OCEANS

SHARE

2022.05.07

ライフ

SIXPAD HOME GYMの“腹筋バキバキ看板娘”は、キャベツとスイカの農家で生まれ育った


「弊社の看板娘」とは……

夏に向けて腹筋を6つに割りたい。たまに、そんなことを考えるが筋トレはなかなか続かない。

しかし、「もしかしたらイケるかも……」と思わせるギアがある。テレビCMなどでもおなじみの「SIXPAD」だ。

パワースーツと独自のEMS理論で効率よく腹筋やウエストを鍛えられるという。

▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

先月末に長渕 剛とのパートナーシップ契約を結んだことでも話題になっている。詳細は後述するとして、まずは銀座の体験型ショールームを訪れた。

銀座のど真ん中、3丁目。

銀座のど真ん中、3丁目。


エレベーターで10階に上がるとーー。

看板娘の姿が。

看板娘の姿が。


さっそく、ご登場いただきましょう。

「よろしくお願いします」。

「よろしくお願いします」。


こちらは、「SIXPAD」などのブランドを展開する株式会社MTGのスポーツジム事業部、原田奈津子さん。

抱えているのはトレーニング用のウォーターウェイトで、6kgの水が入っており、「片手では持てないですね」とのこと。

奈津子さんは神奈川県の横須賀市で生まれ育った。

横須賀といえば米軍基地、スカジャンといったイメージだが、実家はなんと専業農家。キャベツやスイカを育てているそうだ。

キャベツは「三浦野菜」として出荷される。

キャベツは「三浦野菜」として出荷される。


かわいい甥っ子(2歳)の写真も見せてくれた。

奈津子さんも、こんな感じでキャベツとスイカに囲まれて育った。

奈津子さんも、こんな感じでキャベツとスイカに囲まれて育った。


お母さんの手料理もキャベツが多めだった。「キャベツ餅」、初めて見たな。

「強火でキャベツを炒めて、醤油、みりん、出汁で味付け、シャキシャキ感を残して、焼いたお餅を絡めるんです」。

「仕上げにごま油を垂らすと美味しいです!」。

「仕上げにごま油を垂らすと美味しいです!」。


「うちの畑で採れたものは新鮮で美味しい。東京のスーパーに行っても値段も高いし、色もなんか変だと感じることも。お母さんの手料理はほとんど野菜メインで、キャベツだとロールキャベツが好きだった。スイカは塩をかけない派です」。

小中学校はバスケに打ち込んだが、指導が厳しい。

「背が高かったのでリバウンドを担うセンター、いわゆるゴール下でした。でも、真夏に体育館を締め切ってシャトルランとか普通。練習が厳しすぎて苦しい思い出しかありません」。

スポーツが嫌いになった奈津子さんは高校では部活に入らず、地元の不二家レストランでアルバイトをしていた。その後、高校を卒業するとやはり地元の歯科医院で助手として働く。

「子供の頃、歯医者のやさしいお姉さんが憧れだったんです。もともと、将来の夢もなくて、周りが専門学校や大学を目指す中、進学する意味がわからなくて。就職して、いつか結婚して、ずっと横須賀で過ごせばいいやと思っていました」。


2/2

RANKING