OCEANS

SHARE

2019.06.09

あそぶ

世界で最も過酷な400m走は世界で最も達成感のある400m走だった!

札幌冬季五輪も行われたスキージャンプ競技場・札幌大倉山ジャンプ台を一気に駆け上がるという奇想天外なレース「RED BULL 400 SAPPORO OKURAYAMA」

札幌大倉山ジャンプ台は、札幌冬季五輪でも使われた日本を代表するスキージャンプ競技場だ。このジャンプ台を一気に自分の足で駆け上がるという奇想天外なレースが「RED BULL 400 SAPPORO OKURAYAMA(レッドブル400札幌大倉山)」である。

“世界で最も過酷な400m走”のキャッチコピーも付けられた、このレースの模様をレポートする。

 

世界で最も過酷な400m走「RED BULL 400」とは?


スタートエリアからゴールを見つめる参加者たち。「あんな高いところまで行かなきゃいけないんだ……」という声が方々から聞こえてくる。


RED BULL 400は、スキージャンプ競技場の着地エリアからスロープの頂上までを駆け上がるタイムレースで、距離はその名の通り400m。札幌大倉山会場の場合、スタートからしばらくはなだらかな下り坂だが、100mを越えたあたりから上り坂に突入する。

RED BULL 400は、レッドブルのアーチがスタート地点で、そこからジャンプ台の頂点を目指す。


スロープの斜度が30度を超えると立ったまま登ることが困難になりはじめ、その後に待ち構える最高斜度37度に達するK点の壁では心拍数がほぼMAXになる。

ジャンプの踏み切り台から始まる滑走エリアの斜度もキツく、ここからはほとんどの参加者が四つん這いでゴールを目指す。もちろん、サッカーや野球などの凹凸のあるスパイクシューズは着用禁止。序盤は人工芝の路面なのでトレイルランニング用シューズがオススメだ。また四つん這いで進む時間も長いので、軍手などの手袋があると手の保護もできて便利である。

人工芝の路面も走るので、シューズはグリップ性に優れたトレイルランニングシューズがオススメ。筆者はサロモンのセンス ライド2をセレクト。




2/4

RANKING