OCEANS

SHARE

2022.07.09

ファッション

ビームスF・西口修平の仕事バッグとその中身「小物はギャルソンのポーチに入れてます」



働く男のバッグの中身●働き方が多様化したここ数年、仕事道具に求める役割も変わってきた。世の働く男たちはどんな基準でモノを選んでいるのか? 仕事バッグとその中身を拝見!
▶︎すべての画像を見る

ビームスFのディレクターを務め、インスタグラムでは14万人超のフォロワーを抱える西口修平さん。

メンズのドレスもカジュアルも知り尽くした彼が今、仕事道具に求めることとは?

肩肘張らない今のムードにマッチする、レザーのデイパック

西口修平●1977年生まれ。BEAMS Fのディレクターとしてレーベルを率いる一方で、ファッションインフルエンサーとしても活躍。ピッティ ウォモなどの海外の服飾展示会場では「最もスナップされる日本人」としてその名を馳せる。

西口修平●1977年生まれ。ビームスFのディレクターとしてレーベルを率いる。ピッティ ウォモなどの海外の服飾展示会場では「最もスナップされる日本人」としてその名を馳せる。著書に『Nishiguchi Essentials 100』(ワン・パブリッシング)。


無類のファッションアディクトとして日本のドレス業界を牽引する西口さん。仕事柄、バッグはレザーシューズ同様に多数所有しており、“バッグは着こなしに合わせて持ち替える派”と言う。

「働き方のスタイルに多様性が出てきた今は、スタイリングのムードも変化してきていますよね。それに合わせて自分も、どちらかというと柔らかいバッグを持つことが増えてきました」。



 
バッグもスタイリングの一部として重要視する西口さんにとって、この変化はある意味で当たり前のこと。

取材日に持っていたのはオールレザーのデイパックだ。それも、しなやかな質感のイタリアンカウハイドレザーを一枚革で仕上げた、高級感を醸すニューアイテム。

イタリア発の新進レザーブランド「エス マーノ」の新作。西口さん自身が実際にバイイングにも携わり、ビームス Fにて絶賛取り扱い中。7万5900円/ビームスF 03-3470-3946

イタリア発の新進レザーブランド「エス マーノ」の新作。西口さん自身が実際にバイイングにも携わり、ビームスFにて絶賛取り扱い中。7万5900円/ビームスF 03-3470-3946


「以前はトートやクラッチバッグを持ち歩くことが多く、もちろん今でもそういうバッグを持ちますけど、このデイパックのように軽快な気分で装いたい日が増えてきているんですよね。

レザーのデイパックなんだけど、内側の布地を省いたアンライニング仕上げなので、ぐっと軽量化されているんですよ。何グラムかどうかという重量も大事ですが、軽快に見えるかどうかというのもポイントです。



ナチュラルなレザーには革本来のシボが入っていて、シボ風の型押しレザーには出せない“くたり”とした風合いも魅力です」。

デイパックとはいえ、自転車通勤で背負うコミューター系のアイテムではない。だからクラシックな服に合わせても違和感がない。

「ペーパーレス化、キャッシュレス化が進み、バッグもスモールバッグ化が進んでいます。だからこの容量でも余裕をもって仕事で使えるんですよね」。


2/2

RANKING