OCEANS

SHARE

2021.11.30

ファッション

走る、洒落る、チルでも着る!「ニューバランス」の最強ボーダーレス服で着まわし3日間

ニューバランスと聞いて真っ先に思い浮かべるのはやはりスニーカー。スポーツシーンではランナーの心を奪い、ファッションシーンにおいてはスーツとでも良好な関係が築ける汎用性を示した。

ただ今年、ランナーが注目すべきはそれだけではない。スニーカー同様、ウェアもスポーツと日常の垣根を超えてくるという。
その急先鋒が、Qスピードシリーズの「シェルパアノラック」。3日間の着回しコーデで、そのボーダーレスな活躍を見ていこう。
アイテムをもっと詳しく!

 

【Day1:走る日】フリースでランニングという新提案

男性:フリース1万3200円、Tシャツ7150円、パンツ8800円 女性:フリース1万3200円、Tシャツ4730円、パンツ8800円/すべてニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-7120)
一見アウトドアウェアのようなフリース使いが特徴的なシェルパアノラック。しかし、そこにはニューバランスがランニングカテゴリーで培ってきた知見が遺憾なく発揮されている。
フリース1万3200円、Tシャツ7150円/ともにニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-7120)
この時季にもなると、やはり寒さによるモチベーション低下は避けられず、途端にランニングに向かう腰が重くなるという悪循環に陥りがち。
しかし、モコモコのフリースに、チェスト下で切り替えたウーブン生地内部へ封入されている軽量中綿素材「ヴェイパーロフト」が、悪しきスパイラルからの脱却にひと役買う。
ウィメンズはグレーとレッドの2色展開。フリース1万3200円、Tシャツ4730円、パンツ8800円/すべてニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-7120)
こちらの有能っぷりは、なにも保温性を担保するばかりではない。ランニングウェアだけに当然、快適にランを楽しむための仕掛けもそこかしこに。
腕の可動域を確保する程良いゆとりのラグランスリーブに加え、脇下から袖にかけニットを仕込んでいるため動きの自由も存分に感じられるはずだ。
ポケットに備えられたキーリングは手ぶらのシティランにありがたい。
背中側のNBRCロゴは夜ランも安心なリフレクター仕様に。
スリーブの内側のニットは湿気と熱を逃してくれる。
裾のサイドジップは体温調節と着脱のスムーズさにも寄与する。
そのうえ、各所に夜間の視認性を高めるリフレクターも配備。ハーフジップの開閉が通気の調節役も担い、サイドジップ付きゆえ着脱だって容易だ。
それでいて、単なる“運動着”とならないこの見た目である。なるほど、シティランにだってもってこいじゃないの。

意外な見た目に意外な素材。そして意外な本格ラン機能。大人になると“想定外”には億劫になるが、こんな意外性なら喜んで受け入れよう。
Qスピード「シェルパアノラック」をもっと詳しく!
2/3