OCEANS

SHARE

2022.05.26

かぞく

41%の男性が妻とのセックスに不満! 30代、40代の「妻に言えない悩み」TOP3を発表


コロナ前後で見る「夫婦生活の“イマ”」とは……

約8割もの男性が「コロナ禍で夫婦仲が良くなった」と感じていることが判明した前回

続いては、夫が感じる妻に対する悩みについて掘り下げてみよう。関係良好な夫婦が多いなら、そりゃあ妻への悩みも少ないだろう……と思っていたら、驚きの事実が発覚した。

半数は何かしら妻に不満を抱えている!?

まずは、妻に対する悩みの有無について質問。その結果がこちらだ。





ほぼ半々の結果となった。

前回のアンケートで、夫婦仲が「良くなった」「どちらかといえば良くなった」と感じている人の合計が76%だったことを考えると、妻に悩みを抱えている男性は比較的多いように思える。

一方、「悩みがない」と答えた男性のほとんどは、夫婦仲が良くなったと感じていることもわかった。普段からコミュニケーションが密にとれており、家事・育児の役割分担もできているようだ。

さて、気になるのが悩みを抱えている人の理由。詳しく見ていこう。

セックスの悩みがNo.1



妻への悩みをランキングにまとめると、主に3つの傾向がわかった。
① セックスに関する悩み 41%

② 子育てに関する悩み 22%

③ 性格に関する悩み 14%
なんと、セックスの悩みを抱える人が全体の41%という結果に。子供ができたり、年齢も重ねたりすれば、当然“夜の生活”も変化しそうであるが、この悩みの根は深そうだ。

具体的な理由は下記の通り。
「セックスレスが続いている」(40代・大阪府)

「スキンシップを完全に拒否される」(30代・東京都)

「性交渉をしたいというメッセージがなかなか伝わりにくい」(30代・大阪府)

「夜のお誘いのきっかけがない」(30代・大阪府)

「もっといろいろなセックスがしたい」(40代・兵庫県)

「セックスの嗜好が合わない」(40代・東京都)

「性欲がなくなった」(40代・東京都)

「性的魅力を感じない」(40代・兵庫県)

いちばん多かったのがセックスレスに関する悩み。先進国の中でも日本のセックス頻度はかなり低いと言われているが、その実態が浮き彫りとなったかたちだ。

しかも、「性交渉のサインを断られる」「妻が子供と寝るため夫婦の時間がない」といった、妻との合意が取れないケースが多数散見された。

一度セックスを拒否されると誘いにくいものだし、かといって不倫や浮気をするわけにもいかない。今後の夫婦関係を左右するデリケートな問題のため、妻としっかりと話す必要があるかもしれない。
 
もう一つの傾向として、「性欲がなくなった」「勃たない」という身体的な問題を理由に挙げた人もいた。この場合はED(勃起不全)が考えられるため、一度オンライン診療などを受けてみてはどうだろう。


2/2

RANKING