OCEANS

SHARE

2022.01.06

ライフ

IT商社システナ勤務の看板娘が、BIG BLUEチアリーダーとしても輝いていた

「弊社の看板娘」とは……

今回、向かったのは川崎市にある「富士通スタジアム川崎」。日本アメフト界の最高峰、Xリーグ1部の試合を観戦するのが目的だ。
川崎駅から徒歩で約15分。

川崎駅から徒歩で約15分。


取材日は昨年11月中旬。秋晴れの空の下をのんびりと歩くのもよい。
対戦カードはIBM BIG BLUE VS ノジマ相模原ライズ。

対戦カードはIBM BIG BLUE VS ノジマ相模原ライズ。

僕が応援するのはIBMのほうで、アメリカ人QBのケビン・クラフト氏がヘッドコーチを務めている。

約束の時間まではまだ少し余裕がある。スタジアムの外をうろうろ歩いていると売店らしきものを発見。
やはり、アメフト関連のグッズを揃えているのだろうか。

やはり、アメフト関連のグッズを揃えているのだろうか。

しかし、中に入って驚いた。1952年の開場以降、しばらくはプロ野球の大洋ホエールズやロッテオリオンズが本拠地とした川崎球場が前身なのだ。
野球ファンにはたまらないお宝揃いですよ。

野球ファンにはたまらないお宝揃いですよ。

ギャラリーは閉鎖していたが、写真だけ撮らせてもらう。

というわけで、時間だ。看板娘にご登場いただこう。


2/4