OCEANS

SHARE

2022.06.30

ファッション

買い物前に必読!業界の「パタゴニア」マニアが夏の永久指名アイテムを大公開


「業界のパタゴニアン・パパラッチ」とは……

▶︎すべての画像を見る

「夏のパタゴニア」といえば、多くの大人たちを虜にしてきたバギーズショーツが真っ先に思い浮かぶ。

田村貴之さんも御多分に洩れずだが、どうやらそれだけではないらしい。お馴染みの“アレ”から意外な“アレ”まで、田村さんが永久指名するパタゴニアを大公開!

田村貴之●アンヌ、エイチ・ユニットなど様々なブランドのプロモーションを行うT-PLANNINGの代表。移動手段は主に自転車というサイクリストで、時間があればランニングにも勤しんでいるとか。

田村貴之●さまざまなブランドのプロモーションを担うT-PLANNINGの代表。移動手段は主に自転車というサイクリストで、時間があればランニングにも勤しんでいる。


ブランドの力はロゴに宿る! “ボックスロゴT”



まず、パタゴニアのTシャツと聞いて真っ先に思いつくこのデザイン。大胆にプリントした、クライマーの聖地ともいわれるフィッツロイ山群をモチーフにしたパタゴニア・ロゴである。

「昔は“ロゴ”が苦手だったんですよ。もうタグすら取りたいぐらい。メゾン マルジェラのタグすら取ってたほどですから(笑)。ただ、ブランドのプロモーションをやっていくにあたり、そのロゴがどれほど大事かを実感したんですよね。以降は大事にしています」。



そして今ではステューシー(Stüssy)やシュプリーム(Supreme)、ラルフ ローレン(Ralph Lauren)など、さまざまなロゴTを所有。改めて思うのは、ブランドのパワーはロゴに宿るということ。

「やっぱり印象に残りますよね。だからずっと僕のワードローブに残り続けるのかもしれない。もちろん、パタゴニアもそう。ボックスロゴのデザインなんて、一時代を築き、今も世代を問わず人気だし、それだけでもすごいことですから。

このTシャツは、とあるメディアの編集部がフリーマーケットをやっていて、そこで購入しました。当時はシーン的にも’90sリバイバルで、ボックスロゴデザインが再燃していました。そんなノスタルジックな部分も背中を押してくれましたよね」。

1枚で勝負! 遊び心タップリの“タンクトップ”



ここ最近はめっきりインナーとしてのポジションに落ち着きがちなタンクトップだが、田村さんの場合は違う。



「僕はタンクトップ好きなんですよ。平気でタンクトップに短パンでもいけるおじさん(笑)。一般的なショートスリーブのTシャツもヘビロテしますけど、極端に暑い日はもうダメ……(笑)。

やっぱりタンクトップの方がラクでいいんですよ。肌寒くなってきたときにはその上からカーディガンを羽織るぐらいでちょうどいい。中でもパタゴニアのタンクトップが大好きなんです」。

毎シーズン、リリースはされるもののバリエーションは少なめ。その中でも、機能面はもちろん、ちょっとしたデザインにも心がくすぐられるとか。



「ロゴのタンクトップは昨年に購入したもので、お魚の方は2年ほど前にネットで購入しました。さりげない感じがいいでしょ? デフォルメされた姿がカワイイんですよ。そんな遊び心もパタゴニアらしいですよね」。

これらの下にタイトなヘインズのタンクトップを仕込み、レイヤードさせるのが田村さんの夏のお決まりである。


2/2

RANKING