OCEANS

SHARE

2022.04.29

ファッション

サーフ&スケートなSSZ・加藤忠幸とニューバランス「990」の意外な蜜月関係


「FOREVER♡990」とは……

スニーカーの大定番、ニューバランスの990。

今回は、ビームスで「SSZ(エス エス ズィー)」のディレクターを務めながら、サーファーでありスケーターでもある加藤忠幸さんにフォーカス。

990との意外な接点を教えてくれた。

 加藤忠幸●ビームスのオリジナルブランド「SSZ」のディレクターを務める傍ら、湘南の加藤農園で野菜作りを行う。根っからのスケートとサーフィン好き。

加藤忠幸●ビームスのオリジナルブランド「SSZ」のディレクターを務める傍ら、湘南の加藤農園で野菜作りを行う。趣味はスケートとサーフィン。


▶︎写真をすべて見る

「990」は日本の服作りに似ている



SSZは、サーフィンとスケートを通じ、いま自分たちが着たい服、自分たちのスタイルを音楽やアート、メッセージとともに発信するビームスのオリジナルレーベル。

加藤さんにとっても、サーフィンとスケートはライフスタイルの多くを占める特別な存在で、その愛情と知識は業界随一だ。

「僕は長年スケートとサーフィンをしているのでヴァンズを履くことがほとんど。ですので、パンツのボリュームでどのヴァンズを合わせるかみたいなことばかり考えていました」。



そんな加藤さんが990を愛用するきっかけは、2019年に発売されたエンジニアド ガーメンツとのコラボレーションだ。

「ガーメンツとのコラボは、複数の素材を同系色で組み合わせるという繊細な試みに強く惹かれました。履きこんでいくうちに表情が変わっていく過程が、単一素材のシューズとはまた違う趣があるんです」。

スムースレザー、スエード、ヌバック、パイソンとクロコダイルの型押しという5種類のレザーをアッパーに左右非対称に配置したこのスニーカーは、グレー、ネイビー、ブラックの3色で発売。990の中でも異色な存在として、ニューバランスファンをざわつかせた。



「ニューバランスは新参者なのでそんなに詳しくないのですが(笑)、990は何度もアップデートを繰り返して現在の形になっていますよね。

ユーザーから支持されている部分をある程度残しながら、微調整をして製品を進化させるというスタンスが日本の服作りと似ていて、個人的にも共感が持てます。

他ブランドでは、モデル名は残しても、モデルチェンジをすると、まったく異なる仕様へと変更されてしまうことも珍しくないので」。


2/2

RANKING