OCEANS

SHARE

2021.10.05

ライフ

「少しでも明るい風景」デビュー25周年の山崎まさよしさんが今伝えたいこと

デビュー25周年を迎えたシンガーソングライターの山崎まさよしさんにインタビュー!
FUN-TIMEについてはもちろん、最近話題になっているDIYに関することや、アーティストとしてのこれまで、これからについて語ってもらった。
 

DIYをしているときが何よりも楽しい!

デビュー25周年を迎えた山崎まさよしさんが今伝えたいこと「少しでも明るい風景を見せてあげたい」
シャツ1万8800円/ラガマン(ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668)、その他私物
「ちょっとだけでいいんですか?」。
撮影中に「ちょっとだけ笑顔をください」とフォトグラファーがお願いすると、山崎は冒頭の言葉をぼそりと呟き、大きな目をキョロキョロとさせながらフフフッと小さく笑う。
掴みどころがない力の抜けた佇まいには色気と優しさが伴い、その雰囲気はメディアを通じて見る姿そのまま。いるだけでほっこりとした空気が生まれる。そしてどの質問に対してもゆっくりと考え、思いを咀嚼しながら自らの言葉で語る。
趣味はDIY。今年から自身のYouTubeのチャンネルで『クラフトパパ』をスタートさせるほどの熱の入れよう。そこに話が及ぶと、「楽しいですね」と改めて相好を崩す。
「楽しいからといって、別にずっとニコニコしているわけではないですが、DIYをやっている時間は無心になれると言いますか。そもそも昔から自分でものを作ることが好きでして。カホンという座って演奏する箱状の打楽器があるのですが、それを作ったこともあります」。

また、DIY以外でのFUN-TIMEは酒を飲んでいるとき。プライベートスタジオには酒を常備しているそうで、酒を飲みながら楽曲制作をするのかと思いきや……。
「基本的に曲を作っている間は飲まないです。ただ、諦めたときにはもちろん飲みますが。『もう無理!』これ以上は進まないなと思ったときは(笑)。特に深夜になるとウイスキーを飲むことが多いです。
飲んでいるときにたまたま歌詞やメロディーを思いつくこともありますが、酔った状態で殴り書きでコードやフレーズをメモっているから、次の日見たら『これ何やろ?』って(笑)。酩酊状態からは名曲は生まれません」。
山崎といえば、Tシャツやデニムを使ったアメカジファッションの印象が強い。「ファッションに関しては疎いので……」と、頭をポリポリと掻きながら申し訳なさそうに答える。
「デビュー当時にお世話になったプロデューサーが、デニムやスカジャン、アロハシャツなどの古着が好きで、昔は言われるがまま着せられていたと言ったらおかしいですが……、よく着ていました。もちろん今は好きで着ていますが。
当時は正直、そういった服の魅力が全然わかりませんでした。あのときは本当に無頓着で10枚で数百円みたいな、洗濯機に入れたら全部溶けるんちゃうかなって思うくらいの服しか着ていませんでしたから(笑)」。


2/2

RANKING