OCEANS

SHARE

2021.09.18

あそぶ

キャンプ初心者が経験したトホホな失敗。見落としがちなキャンプの5つの注意点

ビギナーキャンパーのトホホな失敗談●誰しも初心のときは失敗をして、その度に学びを得ては成長していく。キャンプとて同じ。ビギナーたちのトホホな失敗談を参考にされたし!
初心者は「わからないことがわからない」状態がスタートライン。慣れている人なら当たり前で気にもかけないことが、意外と障壁になってしまう。
第一回のトホホな失敗談は、キャンプに行った各々が見舞われた予想外のアクシデントをご紹介。そこから得た教訓とともにお伝えする。 
 

アクシデント①「何気なくランタンを触って火傷!」

滝川ロランさんの初めてのキャンプの様子。この背後にあるランタンが問題の品だ……。
今年キャンプデビューしたばかりのモデル・滝川ロランさん。友人と初めて行ったキャンプでは、ちょっとしたアクシデントが。
「友達のアテンドで初めてキャンプに行ったとき、煌々と光る友達の灯油ランタンを素手で触ってしまったんです。ライトの上の部分が高熱になっていると思わず……。
その失敗があったので、家族で行くときはキャンプの照明をLEDなどで統一しました。あんな思いは絶対子供にさせたくないですね(苦笑)」。
充電式のライトを中心に買い揃えた滝川さん。スタイリッシュなバルミューダのランタンは、テーブルの上に置いて使っているそう。
●教訓其の一
キャンプ場でも火の用心!


体験者
モデル 滝川ロランさん(42歳)
キャンプ歴約半年。2021年1月に結婚し、友人から結婚祝いでサバティカルのテントをもらったのがきっかけでキャンプデビュー。道具をひと通り買い揃えたものの、物欲が収まらない。
 

アクシデント②「ハイグレードテントもカビには敵わん!」

テントとタープはTC素材で統一。楽しいキャンプの思い出を作ってくれるはずだったが……。
わんぱくな3兄弟を含む5人家族の久保田さん一家はファミキャン歴数年。以前はコールマンの最高峰テントシリーズ「ウェザーマスター」の4Sワイド2ルームエアリウムを使っていたそうだが、このテントが引退するきっかけには、悲しい失敗談があった。
「子供が長男だけだった頃は️、この4〜5人用のTC生地のテント使っていました。使ってない時期が長かったのか、キャンプのあとにちゃんと乾かせてなかったのか、生地にカビが生えてしまって。
黒ずみが洗濯しても取れなくなってしまい、結局買い換えることになりました。雨はもちろん、朝露など知らぬうちに湿気があるので、ちゃんと天日干しで乾かしましょう」。
●教訓其の二
キャンプ終わりにはしっかりテントを乾かそう!

体験者
モデル 久保田裕之さん(40歳)
ファミキャン歴数年。モデルとして多方面で活躍する一方で、家庭では3児のパパ。写真、スノーボード、釣り、バイクなどアウトドアでの趣味も多く、家族を巻き込んで楽しんでいる。


2/2

RANKING