OCEANS

SHARE

2021.12.02

ライフ

宇垣美里さんのFUN-TIME「自分の引き出しが増えるのがとにかく楽しい」

フリーアナウンサーの宇垣美里さんにインタビュー!テレビ局を退社後は連載の執筆や、大好きなコスメに関するフィールドで活躍していたが、前クールのドラマ「彼女はキレイだった」では本格的に女優業にも挑戦。
チャレンジすることが大好きという宇垣さんのFUN-TIMEについて訊いた。
 

漫画や本、アニメ。FUN-TIMEはインドアがメイン?

トップス2万7500円/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 青山店 03-6447-1869)、ジャケット3万3000円/カイコー contact@kaiko-official.com、リング7万1500円/プライマル support@prmal.com
「宇垣です。今日はよろしくお願いします」。
衣装に着替えスタジオに登場するやいなや、宇垣は丁寧に挨拶をする。深々と頭を下げる姿から、まじめさが伝わる。
そのままカメラの前に立つと、爆音で流れるBGMに身を委ねながら、あるときはしっとりとした魅惑的な女性を、またあるときはピョンピョンと飛び跳ねながら、天真爛漫で無垢な女子を演じる。
これだけ表情が豊かだと与える印象も千差万別。しかも趣味も多彩。コスメを筆頭にアニメや漫画、文芸、映画、ファッションなど、多くのことに知悉している才女なのだ。
「いっぱいありますね、どうしよう〜。ウジョーとか、フォトコピューもラインがきれいですし、あとエボニーは毎回生地感が可愛くて……。それにマメ クロゴウチやアキコアオキとかもすごく好きです。まだまだあるなぁ……」。
手始めに好きなブランドについて訊くと、一生懸命に考えながら、たちどころに挙げてくれた。そして今日の撮影も楽しかったと、白い歯がこぼれる。
「スタイリストさんが私の好みを熟知してくれているので、今日のスタイルは全部好きなものばかり。わりとモードな服装や、デザイン性の高いものというか、シルエットの面白いものが好みです。
すべてのスタイルに私のツボをしっかり押さえてくれているなと感じました。さすがです! あ、あと先ほどの質問ですが、サカイも大好きです(笑)」。
出てこなかった答えを思い出し、ちゃんと教えてくれる、真摯でまじめな性格。そんな彼女にとって普段のFUN-TIMEは、舞台や映画を観たり、本や漫画を読んだり……、そんなエンタメにどっぷり浸っているときだそう。
今特におすすめのエンタメについて訊くと、挙がったのが映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』だ。ネタバレになるからあまり語れないですがと言いつつ、やや前のめりになると、宇垣の言葉が熱を帯びる。
「本当に良すぎました! 先日あったラジオの仕事のスタッフさんがほぼ全員観ていたので、『あそこめっちゃ良かったよね』とか『ここちょっと許せなかった』って、全員でいろいろ思いを語ったのですが、それが何よりも楽しくて」。
多趣味である宇垣に、新たに気になっていることはあるか訊いてみると、インドアで没頭するようなことかと思いきや、意外や意外。
「最近周りでゴルフをする人が増えて、先日打ちっぱなしに連れて行ってもらったらすごく楽しかったので、ぜひチャレンジしたいです。
1回目でこんなに当たって飛ぶ人なかなかいないよって言われて、大仰に褒めてもらってニコニコしちゃいました(笑)。あと状況が許せばスノーボードもやりたいです」。
ここまでアクティブな人とは思わなかったと吐露すると、聡明な笑顔をたたえながら……、「新しいことに挑戦することがすごく好きで、自分の中の引き出しが増えるのがとにかく楽しいんです。今後もいろいろなことに挑戦していきたいと思っています」。


2/2