OCEANS

SHARE

2022.06.23

ライフ

“世界縁満”を目指す会社の看板娘が、「manebi」で一人何役もこなしていた


「弊社の看板娘」とは……

今回訪れたのは本とカレーの街、神保町。

ここに「世界縁満」を社是に掲げる企業があると聞いた。

▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

最上階の10階に参ります。

最上階の10階に参ります。


社名は「manebi(マネビ)」。

企業研修のプラットフォーム「playse.(プレース)」や人材派遣業界のeラーニング「派遣のミカタ」などのサービスを提供しており「派遣のミカタ」は導入社数が1300社を超えるという。

社名の由来は「学び」の語源から。

社名の由来は「学び」の語源から。


オフィスに入ってすぐに目に付くのが、各社員が自身のビジョンを書いたボードだ。

中央は後ほど登場する社長のもの。

中央は後ほど登場するCEOのもの。


その先には看板娘の姿も見える。

なぜかキリンの脇に佇む。

なぜかキリンの脇に佇む。


では、さっそくご登場いただきましょう。

「よろしくお願いします」。

「よろしくお願いします」。


マーケティング部で働くEmmaさん。この日は好きな色だというブルーの全身コーディネイトだった。

マニュキアもブルー。

マニキュアもブルー。


Emmaさんは鹿児島県で生まれ育った。

「有名なのは黒豚、サツマイモ、キビナゴとかですね。桜島が近いので灰が降ってくるのは日常茶飯事でした」。

松原海岸から望む桜島。

海の向こうに望む桜島。


みんなでワイワイというよりは、ひとりで本を読んだり絵を描いたりするのが好きな子供だったそうだ。

「『泣いた赤鬼』という絵本が大好きで、寝る前にお母さんに読んでって頼むんですが、友達のために自分が犠牲になって山から去るというラストが悲しすぎて……。毎回泣きながら眠りにつくという謎の習慣でした」。

そんなEmmaさんに転機が訪れたのは中学2年のとき。

出張で父親が滞在していたアメリカに遊びに行き、「街並みも含めて何もかもが格好良くて、わー、こんな世界があるんだー」と感動したという。

ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも遊びに行った。

ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも遊びに行った。


大学は海外留学にしようと決めたが、両親の「英語を勉強するなら早いほうがいいんじゃない?」という後押しで、高校からオーストラリアのブリスベンに留学。

さすがオーストラリア、高校のキャンパスもご覧の通り広々。

さすがオーストラリア、高校のキャンパスもご覧の通り広々。


「渡豪して約1年間はインターナショナルスクールに通い、英語はハローしか言えないレベルから、日常会話や学校での勉強には苦労しないところまで到達しました。

ホームステイ先のお母さんが料理上手で、簡単な和食や中華を作ってくれることもありました。私のお気に入りは揚げたてのバナナのフリッター」。

ブリスベンシティの中心街は飲食店やデパート、洋服屋などが立ち並ぶ。

ブリスベンシティの中心街は飲食店やデパート、洋服屋などが立ち並ぶ。


インターナショナルスクールに通ったあとは、2年目から現地の学校に転入した。

そして、無事卒業。

卒業式にて学校の先生と友達と。

卒業式にて学校の先生と友達と。



2/2

RANKING