OCEANS

SHARE

2022.02.23

平成・令和世代が作る昭和な車。ヤバいカスタムカー3台に見るリバイバルの波

ファッションや音楽をはじめ、さまざまなシーンで昭和リバイバルが起きているが、車のカスタムにもその波は訪れている。

東京オートサロンでその波に乗っていたのは、なんと昭和を知らない若者たちだった!

ローライダー好きたちが仕上げた昭和なリムジン

NATS Low limo/NATS日本自動車大学校

NATS Low limo/NATS日本自動車大学校


「親がローライダー世代なんで、ローライダーが自然と好きになりました」と笑う、NATS日本自動車大学校に通う若者たち。彼らが作ったのは旧型トヨタ・センチュリーのローライダーで、しかもリムジンだ。

ハイドロが組み込まれていてボディが上下にズンチャカする。もちろんリムジンだから大きなサンルーフが2つも備えられるほど、ボディが長い。

それを明るい赤色にゴールドのピンストライプで包み、ルーフを赤い革で覆うと、見た目が一気に昭和バブルにタイムスリップする。

ベースから全長が約1.4mも伸ばされているため中は広々。しかもママが一杯作ってくれそうな、昭和のスナックのよろしくな煌びやかさだ。
 S字のカウンターの上にはおつまみまで揃えられている。

S字のカウンターの上にはおつまみまで揃えられている。


さすがにスナックは知らないようで、ネットの画像検索であれこれ調べたのだという。昭和を知らない彼らにとって、カラオケでも歌いたくなるスナックは「ゴージャス」らしい。


2/2

RANKING