OCEANS

SHARE

2022.05.08

ファッション

「エア フォース 1」の白さが蘇る! プロに聞いた、白スニーカーの簡単ケア術



オキニのメンテナンス塾」とは……

シューズリペアの専門店「シュー オブ ライフ」の店長・谷澤さんに聞く、お手軽メンテナンス術。

最後に登場するのは、白スニーカーの大定番、ナイキ「エア フォース 1」だ。

谷澤有紀さん●革靴からスニーカーまで、シューズの修理やクリーニングを専門に行う「シュー オブ ライフ」の店長。1985年生まれの37歳。「使い捨てではなく、修理して大事に履く人が増えてほしい」と、ヴィンテージの革靴を取り扱う古着屋から、“直す職人”へと転身したナイスガイ。

谷澤有紀さん●革靴からスニーカーまで、シューズの修理やクリーニングを専門に行う「シュー オブ ライフ」の店長。1985年生まれの37歳。「使い捨てではなく、修理して大事に履く人が増えてほしい」と、ヴィンテージの革靴を取り扱う古着屋から、“直す職人”へと転身したナイスガイ。


まずは、エア フォース 1を問診

今回持ち込んだのは、こちらのエア フォース 1。



購入から数年、汚れを気にせずガシガシ履き込んだが、いつの間にかアッパーの汚れが目立つように。ご覧の通り、ソールも黄ばんでしまっている。

「スニーカーの黄ばみは日焼けが主な原因で起こり、色が白いと特に目立ちます。こうした黄ばみを解消するには、やはりシューズリペアの専門店に持ち込んでいただく必要があるかと思います。ただ、汚れた部分のケアは自宅でもできるので、早速やってみましょう」。

【使う道具はこちら】
・消毒用アルコール
・ステインリムーバー(水性の靴用汚れ落とし)
・ユニバーサルレザーローション(革用クリーム)
・防水スプレー
・タオル



「ソールの汚れはこれまでのシューズと同様、消毒用アルコールで落としていきましょう」。



と、タオルにアルコールを数プッシュしてソールを擦り出す谷澤さん。それにしても、アルコールは万能だ。これだけ使えるとスニーカーのケア用に自宅に常備しておきたくなる。



ひと通りソールがキレイになったら、続けてアッパーのケアへ。

「合皮製のエア フォース 1には、水性の汚れ落としが有効です。ただし合皮は、布地を樹脂でコーティングしているような素材なので、“伸び”に弱いんです。だから、ヒビ割れが起こりやすい。

そこに汚れが入ってしまう分、ある意味天然皮革よりもメンテナンスが難しいかもしれません」。



今回は、ブーツのケアでも使ったステインリムーバーという汚れ落としを使用。タオルにつけてアッパーを磨く。



スウッシュの隙間にはホコリが入り込みやすいので、忘れずに汚れを落としておこう。



「履きジワに溜まった汚れは、シューキーパーを入れてシワを伸ばした状態にすると作業しやすくなります。

汚れがひどい場合はアッパーのケアにアルコールを使うのも有効ですが、合皮のコーティングまで落ちてしまう可能性があるので、くれぐれも慎重に行ってください。白以外の顔料で染められたスニーカーも、色落ちの危険性があるので要注意です」。


2/2

RANKING