OCEANS

SHARE

2021.11.19

時計

「セイコー プロスペックス」から登場した待望のクロノグラフ。所有欲を満たすそのウンチク群

数ある腕時計のなかでも、根強い人気を誇るクロノグラフ。平たく言えばストップウォッチ機能を持った“測れる”時計だ。

今季「セイコー プロスペックス」から満を持して登場したそれは、測れるうえに“語れる”一本に仕上がっている。
男心をくすぐるバックボーンを持つ新作「スピードタイマー」。この未来の歴史的名機となるにふさわしい時計にまつわる5つのウンチクを、早速ご覧いただこう。
スピードタイマーの詳細をチェック!

ウンチク①
1964年の名機を踏襲したデザイン

「正確な時を計る」。1881年創業の老舗国産ウォッチメーカーは、この信念を掲げて技術革新を続けてきた。
「スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッドエディション」ステンレススチールケース、42.5mm径、自動巻き、世界限定1000本 35万2000円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012) 
例えば1964年に東京で国際的なスポーツ大会が開かれた際には、スタートストップ機構に「ハートカム」を備え、正確な計時を実現した画期的なストップウォッチを導入。
当時は不可能とされていた0.01秒単位の高精度な計時を実現している。
こちらが1964年にセイコーが開発したストップウォッチ。スポーツ業界に革新をもたらした。
ズバリ、この伝説の「1964ストップウオッチ」をモチーフとするのが、今作「スピードタイマー」のフラッグシップモデル「スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッドエディション」だ。
「スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッドエディション」ステンレススチールケース、42.5mm径、自動巻き、世界限定1000本 35万2000円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012) 
世界で1000本限定の発売となる機械式時計は、なるほどクラシカルで流麗な顔立ち。ケース右側に付くリューズと2つのプッシュボタンは、フラットな形状でなんとも言えないレトロさを伝える。
一方でそのレトロなデザインには遊び心も。時計を左に90度倒してみると、当時のストップウォッチの面影が鮮明に蘇るのだ。
「スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッドエディション」ステンレススチールケース、42.5mm径、自動巻き、世界限定1000本 35万2000円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012) 
プッシュボタンをカチッと押し込むような感覚もこれまた粋で、 “ギア感”を味わえる巧妙な仕掛けだ。
当然、ケース&ベゼルの磨き分け、重厚感がありながら手に馴染みやすいブレスレット形状など、細部も圧巻のセイコークオリティ。
半世紀以上前のスポーツ大会の成功を影で支えた名機を、現代の最高峰モデルで感じる。しかも、「セイコー プロスペックス」ブランドが満を持して送る記念碑的クロノグラフにて。この時計には、時代をまたいだオンリーワンの贅沢さがあるのだ。
この時計の詳細をチェック!
2/5