OCEANS

SHARE

2021.10.09

たべる

簡単&鬼ウマ。マーシー考案「しらすと小ねぎのきつね焼き」は家飲みのツマミに最適だ!

「ミウラメシ」とは……

今回作るのは、簡単なのに鬼ウマ! なツマミ。主役食材はしらすです。
しらすは、パスタにもごはんにもピザのトッピングにも何に使ってもウマいので、うちではいつでも食べられるように冷凍しています。そんな地元・湘南の食材を油揚げに詰めてさっと焼いた簡単つまみがこちら。
焼いた油揚げのサクサク食感の中に閉じ込められたねぎとしらすの旨みが、ひと口かじるとフワーっと広がります。混ぜて詰めて焼いただけなのに、このウマさ!とっておきの日本酒を用意してこいつと家飲みをお楽しみあれ!
「ミウラメシ」を最初から読む
【今回のメニュー】
しらすと小ねぎのきつね焼き

簡単&鬼ウマ。マーシー考案「しらすと小ねぎのきつね焼き」は家飲みのツマミに最適だ!
開いたり閉じたり。唯一のポイントは油揚げを丁寧に扱うこと!
【材料】(2人分)
油揚げ 2枚
しらす(釜揚げ) 80g
小ねぎ 3〜4本
白いりごま 大さじ1
しょうが(すりおろし) 適量
しょう油 適量
※つまようじ 4本
【作り方】
◆1
小ねぎは小口切りにする。油揚げは半分に切って、袋状に開く。
◆2
ボウルに、しらす、小ねぎ、白いりごまを混ぜ合わせる。
◆3
2を4等分にして1の油揚げそれぞれに詰め、つまようじで口を閉じる。

◆4
フライパンに3を入れて弱火にかける。焼き色がついたら裏返す。両面にこんがりと焼き色をつけたら、器に盛り付けて、生姜醤油で召し上がれ!
『SURF & NORF COOKBOOK by ミウラメシ』P.124の「鮭ときのこのホイル包み焼き」も簡単でウマいよッ!
[三浦理志 プロフィール]
オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。仕事の隙間を見つけては波乗りを楽しみ、野菜を育て、キッチンで料理の腕を振るっている。
レシピブック『SURF & NORF COOKBOOK by ミウラメシ』購入はコチラ!
「ミウラメシ」とは……
本誌看板モデルのマーシーこと三浦理志さんは、仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。そんな彼のリアルなライフスタイルから生まれたレシピを、ここに紹介しよう。
上に戻る

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング 川瀬佐千子=編集・文


SHARE