OCEANS

SHARE

2021.08.30

時計

カルティエ、シャネル……非専業ブランドの腕時計が魅力的なワケ

ハイジュエラーである「カルティエ」と「ブルガリ」。そしてファッションブランドである「シャネル」と筆記具ブランドの「モンブラン」。
非専業ブランドである4社が手掛ける腕時計には、それぞれの分野で培われたセンスが随所に宿る。
 

伝統を継承し蘇った角形の傑作

非専業ブランド故の魅力。ハイジュエラーや筆記具ブランドが手掛けた腕時計に惹かれる
SSケース、縦41×横31mm、自動巻き。48万9500円/カルティエ 0120-301-757 © Cartier

CARTIER
カルティエ/タンク マスト

1917年に戦車をモチーフとして誕生した「タンク」ウォッチをベースに、その魅力を幅広く訴求するべく再解釈を加え、’70〜’80年代のカルチャーシーンのアイコンともなった「マスト ドゥ カルティエ」。
この名作をオマージュしつつ、現代の技術でアップデートをさせたのがこの「タンク マスト」だ。
1970~’80年代に製造されたオリジナルの「マスト ドゥ カルティエ」。N.Welsh, Collection Cartier © Cartier
丸みを帯びた角形ケースの縦枠、レイルウェイとローマンインデックスを採用したダイヤル、リュウズのカボションセッティングなど、「タンク」のデザインコードを刻む。
 

メモリアルなヒット作の刺激的なカムバック

アルミニウム×チタンケース、40mm径、自動巻き。50万500円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)

BVLGARI
ブルガリ/ブルガリ アルミニウム ウォッチ

1998年にデビューした「ブルガリ アルミニウム」は、社会現象と言っていいほどの人気を博した。アルミニウムケースにブラックラバーのベゼルとブレスレットを備え、ひと目でそれとわかるあのタイムピースが、20年以上の時を経て蘇った。
耐久性を向上させた独自のアルミニウム素材を採用し、その特有の質感に加えて、モノトーンを基調にしたクールなデザインはまさにオリジナルを想起させる。
往時を知らない世代には新鮮な、知っている世代には懐かしくも刺激的なニュアンスを楽しみたい。


2/2