような。

↓↓着こなし方はこちらをチェック↓↓



今どきのナチュラルなベージュカラー

 

2750円/ヘインズ×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店 03-6212-1500)


「牛のようにタフ」という意味を持つ、1975年登場の「ビーフィーT」。洗うほどに肌に馴染む分厚い生地が魅力だ。白や黒が定番だが、ビューティ&ユースの別注色は見たことのないベージュカラー。

加えてよりワイドなシルエットにアレンジされており、今どきのスタイルにベストマッチのTシャツに変身している。

異素材コンビでメリハリ強め

 

2万900円/エル・エル・ビーン 0422-79-9131


実に1912年から生産が続いているエル・エル・ビーンのアイコンシューズが「ビーンブーツ」だ。通常モデルはレザー×ゴムだが、こちらはワックスキャンバス×レザー×ゴムのコンビネーション。

ラギッドな味を残しつつ、目を引く好配色に仕上がっている。アウトドアはもちろん、街でも履きたくなってしまうのだ。


2/2

RANKING