OCEANS

SHARE

2022.02.20

ファッション

「これは邪道」と食わず嫌いするデニム好きを後悔させる“スノピ”の日本製デニム最新作

「世界最高峰! 日本デニムの今」とは……

アウトドアギアは、研ぎ澄まされた機能性こそ正義だ。ウェアも同様。何せ相手は大自然。思いもよらぬアクシデントも起こりうるなかで、絶妙な色落ちで魅せるセルビッジデニムにロマンを感じるような余裕はない。

と思いきや、日本を代表するアウトドアブランドはラインナップにデニムを招き入れた。その「なぜ」を紐解く。

実はキャンプシーンでも多いデニムラバー

今や、アウトドア由来のアイテムが街でも重宝されている。しかし、最近ではその逆の現象も起きているようだ。

今さら言うまでもないが、デニムはもともとワーカーたちのユニフォーム。それがやがて街に浸透し、ファッションアイテムとして愛されるようになる。



そしてマニアな世界も構築され、よりホンモノを求めるのが正義とされてきた。

そんなデニムを「キャンプシーンでもはきたい」という声が多く寄せられ、ラインナップにデニムを招き入れたのが、1958年創業のスノーピークだ。

2014年からアパレル事業を展開したスノーピークは、早いタイミングからラインナップにデニムを加えている。

そして、

「ワークウェアのような動きやすさやモノを入れられるポケット、フックが欲しい」
「色落ちを楽しみたいので街、山関係なく毎日着たい」

といったファンの要望を受け、日常から素直にはけるスタンダードな5ポケットタイプや、キャンプでも有益な機能性に優れる一本など、日々アップデートを繰り返し、デニム愛に溢れるキャンパーたちの期待に応えてきた。

デニムの本流とは違うところで、圧倒的な進化を遂げてきたのだ。


2/2

RANKING