OCEANS

SHARE

2021.09.12

ファッション

鈴木亮平の理想のTシャツ論。「色気とは滲み出てくるもの」

現在公開中の映画『孤狼の血 LEVEL2』で上林組の組長・上林成浩を熱演する俳優・鈴木亮平さん。
前編に続き鈴木さんは「理想のTシャツ論」について話してくれた。
“理想の無地T”を探し中? 鈴木亮平さんが語る、俳優ならではのTシャツ事情とは
コート6万500円/トゥモローランド 0120-983-522、Tシャツ1万3200円/エイトン(エイトン青山 03-6427-6335)、デニム2万2000円/アー・ペー・セー www.apcjp.com/jpn/inquiry/index、靴8万8000円/クロケット&ジョーンズ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、腕時計146万3000円/IWC シャフハウゼン(IWC 0120-05-1868)

もしも理想の無地Tが見つかったら

「ここ最近ずっと理想の無地T探しをしています。色は白とネイビー。素材はコットンが好きなのですが、ひと言でコットンといっても種類は多岐にわたる。
繊維の質や仕立ての違いで着心地や風合いがかなり変わってきますよね。僕はつるっとした肌触りのものが好みです。
ただ仕事の影響で体型が変わることが多いので、仮に理想の一枚に出会っても一カ月後にはピチピチ、もしくはゆるくなってしまうなんてことも日常茶飯事。最近もユナイテッドアローズで、素材・サイズ感ともに理想的な白の無地Tを見つけたのですが、体を大きくした結果、今着るとちょっと(筋肉を)アピールしているっぽいなと(笑)。
そんな事情もあり、僕にとって理想の無地Tに出会うことはすごく貴重な体験なのです。理想の無地Tが見つかったときの感動といったら、もう言葉にならないでしょうね」。
Tシャツの首回りのデザインは、紆余曲折を経てクルーネック推しに落ち着いているそうだ。
「目立つからプライベートでは難しいんですけど、明るい色のトップス、新鮮でいいですね」。
「若い頃はVネック一択。しかもかなり深めのデザインが好きだったのですが、大人になってからはもっぱらクルーネックです。Vネックを着て色気を出したかったんでしょうね(笑)。
でも年齢を重ねるにつれて、色気とは無理して出すものではなく、隠していても滲み出てくるもの。そう気付きました。真の大人の色気を出すなら、やっぱりクルーネックかなぁと。
今日の撮影でコートを着させていただきましたが、そのときにインナーに着たエイトンのクルーネックTがすごく良かったです。やや大きめで肌に程良く密着するような感じに、大人の色気を感じました」。
こうした物事に対する強いこだわりは、無地Tのみならず芝居にも共通している。
「エイトン」のTシャツ
インドで手摘みされたスビン綿を使用。双糸にすることで、光沢感としなやかさが加わり、抜群の着心地に。ゆとりのあるオーバーサイズシルエット。1万3200円/エイトン(エイトン青山 03-6427-6335)
本当に無地T探しってシンプルなだけに奥が深いですよね。今回の撮影では一瞬しか着ませんでしたが、この白Tは光沢があり肌触りがつるっとしていて程良く体にフィットする感じがかなり理想型に近い。
グリーンのニットもフワフワで質感がいいなと思っていたら、同じブランドだということを聞いて、なるほど納得です。


2/2

RANKING