OCEANS

SHARE

2022.05.07

ファッション

“シャツ一枚で格好いい大人”は何が違う? スナップから導く、5つの着こなしのヒント



▶︎スナップをすべて見る。

気温20度前後。湿度もなく、シャツ一枚が気持ちいい季節。ただし、シャツ一枚の着こなしは難しい。選ぶべきシャツは? ボタンは開ける? シャツの下には何を着る? 

シンプルだからこそ、小さな工夫で大きな違いが生まれるシャツコーデ。街角で“シャツいち”が格好良かった大人たちのスナップから、着こなしのヒントを導いた。

ヒント① 襟を抜いて着る

馬越大輔さん

馬越大輔さん


シャツを着る際に、もっとも簡単にこなれ感を出せるのが「襟を抜く」こと。

ボタンを少し多めに開け、シャツを少し後ろへ。こうするだけで、かっちりしたシャツスタイルではなく、ラフに着こなしている雰囲気が演出できる。

馬越さんの場合は、3つのボタンを開けて“抜き襟”。インナーの白Tシャツが清潔感も生み、絶妙なバランスのシャツスタイルを構築している。淡い色味のデニムとストライプの合わせも上手い!


ヒント② ビッグサイズは袖を捲る

川﨑 修さん(30歳)

川﨑 修さん(30歳)


トレンドのオーバーサイジングなシャツを着るときは、必ずどこかで「サイズを合わせる」こと。

川﨑さんなら、袖を捲って、手の甲は見えるように調整している。こうすることでオーバーサイズが“あえて”に変換されるのだ。

さらにパンツのレングスにも気を遣うことで、大きめのサイズが見事に着こなしの一環に。ナードな雰囲気にもマッチしていい感じに仕上がっている。


2/2

RANKING