OCEANS

SHARE

2022.05.29

ファッション

はいて満足、知って納得。サステナブルなショーツで持続可能なお洒落を楽しもう



▶︎すべての画像を見る

意識の高い人の関心事だった時期はとっくに過ぎた。

以前紹介したパタゴニアもそうだったように「サステナブル」は、現代人がモノを選ぶうえで当然、念頭に置いておくべきキーワードだ。

とはいえその形も多様だし、自分に合うものを無理せず選ぼう。それがいちばん、持続可能なファッションの楽しみ方だと思う。そんな目線で見つけたショーツ4選。

「オーエーエス」

 

1万2100円/オーエーエス(コンコード 03-6804-3108)


社会活動に精力的なスウェーデン発の注目株。太いストライプがクラシカルな印象のスイムショーツは製造過程で再生水を使用していたりと、その背景は先進的。好配色なのもいい。

「オールバーズ」

 

8000円/オールバーズ 0800-080-4054


主原料の半分以上がメリノウールなどの天然素材。石油由来のスポーツウェアを減らそうと努力するブランドらしいクリエイション。

ドローコードにはリフレクター糸が編み込まれる。

「ゴールドウイン」

 

8800円/ゴールドウイン(ゴールドウイン 丸の内 03-6268-0037)


ペットボトルをリサイクルした糸を使った薄手のナイロンボディのビーチショーツ。ごく薄いサックスブルーが爽やか。

腰はドローコード&ゴムリブで、レングスはMサイズで7インチ。

「ブリング」

 

8800円/ブリング(ブリング エビス info@bring.org)


メッシュのインナーが付いた水陸両用モデル。古着をリサイクルして精製したポリエステル原料だけを使用。

新品の石油由来原料と変わらない品質を保ちつつ、資源も守っている。

若林武志、清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 高橋 淳=編集・文 今野 壘=文

SHARE

RANKING