OCEANS

SHARE

2021.08.09

ファッション

「パタゴニアのバギーズは相棒です」サーファーのショーツスタイル最前線!

「愛しのパタゴニア・バギーズショーツ」とは……
水陸両用ショーツの先駆けとして1982年に発売されて以降、今なお愛されるパタゴニアのバギーズ・ショーツ。ファッション業界内でも愛用者は後を絶たないどころか、年々増える一方だ。
では、オシャレな彼らどうはきこなしているのか。今回は、サーファーでITONAM Inc.代表の名村恒毅さんに話を聞いた。
名村恒毅●60を超えるファッションブランドに加え、アートや雑貨、フードなどのプロモーションを手掛けるA_UNN PRとKIT PRの司令塔。業界内外に幅広い人脈を誇り、数々の企画・制作やイベントのPRも担当。また、サーフィン歴14年を誇るアクティブな一面もみせる。
▶︎「『オールドスケーター風』に着こなすバギーズ」はコチラ

サーファーにとって、“海パン”としても良き相棒

「ここ最近はパンデミックの影響や仕事の忙しさもありなかなか行けていませんが……」。
そうため息まじりに話す名村さんだが、以前は休日にもなると海へと繰り出すデュアルライフを満喫。当然のごとく、その隣にはいつもパタゴニアのバギーズ・ショーツがあったとか。

「言うなれば“海パン”でもあるわけですから、実際にこれをはいてサーフィンもします。そうすると、サーフボードに塗ったワックスが付いて、生地が白っぽくなってくるんですよ。だから、サーフィン用と街用は分けてはきますね」。
昔は柄ものをよく探していたというが、インチによってはカジュアルになり過ぎるため、街では落ち着いた無地を選ぶようにしているそうだ。
そして、はき続けること10年以上。この時季になるとタンスから引っ張り出し、気になるカラーが発売されれば買い足す、を繰り返している。

「パタゴニアのド定番アイテムですが、シーズン毎に仕様が変わっていたりもするんですよ。シルエットも微妙に変わってるように見えるし、水はけを良くするための工夫がポケットに施されていたり、前はなくなっていたけどキーコードがまた復活していたり。その気付きもまた楽しいんですよね」。


2/3

RANKING