OCEANS

SHARE

2022.02.01

ホンダの人気コンパクトカー“Nシリーズ&フィット”をアウトドア化する方法

アウトドアを楽しむならSUVやミニバン、なんて誰が決めた!? そう言わんばかりに、軽自動車やコンパクトカーのセルフカスタムを披露したのがホンダだ。

しかも大げさなカスタムなんてしなくても、十分アウトドアカーを作れることをホンダ自ら提案してくれたぞ。

誰でも真似できるエアストリーム風「N-VAN」

ホンダN-VAN 3rd Place VAN

「ホンダN-VAN 3rd Place VAN」


まるでエアストリームのキャンピングトレーラーみたいなN-VAN。中身はカフェの移動販売車だ。しかも特殊な加工が一切不要のため、誰でも今すぐ真似できる、お手軽カスタムカーなのだ。

釣り好きの同社デザイナーとコーヒー好きデザイナーが考えたN-VANのアウトドア仕様。

いつでも釣りができるよう、湖や河原の側でテレワークしたいという気持ちと、大自然の中で美味しいコーヒーが飲みたいという彼らの願望からできあがったのがこの「N-VAN 3rd Place VAN」というわけだ。

一見アルミボディに見えるラッピングは、メッキフィルムでラッピングしたあとに、ヤスリをかけて仕上げられている。最後にちょっと荒く削るとこんな風合いになるそうだ。

ヤスリの粗さによっても表情が変わるから、あれこれ試してみるのも楽しい。ルーフラックや鉄チン&肉厚タイヤは純正品だ。


天井部分の棚はナット穴を使ってとりつけた壁の有孔ボードに引っかけて載せている。下のテーブルはホイールハウスに載っかっている。

天井部分の棚はナット穴を使ってとりつけた壁の有孔ボードに引っ掛けて載せている。下のテーブルはホイールハウスに載っている。


内装もボディへ加工はしておらず、中のテーブル等は取り付けも、取り外しも簡単だ。

働く人のための商用車であるN-VANには、もともとナット穴がたくさん用意されている。内装のテーブルや天井の収納は、それを上手く活用して取り付けてあるのだ。

お手軽DIYでここまでできるN-VANのポテンシャル。これなら我々でも簡単にカスタマイズできる!?

なお、展示車と同じテーブルの設計図も公開されていて、それをもとに作ればピッタリサイズで備えることができる。テーブルの設計図はこちら


2/2

RANKING